【獣医師監修】愛犬に犬用クッキーを手作りするメリットは!?中毒やアレルギーに注意!

愛犬のおやつに最適なクッキー。家庭でも気軽に作れるため、手作りクッキーを愛犬に食べさせたいと思う飼い主も多いでしょう。愛犬にクッキーを与えるメリットや「中毒リスク」「アレルギー」などの注意点、市販のクッキーを選ぶ際のポイントなどについて解説していきます。

【獣医師監修】愛犬に犬用クッキーを手作りするメリットは!?中毒やアレルギーに注意!
出典 : Africa Studio/Shutterstock.com
先生にお聞きしました
徳本 一義 先生
ペット栄養学会理事。小動物の臨床栄養学に関するスペシャリスト。
獣医師 MBA(経営学修士)

ヘリックス株式会社 代表取締役社長

【所属】
ペット栄養学会 理事
一般社団法人ペットフード協会 新資格検定制度実行委員会 委員長
日本獣医生命科学大学 非常勤講師
帝京科学大学 非常勤講師
など

大学卒業後、小動物臨床に従事。

その後、ペットフードメーカーに入社し、小動物臨床栄養学に関する研究、情報発信を中心とした活動を行う。

現在は、獣医療・教育関連のコンサルタントとしての活動。ペットの栄養に関する団体の要職を務める。

自宅で9頭の猫と暮らす愛猫家。
続きを読む

犬のおやつにクッキーがおすすめな理由!丸飲み注意!

犬のおやつにクッキーがおすすめな理由!丸飲み注意!

Miroha141 / PIXTA(ピクスタ)

愛犬のおやつにクッキーをおすすめする理由は、犬にとってクッキーは満足感が高いと考えられているからです。

チーズやカステラと比較すれば噛む回数が多いクッキーは、愛犬の食欲をコントロールすることができます。

歯が弱い犬にもあげられるクッキー

Melpomene / PIXTA(ピクスタ)

また、固いといってもガムほど頑丈にできていないため、歯が弱い子に与えることも可能です。

手で砕ける固さの犬用クッキーは、扱いやすさも魅力でしょう。

丸呑みしてしまう癖がある犬にはクッキーを小さく砕いてあげることで、クッキーが喉に詰まるリスクを軽減することができます。

【獣医師監修】犬が食べ物を噛まずに丸呑みしても大丈夫?大きな食べ物やおもちゃに注意!

愛犬に犬用クッキーを手作りするメリット!(原料・無添加)

愛犬に犬用クッキーを手作りするメリット!(原料・無添加)

sasaki106 / PIXTA(ピクスタ)

犬用クッキーは、様々な種類が販売されています。

ただ、愛犬のためにクッキーを手作りしたいと考える飼い主もいるでしょう。

愛犬に犬用クッキーを手作りするメリットとして、手作りクッキーであれば、新鮮な食材を使用したり、原料や無添加食品にこだわることができます。

安心安全な食べ物を愛犬に食べさせることができるのも、手作りのメリットの一つです。

犬用クッキーに使ってはいけない食材!【中毒リスク・アレルギーあり!】

犬用クッキーに使ってはいけない食材!【中毒リスク・アレルギーあり!】

Aleksandra H. Kossowska/ Shutterstock.com

犬用クッキーに使ってはいけない材料は、犬にとってリスクが高い食材です。

「ココア」「チョコレート」「干しぶどう」は犬にとって中毒リスクがあるため、クッキーの食材として使用しないようにしましょう!

また、多くの犬には全く問題のない肉や卵、牛乳アレルギーをもつ犬もいるため、愛犬の体質に合わない食材は使用しないようにしましょう!

【獣医師監修】犬がチョコレートを食べても大丈夫?少量舐めても中毒に!?原因と対処法!

【獣医師監修】犬がぶどうを食べても大丈夫?中毒症状や腎不全での死亡例も!対処法は?

【獣医師監修】犬が食べると中毒やアレルギーを引き起こす危険な食べ物!与えてはダメ!

愛犬にクッキーを与える際は「量」や「頻度」に注意!

愛犬にクッキーを与える際は「量」や「頻度」に注意!

