【獣医師監修】犬が急に元気がなくなり(動かない)心配。考えられる原因や症状、おもな病気は?

急に愛犬の元気がなくなった…。突然の出来事に飼い主は心配になると思います。愛犬が言葉で説明できないからこそ、少しでも早く察してあげたいもの。今回は、愛犬が急に元気がなくなったときに考えられる原因や症状、考えられる主な病気について解説します。

先生にお聞きしました
小林 豊和 先生
グラース動物病院院長、帝京科学大学生命環境学部 准教授(獣医師・獣医学博士)

日本大学大学院獣医学研究科修了 博士(獣医学)

【資格】
獣医師

【所属】
公益社団法人 東京都獣医師会杉並支部 会員
JPMA(社)日本ペットマッサージ協会 理事
ペットシッタースクール(ビジネス教育連盟) 講師
ペット栄養管理士(日本ペット栄養学会認定)
日本獣医皮膚科学会 会員
日本小動物歯科研究会 会員
日本ペット栄養学会 会員
◆産業カウンセラー(一般社団法人 日本産業カウンセラー協会認定)
◆ヒューマン・アニマル・ネイチャー・ボンド(HANB)教育マスターインストラクター(日本ヒューマン・アニマル・ネイチャー・ボンド・ソサエティ認定)

「最良のホスピタリティと獣医療を提供する」をミッションに、地域や飼い主のニーズに応えている。
犬の食事についての造詣も深い。

【著書】
イラスト、写真でよくわかる 愛犬の育て方~選び方・しつけ・飼い方・健康管理~」(新星出版社)
年をとった愛犬と幸せに暮らす方法」(WAVE出版)
愛犬健康生活BOOK 5歳からはじめる病気と介護」(主婦と生活社)

【監修】
愛犬の介護ガイドBOOK」(文化出版局)
ほか



続きを読む

犬が急に元気がなくなった【考えられる原因】

犬が急に元気がなくなった【考えられる原因】

TETSU / PIXTA(ピクスタ)

愛犬が「元気がない」というのは、重要な健康のバロメーターのひとつではありますが、とても曖昧な表現で、その基準も飼い主によって異なります。

ひと口に「元気がない」と言ってもその様子はさまざまです。

食欲がなくなったのか?

ぐったりしてしまったのか?

伏せの姿勢からカラダを起こさないのか?

散歩に行きたがらないのか?

「元気がなくなった」という言葉からは、「動かない」という状態が想像できます。

この記事では「ある日急に」「動かなくなった」場合に焦点を絞って、「急に元気がなくなった」ように見える原因を紹介します。

犬が元気がなくなった原因①【物理的・精神的な疲労】

犬が元気がなくなった原因①【物理的・精神的な疲労】

arrowsmith2 / PIXTA(ピクスタ)

激しい運動の後や長い散歩、トリミングなどによる疲れから、家に帰って来た後に愛犬がグッタリしている様子が「元気がない」と見えることがあります。

とくに初めて犬を飼った場合や子犬などが相手の場合は、ただぐっすり寝ているだけでも飼い主には心配になるものです。

休息しているか元気がないかを見極めるポイントは、時間が少し経過したあとに元気が回復しているかどうかです。

元気が回復しているようであれば、心配する必要はありません。

犬が元気がなくなった原因②【痛みによるもの】

痛みによる原因①【骨・関節のトラブルや怪我】

痛みによる原因①【骨・関節のトラブルや怪我】

Elnur / PIXTA(ピクスタ)

椎間板ヘルニアや捻挫、骨折、脱臼、関節炎など骨や関節のトラブルによる痛みや、足の裏の怪我などによって、犬は動きたがらなくなり、その様子が急に元気がなくなるように見えることが考えられます。

痛みによる原因②【内臓の障害】

異物が消化器官に入ったり、急性膵炎や胃捻転などによる内臓の痛みで急に元気がなくなることも考えられます。

犬が元気がなくなった原因③【失明】

犬が元気がなくなった原因③【失明】

HIME&HINA / PIXTA(ピクスタ)

犬が失明すると急に動かなくなるので、元気がなくなったように見えることがあります。

白内障などのようにゆっくりと進行して失明するようなケースもありますが、急激に進行して突然視力が奪われる場合もあります。

緑内障などは目の痛みも伴うため、動かなくなります。

犬が元気がなくなった原因④【貧血】

人間では貧血は日常的に聞く症状ですが、犬の場合には、重篤な病気が原因で起きることが多いので注意が必要です。

血管内で腫瘍が悪さをして貧血を起こす場合や、腎臓の疾患、体内の出血が起きていることなどがあります。

いずれも年齢に関係なく起きますが、高齢犬に多く見られる傾向にあります。

犬が元気がなくなった原因⑤【低体温】

犬が元気がなくなった原因⑤【低体温】

nawamin/ Shutterstock.com

犬の低体温症は、とくに子犬で気をつけたい症状のひとつで、元気がないように見えます。

子犬や老犬は寒い場所にいると、体温保持をうまくできないため、急に体調を崩してしまうことがあります。

犬が元気がなくなった原因⑥【栄養不足】

栄養不良が原因で急に元気がなくなります。

特に高齢犬は食が細くなったり、消化管の衰えにより食べたものをきちんと身体に吸収できなくなったりしますので、注意が必要です。

犬が元気がなくなった原因⑦【発熱】

犬が元気がなくなった原因⑦【発熱】

lekcej / PIXTA(ピクスタ)

