【獣医師監修】犬の目が涙焼け(涙やけ)になっている。この症状から考えられる原因や病気は?

目の周りに涙が、長期間にわたって溢れ出し、周りの毛が茶褐色や黒色に変色してしまう状態を「涙やけ」と呼びます。とくに体毛が白や薄茶色の犬だと、目頭から鼻に向かって筋ができてしまい、目立ってしまいますね。見栄えが悪いだけであればよいのですが、病気のサインである可能性もあるので、見過ごさないことが大切です。

先生にお聞きしました
余戸(ようご) 拓也先生
余戸(ようご) 拓也先生
日本獣医生命科学大学 獣医学科 獣医外科(獣医師、獣医学博士)

日本獣医畜産大学(現:日本獣医生命科学大学)大学院を卒業。現在、日本獣医生命科学大学・獣医学部・獣医学科・獣医外科に所属。同大学付属動物医療センター の眼科獣医師。比較眼科学会奨励賞を受賞。獣医眼科学のプロフェッショナルとして、犬や猫の目の治療に従事している。好きなアーティストは葉加瀬太郎。20頭以上の猫を救い供血猫を引退した中年のオスのサバトラ猫と、捕獲された地域猫でメスの三毛猫と同居中。

比較眼科学会・獣医眼科
アジア獣医眼科学会・獣医眼科

<所属>
比較眼科学会
日本獣医学会
獣医麻酔外科学会

<著作物>
「カラーアトラス よくみる眼科疾患58」インターズー
「眼科学―獣医学教育モデル・コア・カリキュラム準拠」インターズー
「伴侶動物の眼科診療」緑書房
「犬と猫の眼科診療Q&A・緑書房」ほか
続きを読む

犬の目が涙焼け(涙やけ)になっている【考えられる原因】

犬の目が涙焼け(涙やけ)になっている【考えられる原因】

Aekkachai Boontawong/ Shutterstock.com

涙やけは、涙が外に流れ続けることによって起こります。涙が流れ続ける原因を探ってみましょう。

涙が増えてしまい、溢れている場合

異物の混入

異物の混入

Maria Slezak/ Shutterstock.com

涙がたくさん流れ出てしまう原因の一つに、ゴミや毛など異物が目に入ることが考えられます。

人間でも、目にゴミが入ると、それを外に出そうとして涙が出てきますよね。犬の涙も同様です。

とくに、春先や風が強い日は、ホコリや花粉などが空中に舞っているので、要注意。

散歩から帰った後に涙を流していたり、前肢で目を掻く動作をしていたりしたら、目の中に何か入っていないかチェックしてください。

目を拭く犬

Mike_O/ Shutterstock.com

異物を見つけたら、洗顔用の点眼液で濡らしたコットンや、目が拭けるウェットティッシュ(犬用でも人間用でもOK)で、優しく取り除いてあげてください。

あまり強くこすりすぎると、黒目に傷をつけてしまうことがあります。取り除けない場合は、獣医師に診てもらいましょう。

まつげによる刺激

まつげによる刺激

Donna White/ Shutterstock.com

逆さまつげが目に当たって目を刺激することで、涙が増えてしまうことがあります。

食物アレルギーなど体質的な問題

食物アレルギーなど体質的な問題

Sergey Granev/ Shutterstock.com

食物などによる皮膚のアレルギーがある場合も、まぶたを痒がり涙が多く流れることがあります。

涙やけだけでなく、体に発疹があったり、痒がったりしている場合は、アレルギーの可能性があります。

また、アレルギーにより結膜炎を引き起こすことがあります。

結膜に炎症があると、その刺激により涙が増えて目から溢れてしまいます。


涙を目に溜めることができずに、溢れている場合

眼瞼の器質的な障害

眼瞼の器質的な障害

Robert Avgustin/ Shutterstock.com

眼瞼が内側にめくれ込んでいる、「眼瞼内反症」という状態で、まぶたが正常に機能せず、被毛による目への刺激で涙が増えるとともに、その増えた涙が被毛を伝って溢れてしまうことがあります。

また、目の内側の涙丘という部分から毛が生えていると、この毛を伝って涙が溢れることがあります。

マイボーム腺の機能不全

マイボーム腺の機能不全

Annette Shaff/ Shutterstock.com

まぶたの中にあって、まぶたの縁に油を出している「マイボーム腺」という皮脂腺が詰まったりして油の分泌が減ると、水と油がはじかれあう作用がなくなるため、涙がまぶたの内側にとどまることができずに目から溢れてしまいます。