Brusnikaphoto / PIXTA(ピクスタ)

犬にクッキーを食べさせる際には、パッケージに書かれている与え方をしっかりと守り、「量」や「頻度」に注意しましょう!

クッキーがどんなに好きな子でも、おやつばかり食べていては体調を崩してしまいます。

愛犬にクッキーを与える際のカロリー目安は?

歯が弱い犬にもあげられるクッキー

Mattia Marasco/ Shutterstock.com

手作りクッキーを与える時の量ですが、1日あたりの摂取カロリーの20%以内に収めることが一つの目安になります。

ドッグフードも合わせて、以下の通り、与えるのが理想です。

犬の理想的な摂取カロリー割合

栄養素摂取カロリーの割合
たんぱく質25%
脂肪15%
炭水化物60%

※たんぱく質不足、脂肪過多などバランスが極端に崩れる与え方は控えてください

犬用クッキーの生地には「おから」「米粉」「さつまいも」がおすすめ!

犬用クッキーの生地には「おから」「米粉」「さつまいも」がおすすめ!

つき / PIXTA(ピクスタ)

犬用クッキーの生地には、おからや粉、さつまいもなどがおすすめです!

小麦粉アレルギーの愛犬でも食べられるように作るレシピはたくさんあるので、体質に合うものを探してみましょう。

にんじんかぼちゃなど甘い野菜は、糖類を控えたい時に重宝します。

自然の甘さを活かして作れば、砂糖なしでもおいしい犬用クッキーができます。

愛犬に与えるクッキー(市販)選びのポイント!

愛犬に与えるクッキー(市販)選びのポイント!

azgek / PIXTA(ピクスタ)

市販の犬用クッキーを選ぶ時に意識したいポイントは、大きく分けて2つあります。

●クッキー選び(市販)のポイント① 「クッキーの用途」

クッキー選び(市販)のポイント① 「クッキーの用途」

Milante / PIXTA(ピクスタ)

まず、1つ目のポイントですが、与える用途に合わせてクッキーを選びましょう!

「トレーニングのご褒美用」「コミュニケーション用」などクッキーを与える目的はいろいろありますので、目的や用途に合わせてクッキーを選ぶ必要があります。

●クッキー選び(市販)のポイント② 「販売サイズ」に注意!

クッキー選び(市販)のポイント② 「販売サイズ」に注意!

YAMATO / PIXTA(ピクスタ)

次に、クッキーを選ぶポイントですが、食べきりサイズなど小分けになった犬用クッキーを選びましょう!

クッキーがたくさん入っているお得用パッケージは、金額的にお得ですが、ついつい、愛犬に多く与え過ぎてしまうことがあります。

また、開封した犬用クッキーを放置すると品質が劣化するだけでなく、栄養成分が変わってしまうことも考えられます。

無添加のクッキーほど賞味期限が短い傾向もあるので、愛犬がクッキーを食べきれる量だけを購入しましょう。

愛犬に与える「犬用クッキー」まとめ

愛犬に与える「犬用クッキー」のまとめ

Pavel Hlystov/ Shutterstock.com

クッキーなどの間食(おやつ)の量を間違えてしまうと、愛犬の健康を害する心配もあります。

犬は自分の食べ物を自分で選ぶことができないからこそ、飼い主のサポートが不可欠です。

クッキーを手作りするにしても避けたい材料をきちんと理解して、愛犬との生活を楽しみましょう。

愛犬の健康を守れるのは、飼い主だけです。

愛犬が健康に楽しく毎日を過ごせるように、飼い主が愛犬の健康管理をしていきましょう。

【獣医師監修】愛犬がお米を食べても大丈夫?与えて良いお米の種類やアレルギーは?

【獣医師監修】犬がかぼちゃを食べても大丈夫?かぼちゃの種や皮には注意が必要!

【獣医師監修】愛犬がにんじんを食べても大丈夫?「生」にんじんや「ネギ類」に要注意!

みんなのコメント

ガレットデロアさん
お菓子作りが大好きなので、いつか愛犬のためにクッキーを焼きたいと思っていました。おすすめレシピがあれば、ぜひ教えてほしいです!

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

関連する情報をもっと見る

「犬の飼い方・しつけ」の人気記事RANKING