犬の発熱は感染症のほかにも内臓の疾患や免疫疾患、呼吸器疾患、腫瘍などあらゆる原因から起こり、元気がなくなります。

犬が元気がなくなった原因⑧【あらゆる病気の重篤な状態】

基礎疾患などすでに体調が悪かったのを気づかずに、急に元気がなくなったように見える場合があります。

どんな病気でも、体調が悪くなったり、体力がなくなったりするものです。普段から犬のちょっとした変化を見逃さないようにしましょう。

犬が元気がなくなった【この症状で考えられるおもな病気】

考えられる主な病気①【犬の椎間板ヘルニア】

考えられる主な病気①【犬の椎間板ヘルニア】

iStock.com/IgorChus

「犬の椎間板(ついかんばん)ヘルニア」とは、背骨の中を走っている脊髄(せきずい)が圧迫され、首や腰に痛みが出たり、足が麻痺したりする病気です。

脊髄神経に障害が起きて、足がもつれる、歩けない等、歩行に異常が見られます。

重症化すると、足が麻痺したり、排尿ができなくなったりします。

椎間板ヘルニアは発生する場所によって症状が違います。

考えられる主な病気②【犬の骨折】

考えられる主な病気②【犬の骨折】

Orawan Pattarawimonchai/ Shutterstock.com

「犬の骨折」とは、骨にひびが入ったり、折れた状態です。

骨折には骨自体の損傷だけでなく、内臓や皮膚周辺の組織を損傷し、重症化する恐れがあります。

交通事故や落下事故、外傷だけでなく、食餌やホルモン異常が原因になることもあります。

考えられる主な病気③【犬の関節炎】

考えられる主な病気③【犬の関節炎】

iStock.com/silverlining56

「犬の関節炎」とは、関節軟骨の炎症のため、関節に痛みが生じ、重症になると歩行障害が起きる病気です。

慢性の疾患ですが、症状に波があり、痛みがある時には動きたがらず足をかばって歩くようになります。

加齢によるもの以外に、肥満が症状を悪化させるので、体重管理には十分に気をつけましょう。

考えられる主な病気④【犬の急性膵炎】

考えられる主な病気④【犬の急性膵炎】

Lipik Stock Media/ Shutterstock.com

「犬の急性膵炎(きゅうせいすいえん)」とは、消化液である膵臓(すいぞう)の酵素が膵臓自体を溶かしてしまう病気です。

脂肪の多い食餌や肥満、高脂血症、薬物、内分泌疾患などがあると膵炎を起こしやすくなるほか、開腹手術の後も要注意です。

激しい腹痛や嘔吐が突然起こり、死亡する恐れもあります。

考えられる主な病気⑤【犬の胃拡張・胃捻転症候群】

考えられる主な病気⑤【犬の胃拡張・胃捻転症候群】

iStock.com/Kateryna Kukota

「犬の胃拡張・胃捻転症候群(いかくちょう・いねんてんしょうこうぐん)」とは、胃の拡張やねじれが起こる病気です。

中〜高年齢の大型犬(特に胸の深い犬種)が食後に運動したときなどに見られます。

苦しそうな呼吸状態となり、突然元気が消失します。

緊急疾患なので、直ちに動物病院を受診する必要があります。

考えられる主な病気⑥【犬の白内障】

考えられる主な病気⑥【犬の白内障】

iStock.com/vbacarin

「犬の白内障(はくないしょう)」とは、目のレンズの役割をしている水晶体が白く濁り、視覚障害を起こす病気です。

犬では遺伝性疾患であることが多いですが、そのほかに老化や糖尿病、外傷などが原因で水晶体のたんぱく質が変化を起こすことで透明ではなくなります。

進行すると、視覚が低下し、慣れない環境下では物にぶつかりながら歩くようになります。

考えられる主な病気⑦【犬の緑内障】

考えられる主な病気⑦【犬の緑内障】

iStock.com/RobertAx

「犬の緑内障(りょくないしょう)」とは、眼の中にある房目(眼房水)が溜まって眼球内部の圧力が高まり、再生のできない中枢神経の一つである視神経を圧迫することで失明してしまう病気です。

急激に眼圧が上がると、白目が赤くなり、目をショボショボさせます。

また典型的には瞳孔が開いたままになり、瞳の中がオレンジ色や緑に見えます。

眼圧が高くなることで角膜が白く濁ることもあります。さらに悪化すると、眼球が大きくなり、まぶたが閉じられなくなります。

そのため、角膜炎を併発します。場合によっては角膜潰瘍になることもあります。

残念ながら発症してしまうと、完治させることはできません。

考えられる主な病気⑧【犬の低体温症】

考えられる主な病気⑧【犬の低体温症】

iStock.com/O_Lypa

「犬の低体温症(ていたいおんしょう)」とは、体温が下がりすぎ、内臓や脳の機能不全が起きる病気です。

犬の平熱は38度前後ですが、37度を下回ると低体温症とされます。

初期は震えや皮膚の変色、筋肉のこわばりが現れ、進行すると、血圧低下や呼吸困難、昏睡、散瞳が起こり、死に至ります。

そのほか、あらゆる病気の重篤な症状として、急に元気がなくなることが考えられます。

犬が急に元気がなくなった【まとめ】

犬が急に元気がなくなった【まとめ】

K Hanley CHDPhoto/ Shutterstock.com

愛犬が急に元気がなくなると飼い主はとても不安になります。

愛犬が元気がなくなる原因はさまざまですが、「胃拡張・胃捻転症候群」など急を要する病気の可能性もあります。

犬の元気が回復しない場合は、早めに動物病院で獣医師に診てもらいましょう。

みんなのコメント

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

関連する情報をもっと見る

「症状」の人気記事RANKING