【獣医師監修】犬がさつまいもを食べても大丈夫?カロリーや糖分、アレルギーに注意!

炭水化物や食物繊維が豊富なさつまいもは、茹でたり、蒸したりと調理しやすい野菜のひとつです。甘味が強く、食べたがる愛犬も多いでしょう。愛犬にさつまいもを与えても大丈夫なのでしょうか?愛犬にさつまいもを与えるメリットやアレルギーなどの注意点、適量や調理法について解説していきます。

【獣医師監修】犬がさつまいもを食べても大丈夫?カロリーや糖分、アレルギーに注意!
出典 : ささざわ / PIXTA(ピクスタ)
先生にお聞きしました
徳本 一義 先生
ペット栄養学会理事。小動物の臨床栄養学に関するスペシャリスト。
獣医師 MBA(経営学修士)

ヘリックス株式会社 代表取締役社長

【資格】
獣医師

【所属】
ペット栄養学会 理事
一般社団法人ペットフード協会 新資格検定制度実行委員会 委員長
日本獣医生命科学大学 非常勤講師
帝京科学大学 非常勤講師
など

大学卒業後、小動物臨床に従事。

その後、ペットフードメーカーに入社し、小動物臨床栄養学に関する研究、情報発信を中心とした活動を行う。

現在は、獣医療・教育関連のコンサルタントとしての活動。ペットの栄養に関する団体の要職を務める。

自宅で9頭の猫と暮らす愛猫家。
続きを読む
左向 敏紀 先生
【所属】
日本獣医生命科学大学 名誉教授
一般社団法人 日本ペット栄養学会 会長
日本内分泌研究会会長
◆一般社団法人 日本動物看護系大学協会会長

【資格】
獣医師

【経歴】
日本獣医畜産大学(現:日本獣医生命科学大学)卒業後大学に残り、馬、牛,小動物の消化器・内分泌・代謝性疾患の研究を行う。
1990年小動物栄養学に関する研修のためにアメリカオハイオ州立大学に留学。
2006年より日本獣医生命科学大学 ・獣医保健看護学科で動物看護師の教育に当たる。
教育:獣医内科学、獣医内分泌学、動物栄養学、動物臨床看護学など
研究:動物の代謝・内分泌学、栄養学

続きを読む

犬が「さつまいも」を食べても大丈夫!(※ただし、加熱が必要!)

犬が「さつまいも」を食べても大丈夫!(※ただし、加熱が必要!)

Zakharova_Elena/ Shutterstock.com

犬がさつまいもを食べても問題ありません。

ただし、さつまいもは多くのデンプンを含んでいるため、生で食べると犬は消化できない可能性があります。

愛犬にさつまいもを与える場合は、加熱してから適切な量を与えましょう。

犬に「さつまいも」を与えるメリットは?

さつまいものメリット①【炭水化物】

さつまいものメリット①【炭水化物】

freeangle / PIXTA(ピクスタ)

さつまいもは、100gあたり31gの炭水化物が含まれています。(蒸した状態)

さつまいもは甘みがある野菜のため、大好きな犬が多いでしょう。

おやつやご褒美にあげるだけではなく、食欲が低下した老犬などに、手作りご飯のトッピングとして使ってみるのも良いでしょう。

ただし、ガスを生じやすく、お腹が膨れやすいので、主食が食べられなくならないように注意しましょう。

さつまいものメリット②【豊富なビタミン】

さつまいものメリット②【豊富なビタミン】

RUNA / PIXTA(ピクスタ)

さつまいもは、ビタミンのβカロチンを中心としたビタミンも多く含みます。

βカロチンは抗酸化作用があるとともに、吸収されるとビタミンAに変換され、働きます。

また、さつまいもの一種である紫芋は、フラボノイドの一種の「アントシアニン」を含んでいます。

アントシアニンは抗酸化作用が非常に強く、愛犬の健康維持に役立ちます。

さつまいものメリット③【豊富な食物繊維】

さつまいものメリット③【豊富な食物繊維】

iStock.com/anurakpong

さつまいもはイモ類の中でも、ジャガイモやサトイモより多くの食物繊維を含みます。

さつまいもの食物繊維は、不溶性繊維だけでなく、水溶性繊維も多く、愛犬の腸内環境を整えることに役立ちます。

また、不溶性繊維は消化管を刺激して愛犬のお通じを良くします。

さつまいものメリット④【カリウム】

さつまいものメリット④【カリウム】

iStock.com/photka

さつまいもは100gあたり490mgと多くのカリウムを含んでいます。

ナトリウムは体内の分を排出する働きをするため、排泄効果や血圧低下作用があります。

腎臓病や心臓病などの持病がある犬には影響を及ぼすことがあるため、持病のある犬、療法食を食べている犬にはさつまいもを与える前に獣医師に相談しましょう。

犬に「さつまいも」を与える際の注意点は?

