【獣医師監修】犬がヨーグルトを食べても大丈夫?適量や注意点は?無糖のプレーンがオススメ?

人間が食べると腸内環境を整え、免疫力を高めると言われるヨーグルトですが、犬がヨーグルトを食べても大丈夫なのでしょうか?ここでは、犬にヨーグルトを与えても大丈夫なのか?また、ヨーグルトを与える際の適量や注意点について解説していきます。

【獣医師監修】犬がヨーグルトを食べても大丈夫?適量や注意点は?無糖のプレーンがオススメ?
出典 : Liliya Kandrashevich/Shutterstock.com

犬がヨーグルトを食べても大丈夫!

犬がヨーグルトを食べても大丈夫!

Maximilian100/ Shutterstock.com

犬にヨーグルトを与えても基本的に大丈夫です。

犬が喜んで飛びつくヨーグルトですが、「本当に食べさせても大丈夫?」と心配になる飼い主さんもいらっしゃるかもしれません。

ヨーグルトには犬が中毒を起こすような成分は含まれていませんので、食べさせても問題ありません。

犬が牛乳を飲むと下痢をする場合、ヨーグルトがオススメ!

犬が牛乳を飲むと下痢をする場合、ヨーグルトがオススメ!

1234zoom/ Shutterstock.com

犬は乳糖の分解が得意ではない体質です。

ヨーグルトは、生乳や乳製品といった原料に乳酸菌を加えて発酵させています。

その過程で乳糖の一部を分解させているため、牛乳を与えたときに下痢をしてしまう「乳糖不耐症」を起こしにくいと言われています。

乳製品を与えたくても、乳頭の分解が得意でない愛犬には、ヨーグルトがオススメです!

愛犬に与えるヨーグルトの適量は?食べさせ過ぎに注意!

愛犬に与えるヨーグルトの適量は?食べさせ過ぎに注意!

Josep Suria/ Shutterstock.com

ヨーグルトに含まれる乳酸菌は、一度にたくさん食べても排泄されてしまいます。

また、ヨーグルトを食べさせ過ぎると下痢になる可能性があります。

愛犬には、少量(小さじ半分~1杯程度)のヨーグルトを毎日継続して食べさせることで、腸内環境を整えるメリットが発揮されます。

愛犬に与えるヨーグルトの栄養素は?

愛犬に与えるヨーグルトの栄養素は?

Julia Sudnitskaya/ Shutterstock.com

愛犬に与える「発酵食品」の代表格でもあるヨーグルトには、以下のような様々な栄養素が含まれています。

●ヨーグルトの栄養素①「タンパク質」

ヨーグルトの栄養素①「タンパク質」

Sergey Golotvin/ Shutterstock.com

細胞や筋肉、骨などすべての材料でエネルギー源となる3大栄養素の一つ

●ヨーグルトの栄養素②「脂肪」

ヨーグルトの栄養素②「脂肪」

victoras/ Shutterstock.com

エネルギー源や健康な被毛の維持、炎症軽減や免疫力などに関係する3大栄養素の一つ

●ヨーグルトの栄養素③「炭水化物(糖質)」

ヨーグルトの栄養素③「炭水化物(糖質)」

Bastiaan Schuit/ Shutterstock.com

エネルギー源に関係する3大栄養素の一つ

●ヨーグルトの栄養素④「カルシウム」

ヨーグルトの栄養素④「カルシウム」

alterfalter/ Shutterstock.com

骨の形成や神経伝達などに関わる

●ヨーグルトの栄養素⑤「モリブデン」

ヨーグルトの栄養素⑤「モリブデン」

Ines Behrens-Kunkel/ Shutterstock.com

尿酸の生成や糖質や脂質の代謝などに関わる

●ヨーグルトの栄養素⑥「ビタミンA」

ヨーグルトの栄養素⑥「ビタミンA」

Seregraff/ Shutterstock.com

免疫や骨の吸収、視力、皮膚の生成などに関わる

●ヨーグルトの栄養素⑦「ビタミンB1」

ヨーグルトの栄養素⑦「ビタミンB1」

savitskaya iryna/ Shutterstock.com

神経系の機能などに関わる

●ヨーグルトの栄養素やメリット⑦「ビタミンB2」

ヨーグルトの栄養素やメリット⑦「ビタミンB2」

Scorpp/ Shutterstock.com

健康な皮膚や被毛などに関わる

どれも犬の健康に欠かせない栄養素ばかりです。

愛犬にヨーグルトを食べさせるメリット!

