【獣医師監修】犬の目が見えない。この症状から考えられる原因や病気は?

「おっちょこちょいだから、よく物にぶつかる」という犬が、じつは片目を失明していた・・・。犬は目が見えなくなっても動きが変わらないことも多く、飼い主が視覚の低下や失明に気づくのが遅れることがあります。ドッグトレーナーからの指摘で、初めて異変に気づくケースもあるようです。

先生にお聞きしました
余戸(ようご)拓也 先生
日本獣医生命科学大学 獣医学科 獣医外科(獣医師 獣医学博士)
◇専門分野:「眼科・外科」

日本獣医畜産大学(現:日本獣医生命科学大学大学院卒業

比較眼科学会・獣医眼科
アジア獣医眼科学会・獣医眼科

【所属】
比較眼科学会
公益社団法人 日本獣医学会
一般社団法人 日本獣医麻酔外科学会

【受賞歴】
比較眼科学会奨励賞 受賞

現在、日本獣医生命科学大学 獣医学部 獣医学科 獣医外科に所属。同大学付属動物医療センター の眼科獣医師。

獣医眼科学のプロフェッショナルとして、犬や猫の目の治療に従事している。好きなアーティストは葉加瀬太郎。

20頭以上の猫を救い供血猫を引退した中年のオスのサバトラ猫と、捕獲された地域猫でメスの三毛猫と同居中。

【著書】
「カラーアトラス よくみる眼科疾患58」interzoo
「眼科学―獣医学教育モデル・コア・カリキュラム準拠」interzoo
「伴侶動物の眼科診療」緑書房
「犬と猫の眼科診療Q&A」緑書房
など
続きを読む

犬の目が見えない【考えられる原因】

外傷

smrm1977/ Shutterstock.com

外傷

交通事故などで目に外部から衝撃が加わることで、視神経が破壊され失明してしまうことがあります。

代謝の異常

代謝異常の中でもっとも代表的といえる「糖尿病」。

人間と同じように犬にも糖尿病があり、それが原因で白内障になり、失明に至ってしまうケースもあります。

網膜や視神経の障害

緑内障や脈絡網膜炎、視神経炎など、網膜や視神経に何らかの異常や炎症などが発生し、それが失明の原因になることがあります。

網膜や視神経の障害

Svetography/ Shutterstock.com

遺伝性の目の疾患

ラブラドールレトリバー、ミニチュアプードル、ミニチュアダックスフンド、アイリッシュセッターなど、さまざまな犬種で遺伝性の疾患「進行性網膜萎縮症(遺伝性網膜症)」が認められています。

網膜の萎縮が進むと、血管が細くなり、最終的にはほとんどが消失します。

網膜全体が萎縮してしまうため、失明に至ってしまうのです。

犬の目が見えない【こんな症状は要注意!】

犬の目が見えない【こんな症状は要注意!】

lcswart/ Shutterstock.com

以下の症状が見られる場合は、目が見えていない可能性があるので病院で診てもらいましょう。

ご飯の位置がわからないようで、探している
今まで取ってこられたボールを探して持ってこられない
急に段差につまずいたり、階段や玄関の上がり框(かまち)から落ちたりするようになった
急に体に触られることを怖がる。ビクッと驚いたり怒ったりするようになった
黒目が大きくて、暗いところでよく目が光って見える

.

犬の目が見えない【この症状で考えられるおもな病気】

犬の進行性網膜萎縮症(犬の遺伝性網膜症)

Joy Brown/ Shutterstock.com

犬の進行性網膜萎縮症(犬の遺伝性網膜症)

犬の進行性網膜萎縮症(しんこうせいもうまくいしゅくしょう)とは、目の奥にある網膜が徐々に萎縮する遺伝性の病気です。

光を電気信号に変える機能が低下するため、視覚が衰え、物にぶつかるようになります。

犬種や病気の種類によって進行速度が異なり、最終的には多くが失明します。

犬の脈絡網膜炎

犬の脈絡網膜炎(みゃくらくもうえん)とは、感染症や腫瘍、外傷,自分の免疫の異常などが原因で目の脈絡膜と網膜に炎症が起きる病気です。

視覚が低下し、片目だけでなく両目が見えづらくなることもあります。

進行すると、眼底出血や網膜剥離(もうまくはくり)を起こし、失明につながる恐れもあります。

犬の視神経炎

Anna Cinaroglu/ Shutterstock.com

犬の視神経炎

犬の視神経炎(ししんけいえん)とは、視神経に炎症が起きる病気です。

犬ジステンパーウイルスなどの感染症、免疫の異常、腫瘍や外傷などが原因になります。

視覚低下や視野異常、歩行障害を引き起こします。

犬の白内障

犬の白内障(はくないしょう)とは、目のレンズの役割をしている水晶体が白く濁り視覚障害を起こす病気です。

犬では遺伝性疾患であることが多いですが、そのほかに老化や糖尿病、外傷などが原因で水晶体の透明度が落ちて濁ります。

進行すると、視覚が低下し、慣れない環境下では物にぶつかりながら歩くようになります。

犬の白内障

ATGImages/ Shutterstock.com

犬の網膜剥離(もうまくはくり)

眼球内の網膜がはがれる病気です。

シーズーやトイプードルなどの発症しやすい犬種のほかに、ぶどう膜炎や外傷が原因になります。

片目が見えれば異常行動は起こりにくいため、気づきにくい疾患です。

犬の緑内障

眼球内部の圧力が高まり、再生のできない中枢神経の一つである視神経を圧迫することで失明してしまう病気です。

初期は無症状ですが、進行すると瞳孔が開いたままになり、瞳の中がオレンジ色や緑に見えます。

さらに悪化すると、眼球が大きくなり、飛び出したようになります。

残念ながら発症してしまうと、完治させることはできません。

みんなのコメント

ドッグトレーナーのたまごさん
昔飼っていた犬が緑内障になり、 老犬時代、大変だったのを思い出した。 今ドッグトレーナーを目指しているので このような記事は勉強になり、有難い。

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

関連する情報をもっと見る

「症状」の人気記事RANKING