【獣医師監修】犬がさつまいもを食べても大丈夫?アレルギーやカロリー、糖分に要注意!

犬のおやつにさつまいもを与えると、勢いよく食べてくれる犬も多くいます。栄養が豊富なさつまいもは「茹でたり」「焼いたり」「蒸したり」加熱して調理しやすい点も魅力です。ただし、与え方には注意が必要です。愛犬にさつまいもを与えるメリットやアレルギーなどの注意点、適量や調理法について解説していきます。

【獣医師監修】犬がさつまいもを食べても大丈夫?アレルギーやカロリー、糖分に要注意!
出典 : ささざわ / PIXTA(ピクスタ)
先生にお聞きしました
徳本 一義 先生
ペット栄養学会理事。小動物の臨床栄養学に関するスペシャリスト。
獣医師 MBA(経営学修士)

ヘリックス株式会社 代表取締役社長

【所属】
ペット栄養学会 理事
一般社団法人ペットフード協会 新資格検定制度実行委員会 委員長
日本獣医生命科学大学 非常勤講師
帝京科学大学 非常勤講師
など

大学卒業後、小動物臨床に従事。

その後、ペットフードメーカーに入社し、小動物臨床栄養学に関する研究、情報発信を中心とした活動を行う。

現在は、獣医療・教育関連のコンサルタントとしての活動。ペットの栄養に関する団体の要職を務める。

自宅で9頭の猫と暮らす愛猫家。
続きを読む

犬がさつまいもを食べても大丈夫!

犬がさつまいもを食べても大丈夫!

Zakharova_Elena/ Shutterstock.com

犬がさつまいもを食べても基本的に問題ありません。

さつまいもが大好きな犬も多いと思いますが、さつまいもは加熱してから、適切な量を与えましょう!

愛犬にさつまいもを与えるメリットは?

愛犬にさつまいもを与えるメリットは?

iko/ Shutterstock.com

さつまいもは、栄養豊富なだけでなく、食物繊維が多く含まれているので、犬の腸内環境を整えることに役立ちます。

また、ビタミンもバランスよく含まれています。

愛犬にさつまいもを与える際の【注意点①】「茹でる」など加熱調理がおすすめ!

愛犬にさつまいもを与える際の【注意点①】「茹でる」など加熱調理がおすすめ!

jreika/ Shutterstock.com

唾液中に消化酵素を持たない犬は、咀嚼(そしゃく)をほとんどしません。

「生」の固いさつまいもを食べさせるときは、犬の喉(のど)に引っかかってしまわないように注意をしましょう。

また、愛犬にさつまいもを与える際には、茹でるなど加熱調理したあとに、皮をむいて与えると、喉(のど)に引っかりにくくなります。

愛犬にさつまいもを与える際の【注意点②】カロリーや糖分に要注意!

愛犬にさつまいもを与える際の【注意点②】カロリーや糖分に要注意!

Ezzolo/ Shutterstock.com

愛犬の健康に役立つさつまいもですが、与えすぎには十分注意してください。

ドッグフードで十分に栄養バランスも取れていますので、さつまいもを与えすぎるとカロリーオーバーになってしまいます。

愛犬にさつまいもを与える際には、適量を与えるようにしましょう。

愛犬にさつまいもを与える際の【注意点③】アレルギーに注意!

愛犬にさつまいもを与える際の【注意点③】アレルギーに注意!

APIWICH PUDSUMRAN/ Shutterstock.com

犬によっては、さつまいもを食べてアレルギーを引き起こしてしまう可能性もあります。

愛犬がさつまいもを食べて、嘔吐や下痢(げり)などが続いた場合には、すぐにさつまいもを与えることをやめましょう。

また、体調不良が心配な際には、自己判断ではなく、必ず動物病院の獣医師に相談するようにしましょう。

愛犬にさつまいもを与える際には、おやつのトッピングにおすすめ!

愛犬にさつまいもを与える際には、おやつのトッピングにおすすめ!

1981 Rustic Studio kan/ Shutterstock.com

さつまいもを愛犬に与える際は、はじめに、さつまいもを角切りにして小さなおやつにしてしまうことをおすすめします。

角切りにしたさつまいもは、茹でたあとで、普段のおやつやフードへのトッピングとして使います。

手作りの犬用さつまいもクッキー

Becky Swora/ Shutterstock.com

また、さつまいもを使ったクッキーやジャーキーを手作りしてあげても、愛犬にとっては嬉しいご褒美になります。

さつまいもが入ったおやつは、市販の物でも様々なタイプが販売されています。

老犬であっても、柔らかいので食べやすく、食欲が落ちている時にも役立ちます。

愛犬に与える「さつまいも」まとめ

愛犬に与える「さつまいも」まとめ

Piyaset/ Shutterstock.com

さつまいもは、愛犬にとって嬉しいおやつです。

しかし、その時の便の状態を見たり、フードを切り替えたときにはカロリーを気にしてあげるなど、注意が必要な場合もあります。

また、アレルギーになる可能性や、消化能力が低下していたり、食べすぎによって、お腹にガスが溜まってしまうこともあります。

さつまいもを愛犬に与える際には、量には十分注意して与えるようにしましょう。

愛犬の健康管理

Jet Cat Studio/ Shutterstock.com

愛犬の健康を守れるのは、飼い主だけです。

愛犬が健康に楽しく毎日を過ごせるように、飼い主が愛犬の健康管理をしていきましょう。

【獣医師監修】愛犬がささみ(生)を毎日食べても大丈夫?適量や茹で方、おすすめレシピ!

【獣医師監修】犬がかぼちゃを食べても大丈夫?かぼちゃの種や皮には注意が必要!

【獣医師監修】愛犬に犬用クッキーを手作りするメリットは!?中毒やアレルギーに注意!

みんなのコメント

熊ちゃんさん
我が家のべーちやんも大好物病院のごはん おやつぐらいなので時々上げいますがフリーたーの人があげすぎると石が溜まるって聞いた事あります
スイートポテトさん
ホワイトデーに犬用のクッキーを作りたいと思って、 使える野菜を探していました。 さつまいもなら色も出ますし、犬も安心して食べられますよね。 アレルギーやカロリーには気を付けたいと思います。
クマさん
13歳の高齢犬ですが、蒸すと少しパサつくので 炊飯の時、鳴門金時を皮を剥かず、そのまま米の上にのせて一緒に炊飯します。ビタミンの流失も少なくシットリ甘く出来上がり喜んで食べます。 消化の悪い皮は外して与えて居ます。

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

関連する情報をもっと見る

「犬の飼い方・しつけ」の人気記事RANKING