涙をうまく排泄できずに、目から溢れている場合

涙腺、涙管の炎症や腫瘍による閉塞

涙腺、涙管の炎症や腫瘍による閉塞

nadisja/ Shutterstock.com

涙管の炎症や腫瘍によって涙腺や涙管などが圧迫されると、涙を排泄することができなくなり、涙が目から溢れ出てしまいます。

早く根本的な原因を取り除いてあげることが大切です。

なお、ポメラニアン・パグなどの短頭種、プードル、コッカースパニエル、ゴールデンレトリバーは、先天的に涙管が圧迫されているので、涙菅の通りが悪かったりする場合があります。

眼瞼周囲の皮膚の異常

Luxe/ Shutterstock.com

そのほか、眼瞼周囲の皮膚の異常も原因として考えられます。

犬の目が涙焼け(涙やけ)になっている【こんな場合は要注意!】

犬の目が涙焼け(涙やけ)になっている【こんな場合は要注意!】

tapanuth/ Shutterstock.com

涙やけと合わせて以下の症状が見られる場合は、病気の恐れがあるので病院で診てもらいましょう。

涙やけしている周辺の皮膚が赤くただれている
涙やけしているところから異臭がする
目をショボショボさせている
目を細めて、涙を流している

結膜炎の悪化、腫瘍などによる痛みを感じている可能性があります。

かゆがるゴールデンレトリバー

Phubes Juwattana/ Shutterstock.com

全身の毛色に変化がある。発疹がある。痒がっている

食べ物によるアレルギーの可能性も考えられます。涙やけと同時に全身の状態もチェックしてみましょう。

犬の目が涙焼け(涙やけ)になっている【この症状で考えられるおもな病気】

犬の目が涙焼け(涙やけ)になっている【この症状で考えられるおもな病気】

February_Love/ Shutterstock.com

犬の流涙症

犬の流涙症

Iris_forest/ Shutterstock.com

涙の量が増える、もしくは、涙が流れる管が詰まり、涙と目やにが溢れる病気です。
目や鼻の周りの毛が汚れ、ただれることがあります。
また、痒みから目の周りを引っ掻き、結膜炎になる恐れもあります。

犬の(慢性)結膜炎

犬の(慢性)結膜炎

Deborah Lee Rossiter/ Shutterstock.com

目の結膜に炎症が起きる病気です。
目の周りの毛による刺激、細菌やウイルスによる感染症、アレルギー、外傷などさまざまな原因があります。
結膜が赤くなり、涙や目やにが出るほか、悪化すると角膜炎になることもあります。

犬の鼻涙管閉塞

犬の鼻涙管閉塞

Kevin Ouellette/ Shutterstock.com

まぶたの内側にある涙を排出する鼻涙管が詰まってしまう病気です。
管が詰まるため、涙が目から溢れ出て、流涙症になります。
また、涙やけが起こり、目の下の皮膚が細菌感染による炎症を起こすこともあります。

犬のマイボーム腺炎(麦粒腫、霰粒腫)

犬のマイボーム腺炎(麦粒腫、霰粒腫)

Masarik/ Shutterstock.com

涙液の油分を分泌するマイボーム腺が細菌感染したり詰まったりすることで、炎症が起きる病気です。
ぶどう球菌などに感染して目が腫れ、イボができる「麦粒腫」と、導管の閉塞で分泌物が溜まってしこりができる「霰粒腫」があります。

犬の食物アレルギー

犬の食物アレルギー

ANURAK PONGPATIMET/ Shutterstock.com

本来無害な食べ物に対し、免疫が過剰に働き、過敏に反応してしまう状態です。
原因は小麦、牛肉、乳製品、大豆などさまざまで、体を痒がる、毛が抜ける、下痢や嘔吐、顔面の発赤などのアレルギー症状が起こります。

【眼科専門獣医師監修】犬が涙を流している。考えられる原因や症状、おもな病気は?

【眼科専門獣医師監修】犬が目やにが出ている。考えられる原因や症状、おもな病気は?

みんなのコメント

くろぷーさん
黒のプードルを飼っていますが、よく目の周りの毛が目に入るので、目ヤニや涙やけが気になります。大切な子を守れるのは飼い主だけなので、これからも気をつけてあげます。

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

関連する情報をもっと見る

「症状」の人気記事RANKING