愛犬にヨーグルトを食べさせるメリット!

Maximilian100/ Shutterstock.com

愛犬にヨーグルトを食べさせるメリットは以下のものが挙げられます。

●ヨーグルトのメリット①「乳酸菌」がお腹の調子を整える

ヨーグルトのメリット①「乳酸菌」がお腹の調子を整える

Annette Shaff/ Shutterstock.com

ヨーグルトに含まれる乳酸菌には、腸内の善玉菌を増やして悪玉菌を少なくする働きがあります。

乳酸菌を摂取することで腸内の菌のバランスが整うため、腸内環境を整えます。

●ヨーグルトのメリット②「食欲増進」食いつきを良くする

ヨーグルトのメリット②「食欲増進」食いつきを良くする

Csanad Kiss/ Shutterstock.com

ドッグフードの食い付きが悪いときにヨーグルトをトッピングすると、食欲が出ることがあります。

●ヨーグルトのメリット③「犬用のヨーグルト」や「サプリメント」もおすすめ

ヨーグルトのメリット③「犬用のヨーグルト」や「サプリメント」もおすすめ

sommart sombutwanitkul/ Shutterstock.com

最近では、犬用のおやつとして犬由来の乳酸菌が入ったヨーグルトやサプリメント、ガムなども市販されています。

愛犬にヨーグルトを食べさせる際の注意点!

愛犬にヨーグルトを食べさせる際の注意点!

Africa Studio/ Shutterstock.com

ヨーグルトは犬にとってメリットのある食べ物ですが、与える際の注意点もあります。

ここで、ヨーグルトを与える際の注意点を見ていきましょう。

●ヨーグルトを与える際の注意点①「主なタンパク源」にはしない

ヨーグルトを与える際の注意点①「主なタンパク源」にはしない

Africa Studio/ Shutterstock.com

ヨーグルトにタンパク質が含まれているからと言って、主なタンパク源となるほどの量を犬に食べさせてはいけません。

●ヨーグルトを与える際の注意点① 市販の人間用ヨーグルトを与える際は「プレーンタイプ」を

ヨーグルトを与える際の注意点① 市販の人間用ヨーグルトを与える際は「プレーンタイプ」を

New Africa/ Shutterstock.com

市販の人間用ヨーグルトを犬に食べさせる場合は、砂糖や香料などの添加物などが含まれていないプレーンタイプにしましょう。

愛犬に与える「ヨーグルト」のまとめ

愛犬に与える「ヨーグルト」のまとめ

woottigon/ Shutterstock.com

愛犬にヨーグルトを食べても大丈夫です。

ただし、犬はヨーグルトが大好きなので、うっかりすると500g入りの1パック分を食べてしまうこともあります。

一度に大量のヨーグルトを食べてしまうと下痢をしてしまう可能性があります。

犬にヨーグルト食べさせるときは、必ず飼い主が少量を取り分けて、残りは冷蔵庫にしいましょう。

愛犬の健康を守れるのは、飼い主だけです。

愛犬と長く楽しい生活を送るためにも、しっかり愛犬の健康管理をおこないましょう。

【獣医師監修】犬に人間用の牛乳を飲ませちゃダメって本当?牛乳に関する正しい知識!

【獣医師監修】犬に豆乳を与えても大丈夫?豆乳のメリット(栄養効果)与える量や注意点は?

【獣医師監修】犬がバナナを食べても大丈夫!?バナナのメリットや栄養素、適量は?

監修者情報

徳本 一義 先生(獣医師)
ヘリックス株式会社代表取締役社長 獣医師、MBA
小動物の臨床栄養学に関するスペシャリスト。大学卒業後、小動物臨床に従事。その後、ペットフードメーカーに入社し、小動物臨床栄養学に関する研究、情報発信を中心とした活動を行う。 現在は、獣医療・教育関連のコンサルタントとしての活動のほか、日本獣医生命科学大学非常勤講師、帝京科学大学非常勤講師などを兼任。ペッ ト栄養学会理事、ペットフード協会 新資格検定制度実行委員会委員長などペットの栄養に関する団体の要職を務める。自宅で9頭の猫と暮らす愛猫家である。
続きを読む

みんなのコメント

きなこママさん
うちのトイプーは、ヨーグルトを食べた後のカップをなめるほどヨーグルト好きです。 犬にとってもメリットがいっぱいなんですね!勉強になりました。

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

関連する情報をもっと見る

「犬の飼い方・しつけ」の人気記事RANKING