【獣医師監修】犬の目が開かない。この症状から考えられる原因や病気は?

犬が片目をつぶってウィンクしているような可愛いらしい写真を見かけることがありますが、もしかしたら目に何らかのトラブルがあって開けられないのかもしれません。目の病気が悪化すると、目を開きたくても開けない状態になってしまうことも。目が開かない原因についてチェックしておきましょう。

先生にお聞きしました
余戸(ようご) 拓也先生
日本獣医生命科学大学 獣医学科 獣医外科(獣医師、獣医学博士)

日本獣医畜産大学(現:日本獣医生命科学大学)大学院を卒業。現在、日本獣医生命科学大学・獣医学部・獣医学科・獣医外科に所属。同大学付属動物医療センター の眼科獣医師。比較眼科学会奨励賞を受賞。獣医眼科学のプロフェッショナルとして、犬や猫の目の治療に従事している。好きなアーティストは葉加瀬太郎。20頭以上の猫を救い供血猫を引退した中年のオスのサバトラ猫と、捕獲された地域猫でメスの三毛猫と同居中。

比較眼科学会・獣医眼科
アジア獣医眼科学会・獣医眼科

<所属>
比較眼科学会
日本獣医学会
獣医麻酔外科学会

<著作物>
「カラーアトラス よくみる眼科疾患58」インターズー
「眼科学―獣医学教育モデル・コア・カリキュラム準拠」インターズー
「伴侶動物の眼科診療」緑書房
「犬と猫の眼科診療Q&A・緑書房」ほか
続きを読む

犬の目が開かない【考えられる原因】

外部からの刺激(打撲、外傷、異物混入など)

外部からの刺激(打撲、外傷、異物混入など)

MitchyPQ/ Shutterstock.com

ゴミや砂、花粉、草のかけら、逆さまつげ、短頭種では鼻のシワの皮毛、シャンプーなど異物が目に入った場合、痛くて目が開けられなくなることがあります。

また、交通事故などで目を強く打ったり、猫に引っかかれるなどの外傷を負ったりすると、痛みや腫れで目が開きにくくなることも考えられます。

角膜や結膜の炎症

角膜や結膜の炎症

kevin,Chen/ Shutterstock.com

目の乾燥、逆さまつげ、寄生虫など角膜や結膜に炎症が起こる病気によって目やにが増え、ベタベタした多量の目やにによってまぶたがくっついてしまい、開けなくなることがあります。

緑内障による痛み

緑内障による痛み

iTref/ Shutterstock.com

緑内障によって急に眼圧が高くなると、強い痛みを感じて目を開けられなくなります。

ワクチンのアレルギー

ワクチンのアレルギー

Numstocker/ Shutterstock.com

まれにワクチン接種の副作用で、激しいアレルギー反応を起こす犬がいます。

目の周りや口の周りが赤くなり、目の周りを含む顔全体がパンパンに腫れると、まぶたが開きにくくなり目が開かない状態になるばかりか、気道が圧迫されて呼吸困難になって窒息死することもあります。

ワクチン接種後はしばらく病院内で様子を見るなど、獣医師の指示に従ってください。

犬の目が開かない【こんな症状は要注意!】

犬の目が開かない【こんな症状は要注意!】

Alexpunke/ Shutterstock.com

犬の両目または片目が開かない場合は、病気の恐れがあるので病院で診てもらいましょう。

犬の目が開かない【この症状で考えられるおもな病気】

犬の角膜炎

犬の角膜炎

Aekarin Kitayasittanart/ Shutterstock.com

犬の角膜炎(かくまくえん)とは、黒目の表面を覆う角膜が炎症を起こす病気です。
まつげの異常、外傷や異物、細菌やウイルスの感染症、結膜炎、乾性角結膜炎などの疾患によって起こります。
痛みによる涙の増加、目やにが現れ、重症の場合は、角膜が白濁したり、潰瘍が生じます。

犬の結膜炎

犬の結膜炎

Viktoriia Kotliarchuk/ Shutterstock.com

犬の結膜炎(けつまくえん)とは、目の結膜に炎症が起きる病気です。
目の周りの毛による刺激、寄生虫や細菌やウイルスによる感染症、アレルギー、外傷などさまざまなことが原因となります。
まぶたが赤くなり、涙や目やにが出ます。
悪化すると角膜炎になることもあります。