さつまいもの注意点①【加熱が必要】

さつまいもの注意点①【加熱が必要】

jreika/ Shutterstock.com

唾液中に消化酵素を持たない犬は、咀嚼(そしゃく)をほとんどしません。

愛犬にさつまいもを与える際には、愛犬の喉(のど)につまらないように、茹でる・焼くなどの加熱調理をして柔らかくします。

また、多くのデンプンを含むさつまいもは、生で食べると犬が消化できず、下痢を起こす可能性もあるため、加熱しましょう。

さつまいもの注意点②【カロリーや糖分】

さつまいもの注意点②【カロリーや糖分】

Ezzolo/ Shutterstock.com

さつまいもは、カロリーや糖分が多い野菜であるため、与えすぎには十分注意しましょう。

ドッグフードを食べている場合、間食やおやつは必要摂取カロリーの20%までにとどめます。

さつまいも(蒸し)は、132kcal/100gと高カロリーです。

さらに、安納芋や紅はるかは糖分が多いため、より注意が必要です。

20%を超えるカロリーの間食やおやつは、愛犬の肥満の原因になるため、気を付けましょう。

さつまいもの注意点③【アレルギー】

さつまいもの注意点③【アレルギー】

iStock.com/Sandeep Gore

愛犬にさつまいもを与える際は、アレルギーにも注意が必要です。

人でも、乳幼児のさつまいもアレルギーは報告されています。

さつまいもを愛犬に与え、耳の周りや脇の下、内股など皮膚の柔らかいところを掻くなど、アレルギー症状が現れた場合は、すぐに食べさせるのをやめましょう。

愛犬の手作りご飯のトッピングやおやつに初めてさつまいもを与える際は、食後の愛犬の様子を観察することをおすすめします。

犬に「さつまいも」を与える際の料理方法は?

さつまいもの料理方法①【おやつ】

さつまいもの料理方法①【おやつ】

1981 Rustic Studio kan/ Shutterstock.com

さつまいもを愛犬に与える際は、さつまいもを角切りにして小さなおやつにすることをおすすめします。

一口サイズに角切りしたさつまいもは、茹でて柔らかくして、愛犬のおやつやフードへのトッピングとして使います。

さつまいもの調理方法②【クッキーやジャーキー】

さつまいもの調理方法②【クッキーやジャーキー】

Becky Swora/ Shutterstock.com

さつまいもを使ったクッキーやジャーキーを手作りしても、愛犬にとっては嬉しいご褒美になります。

さつまいもが入ったおやつは、市販の物でも様々なタイプが販売されています。

老犬であっても、柔らかいので食べやすく、食欲が落ちている時にも役立ちます。

犬に与える「さつまいも」のまとめ

犬に与える「さつまいも」のまとめ

Piyaset/ Shutterstock.com

さつまいもは愛犬が食べても大丈夫です。

ただし、さつまいもを犬に与える際は、加熱して柔らかくするほか、カロリーや糖分、アレルギーに注意する必要があります。

愛犬の健康管理

Jet Cat Studio/ Shutterstock.com

さつまいもは甘みも強く、おやつや手作りご飯のトッピングにも使えるでしょう。

愛犬の健康を守れるのは、飼い主だけです。

愛犬が健康に楽しく毎日を過ごせるように、愛犬の健康管理をしていきましょう。

みんなのコメント

熊ちゃんさん
我が家のべーちやんも大好物病院のごはん おやつぐらいなので時々上げいますがフリーたーの人があげすぎると石が溜まるって聞いた事あります
スイートポテトさん
ホワイトデーに犬用のクッキーを作りたいと思って、 使える野菜を探していました。 さつまいもなら色も出ますし、犬も安心して食べられますよね。 アレルギーやカロリーには気を付けたいと思います。
クマさん
13歳の高齢犬ですが、蒸すと少しパサつくので 炊飯の時、鳴門金時を皮を剥かず、そのまま米の上にのせて一緒に炊飯します。ビタミンの流失も少なくシットリ甘く出来上がり喜んで食べます。 消化の悪い皮は外して与えて居ます。

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

関連する情報をもっと見る