【my♡DOG Quiz 犬のこと、どれだけ知ってる?】愛犬ケア編

犬についての理解度を確認するmy♡DOGクイズ。毎日のケアのこと、実は知っているようで意外に知らないこともたくさんあるんです。さて、あなたの知識はどのレベル?(MY♡DOG Spring 2020 Vol.2より)

【my♡DOG Quiz 犬のこと、どれだけ知ってる?】愛犬ケア編
【my♡DOG Quiz 犬のこと、どれだけ知ってる?】愛犬ケア編

Q1.犬のシャンプーに適したお湯の温度は?

A 30~35℃
B 35~38℃
C 40~43℃

回答

正解は B 35~38℃

正解はBの「35~38℃」。
犬は皮膚に汗腺がないため、体温調節が苦手です。人の適温より少しぬるめを意識して、お尻からゆっくり全身を濡らしていきます。嫌がる場合は体調が悪い場合もあるので、無理せず中止を。

Q2.肛門腺絞りはどれくらいの周期がベスト?

A ひと月に1回くらい
B 半年に1回くらい
C 必要ない

回答

正解は A ひと月に1回

正解はAの「ひと月に1回」。
肛門腺は犬の肛門の左右にある器官。脂と水を主成分とする分泌液は、マーキングなどの際に分泌されます。排便と一緒に排出される場合もありますが、筋力が弱い小型犬やシニア犬などは、定期的な絞り出しが必要です。

Q3.歯磨きの頻度はどれくらい?

A 週2回程度
B 毎日
C 1カ月に1回

回答

正解は B 毎日

正解はBの「毎日」。
歯磨きをしないことで犬の口の中で細菌が繁殖し、そのまま放置すると歯垢や歯石がつくられ、悪化すると歯周病に発展してしまいます。そのため夕食後、歯ブラシやガーゼなどを使用し、歯や歯茎などの汚れを拭き取って清潔に保ちましょう。

Q4.毛玉対策として有効なのはどれ?

A シャンプーをする
B こまめにブラシをかける
C 洋服を着せる

回答

正解は B こまめにブラシをかける

正解はBの「こまめにブラシをかける」。
大切なのは毛玉になるのを防ぐこと。特に絡んだ毛はブラシでほぐし、枝やごみなどを取り除いて毛玉の原因をつくらないことが大切です。

Q5.白内障の予防に効果的とされるのは?

A サングラス
B 水分補給
C 日傘

回答

正解は A サングラス

正解はAの「サングラス」。
温暖化とともに懸念されるのが紫外線。適度に浴びるのは健康に有効であるとされていますが、近年紫外線量が増加し、白内障の要因としても懸念されています。

Q6.耳の奥から嫌なニオイが。さてどうする?

A シャワーで洗う
B 綿棒で拭く
C 獣医師に相談する

回答

正解は C 獣医師に相談する

正解はCの「獣医師に相談する」。
ニオイがひどくない場合は、ガーゼなどの拭き取りケアでOKですが、ニオイがひどい場合や顔を頻繁に振ったり耳をかいたりする場合は、中耳炎などの病気を発症している可能性もあります。すぐに獣医師の診察を受けましょう。

Q7.ピンブラシ、コーム、あとひとつケアに必要なのは?

A スリッカーブラシ
B すきバサミ
C ノミ取りコーム

回答

正解は A スリッカーブラシ

正解はAの「スリッカーブラシ」。
コームでとかしてもつれ毛や抜け毛を取り除き、さらにピンブラシ、それでも取りきれない場合はスリッカーブラシで除去し、コームでとかして引っかかりがなければOKです(中~長毛種の場合)。

あなたの愛犬ケア知識レベルは?

企画&構成/SOULWORK

みんなのコメント

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

「TOP」の人気記事RANKING