犬の乾性角結膜炎(KCS・犬のドライアイ)

犬の乾性角結膜炎(KCS・犬のドライアイ)

SB7/ Shutterstock.com

犬の乾性角結膜炎(かんせいかくけつまくえん)とは、目の表面が乾き、角膜と結膜に炎症が起きる病気です。
犬の場合は、自分の免疫の異常で涙をつくっている涙腺や瞬膜腺(第三眼瞼腺)が壊されてしまい、涙が出なくなることが多いです。
また、短頭種のように目が突出しているために、完全にまぶたを閉じることができず、角膜が絶えず露出して乾いてしまったり、涙の成分が悪いため、涙が目をしっかりと濡らせなくなってしまったりすることでも起きることがあります。

犬の乾性角結膜炎の症状

Ermolaev Alexander/ Shutterstock.com

そのほか、先天性や涙腺異常等に起因することもあります。
症状としては、目やにのほかに、結膜や角膜の充血や浮腫が現れます。
角膜潰瘍を引き起こすと重症化しやすく、最終的には失明する恐れもあります。

犬の角膜潰瘍

犬の角膜潰瘍

cynoclub/ Shutterstock.com

犬の角膜潰瘍(かくまくかいよう)とは、目の角膜に潰瘍ができる病気です。
目が乾いたり、外傷や異物などで角膜が傷つき、目をショボショボさせたり、痛がったり、涙や目やにが出るようになります。
細菌感染により角膜に穴が開いて失明することがあります。

犬のぶどう膜炎

犬のぶどう膜炎

Sergey Lyashenko/ Shutterstock.com

犬のぶどう膜炎(まくえん)とは、虹彩、毛様体、脈絡膜からなる目のぶどう膜に炎症が起きる病気です。
典型的には瞳孔が小さくなる、白目が充血し、痛みが伴う場合は目をショボショボさせる、目やにや涙が増えるなどの症状が出ます。
続発性の緑内障を併発し、視覚障害が起きることもあります。

犬の眼瞼内反症

犬の眼瞼内反症

Anna Mandrikyan/ Shutterstock.com

犬の眼瞼内反症(がんけんないはんしょう)とは、まぶたが内側に反り、まつげやまぶたの被毛が眼球に当たる状態です。
目の痛みのほかに、目やにや涙が増え、痛みによるまぶたの痙攣(けいれん)や、刺激による結膜の発赤が起こります。
結膜炎や角膜炎、さらには角膜潰瘍になる恐れもあります。

犬の緑内障

犬の緑内障

Vodopyanov Vyacheslav/ Shutterstock.com

犬の緑内障(りょくないしょう)とは、眼球内部の圧力が高まり、再生のできない中枢神経の一つである視神経を圧迫することで失明してしまう病気です。
初期は無症状ですが、急に眼圧が上がると、痛くて目を閉じてしまいます。
瞳の中がオレンジ色や緑に見えます。
さらに悪化すると、眼球が大きくなり、飛び出したようになります。
残念ながら発症してしまうと、完治させることはできません。

犬の眼球癆

犬の眼球癆

PRTprotographer/ Shutterstock.com

犬の眼球癆(がんきゅうろう)とは、網膜剥離や重度なぶどう膜炎、外傷などの強い炎症により、眼球が収縮し、目の機能が失われる病気です。
眼球が小さく変形するため、眼球とまぶたとの間に目やにが溜まり、結膜炎や皮膚炎が起きることもあります。

犬のアナフィラキシーショック

犬のアナフィラキシーショック

WilleeCole Photography/ Shutterstock.com

犬のアナフィラキシーショックとは、薬や食べ物が原因で激しいアレルギー症状が起きた状態です。
とくにワクチンを接種して数時間以内に起こるものが有名です。
急性の場合は30分以内に発症し、粘膜の色が青白くなり、顔が腫れて呼吸困難となったり、嘔吐、さらには急激に血圧が低下して非常に危険な状態に陥ります。
ワクチン接種後は獣医師の指示を守って、様子を観察してください。

みんなのコメント

ゆめママさん
チワワを飼っていますが、初めての予防接種で アレルギーが現れ、目が開かなくなりました。 事前にそんな情報を知らなかったので、とても 怖かったです。 こういう記事が多くの人に広まるといいですね!

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

関連する情報をもっと見る

「症状」の人気記事RANKING