【獣医師監修】犬がりんごを食べても大丈夫?りんごの種やカロリーに注意!アレルギーは?

犬にりんごを与えても大丈夫なのでしょうか?りんごは「クエン酸」「ビタミン」「食物繊維」が含まれる栄養成分豊富な果物で人間にも大人気です。ただし、愛犬がりんごを食べた場合、思わぬ事故につながってしまう危険性があります。ここでは、愛犬にりんごを与える際の注意点(中毒・アレルギー)について解説します。

【獣医師監修】犬がりんごを食べても大丈夫?りんごの種やカロリーに注意!アレルギーは?
出典 : gillmar/Shutterstock.com

犬がりんごを食べても大丈夫!

犬がりんごを食べても大丈夫!

Chalky/ Shutterstock.com

犬がりんごを食べても基本的に問題ありません。

ただ、思わぬ事故につながってしまう危険性もありますので、犬にりんごを与える際は、様子を見ながら注意して与えるようにしましょう。

愛犬にりんごを与える際の注意点!

愛犬にりんごを与える際に注意したいこと

Vivienstock/ Shutterstock.com

犬がりんごを食べても基本的に問題ありませんが、りんごを愛犬に与える際にはいくつの注意点がありますので、以下で解説していきます。

●りんごを与える際の注意点① 「カロリー」

犬へりんごを与えるなら量とサイズに要注意!

Bozena Fulawka/ Shutterstock.com

犬にりんごを与える際に、注意したいのがカロリーです。
りんごには、ブドウ糖や果糖が多く含まれています。これらの成分を多く含む果物はカロリーが高くなるため、肥満傾向の犬には特に注意が必要です!

りんごは生の状態で100gあたり60kcalです。おやつとして与えて良い量は、摂取カロリーの20%までとされています。
健康な犬(避妊・去勢された)の必要カロリー量を元に計算すると、

【愛犬にりんごを与える際のおおよその目安】
・【小型犬】体重が4kg → 111g
・【中型犬】体重が10kg → 221g
・【大型犬】体重が25kg → 439g

※りんごをおやつとして与える際は総合栄養食であるドッグフードの量を必ず減らし、摂取カロリーを調整するようにしましょう!

●りんごを与える際の注意点② 「薬」を飲んでいる時

●りんごを与える際の注意点② 「薬」を飲んでいる時

sommart sombutwanitku/ Shutterstock.com

りんごに含まれるカリウムは塩分を排出する作用があります。愛犬に薬を与えているときなどは、注意が必要です!

●りんごを与える際の注意点③ 「消化能力」が落ちている時

●りんごを与える際の注意点③ 「消化能力」が落ちている時

Tatiana Dyuvbanova/ Shutterstock.com

りんごは食物繊維が豊富なため、腸の動きの活発化・腸内環境を整える働きなどが期待される一方、愛犬の消化能力が落ちている場合は与えるのを控えた方良いでしょう。

●りんごを与える際の注意点④ 「りんごの種」の中毒に注意!

●りんごを与える際の注意点④ 「りんごの種」中毒に注意!

PENG TIANLI/ Shutterstock.com

意外と知られていませんが、りんごの種を食べることで中毒症状が現れる可能性があります。
少量食べてしまった程度で問題になる可能性は低いですが、愛犬にりんごを与える際には、種を取り除くようにしましょう。

また、りんごのアレルギーに関しては報告がほとんどありませんが、愛犬にりんごを与える際は、様子を見ながらあげてください。

犬へりんごを与えるなら量とサイズに注意!「すりおろし」「みじん切り」がおすすめ!

犬へりんごを与えるなら量とサイズに注意!「すりおろし」「みじん切り」がおすすめ!

Valentina Razumova/ Shutterstock.com

犬は基本的に咀嚼をして食べません。
そのため、大きいサイズのままりんごを与えてしまうと、犬がりんごを丸呑みをしてしまい、食道にすっぽりはまってしまうという事故につながるケースもあります。

愛犬が喉(のど)を詰まらせないように、りんごを「すりおろし」「みじん切り」にするなど、サイズを小さくするなど、愛犬が食べやすい様に与える形状や量には注意しましょう。

「クエン酸」「ビタミン」「食物繊維」りんごに含まれる豊富な栄養

「クエン酸」「ビタミン」「食物繊維」りんごに含まれる豊富な栄養

毎日のフードだけではなく、野菜や果物を愛犬に与えている飼い主も多いのではないでしょうか?一年を通して食べることができるりんごは、愛犬にとってもうれしいおやつです。

りんごはクエン酸などの有機酸、ビタミン、食物繊維など、栄養素を豊富に含んでいる食材です。気分転換に普段のご飯に加えるほか、おやつとしてあげるのに適している食べ物と言えます。

りんごを愛犬の健康に役立てる

りんごを愛犬の健康に役立てる

Elena Schweitzer/ Shutterstock.com

食欲低下が心配なとき、胃腸の健康が気になる時、栄養満点のりんごは大きくサポートしてくれます。すりおろしておいたりんごをフードにトッピングしてあげると、愛犬も喜んで食べてくれるかもしれません。与える量に注意しながら、りんごを愛犬とのコミュニケーションに役立ててみてください。

【獣医師監修】犬にみかんを与えても大丈夫?みかんの薄皮や白い筋を食べてもOK?

【獣医師監修】犬がぶどうを食べても大丈夫?中毒症状や腎不全での死亡例も!対処法は?

【獣医師監修】犬がバナナを食べても大丈夫?バナナの栄養素やメリット、適量はあるの?

監修者情報

徳本 一義 先生(獣医師)
徳本 一義 先生(獣医師)
小動物の臨床栄養学に関するスペシャリスト。大学卒業後、小動物臨床に従事したのち、大手ペットフードメーカーで15年以上、臨床栄養学の観点からペットフードの開発、ならびに研究・情報発信に携わる。現在は獣医療・教育関連のコンサルタントとしての活動のほか、複数の獣医系大学で講師を兼任するとともに、ペット栄養学会 理事など、ペットの栄養に関する団体の要職も務める。

みんなのコメント

りんごりんごんさん
りんごの季節となり、我が家のワンコも毎日のようにりんごをオヤツに食べています。たしかにあげすぎには注意ですね!参考になりました!
sachiwanさん
ワンちゃん〜林檎 大好き😘 身体にいいですね。 ヒトもワンちゃんも 同じですね〜

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

関連する情報をもっと見る

「TOP」の人気記事RANKING