【獣医師監修】犬がパンを食べても大丈夫?ダメ!?アレルギーや下痢、塩分、肥満リスクは?

飼い主が朝食などでパンを食べていると、愛犬が近づいてきて、ジッと見つめられるとついあげたくなる人も多いはずです。しかし、犬にパンを食べさせても大丈夫なのでしょうか?人間が美味しいと感じる糖と油は動物に良くないという話も聞きますが、実際はどうなのでしょう?犬にパンを与える際のポイントや注意点について解説していきます。

【獣医師監修】犬がパンを食べても大丈夫?ダメ!?アレルギーや下痢、塩分、肥満リスクは?
出典 : Africa Studio/Shutterstock.com

犬にパンを与えても大丈夫!

犬にパンを与えても大丈夫!

Annette Shaff/ Shutterstock.com

犬にパンを与えても基本的に問題ありません。

ただ、愛犬に食べさせてもいいのは、基本的にシンプルなパンのみです。

シンプルなパンでも、バターロールやペストリー系は油脂が多く高カロリーです。

おやつとしてあげてしまうと主食であるドッグフードが食べられなくなってしまうことがあるので、注意が必要です。

愛犬に与えるパンのカロリーや塩分には注意が必要!

愛犬に与えるパンのカロリーや塩分には注意が必要!

kwanchai.c/ Shutterstock.com

人間もカロリー摂取量の過多を気にしますが、愛犬も人間と同様にカロリー摂取量に注意する必要があります。

体重が60kgの人間と3kgの犬では一日に必要なカロリーに約15倍ほどの差があり、人間と同等のカロリー摂取をしてしまうと、肥満になる恐れがあります。

また、パンには塩分が多く含まれていますので、獣医師より塩分摂取量について指示を受けている場合は十分注意をしましょう!

愛犬に与えるパンの「小麦アレルギー」に注意!

愛犬に与えるパンの「小麦アレルギー」に注意!

5 second Studio/ Shutterstock.com

最近、犬の中で増えているのが「小麦アレルギー」です。

犬の体質によって変わってくるため、原因は様々ですが、パンを何度も与えているとアレルギーを引き起こす場合があります。

犬が引き起こすアレルギー反応は遅延性のものであり、飼い主も気づきにくいことが多いので注意しましょう。

【獣医師監修】犬が食べると中毒やアレルギーを引き起こす危険な食べ物!与えてはダメ!

犬のアレルギー

Helen Sushitskaya/ Shutterstock.com

小麦アレルギーだけではなく、パンに使われている食材や原料でアレルギーを引き起こしている可能性もあります。

予想していないものでアレルギーを起こしていたというケースもあるので、初めてパンを食べさせる時は少量を与えてください。

また、今まで大丈夫だったからと安心せず、食べさせた後の反応を必ず見る習慣をつけるようにしましょう。

愛犬に与えるパンの中に含まれる危険食材「ネギ類」に要注意!

愛犬に与えるパンの中に含まれる危険食材「ネギ類」に要注意!

Viktor1/ Shutterstock.com

人間が食べているパンのなかには、犬が食べてはいけない玉ねぎネギ類が入っているものもあり、気づかぬうちにあげてしまうこともあります。

愛犬用のパンを購入する際は、事前に成分表示を十分に確認するようにしましょう。

【獣医師監修】犬にネギを少量でも食べさせては絶対にダメ!ネギ中毒の理由と対処法は?

【獣医師監修】犬が玉ねぎを食べても大丈夫?少量のスープでも中毒に?致死量や対処法は?

愛犬にパンを与えすぎると下痢だけでなく、肥満の原因に!

愛犬にパンを与えすぎると下痢だけでなく、肥満の原因に!

Yossapong tulachom/ Shutterstock.com

愛犬にパンを与えすぎると、消化不良や下痢(げり)を引き起こすだけでなく、愛犬の肥満原因にもなります。

犬にとって食べ慣れないパンはおいしく感じるものですが、愛犬が欲しがるだけ与えていると肥満になり、病気やケガの原因になる可能性があります。

肥満は重篤な病気を引き起こす原因になるため、日頃から愛犬の健康管理に注意する必要があります。

愛犬に与える「パン」のまとめ

愛犬に与える「パン」のまとめ

Pavinee Chareonpanic/ Shutterstock.com

愛犬がパンを食べても問題ありません。

ただし、カロリーや塩分、アレルギーには注意が必要です。

また、基本的に、ドッグフードを愛犬に与えていれば必要な栄養素を摂取することができます。

どうしても愛犬にパンを与えたい場合には、食事の摂取カロリーの2割程度を目安に、おやつ代わりとして1口2口程度与えるようにしましょう!

愛犬との楽しい生活

Clari Massimiliano/ Shutterstock.com

愛犬の健康を守れるのは、飼い主だけです。

愛犬と長く楽しい生活を送るためにも、しっかり愛犬の健康管理をおこないましょう。

【獣医師監修】愛犬がお米を食べても大丈夫?与えて良いお米の種類や量、アレルギーは!?

【獣医師監修】犬が塩を食べても大丈夫?与え方や必要摂取量は?塩分過多、不足に注意!

【獣医師監修】愛犬の「犬用誕生日ケーキ」を手作りする際の注意点!アレルギーは!?

監修者情報

徳本 一義 先生(獣医師)
徳本 一義 先生(獣医師)
小動物の臨床栄養学に関するスペシャリスト。大学卒業後、小動物臨床に従事したのち、大手ペットフードメーカーで15年以上、臨床栄養学の観点からペットフードの開発、ならびに研究・情報発信に携わる。現在は獣医療・教育関連のコンサルタントとしての活動のほか、複数の獣医系大学で講師を兼任するとともに、ペット栄養学会 理事など、ペットの栄養に関する団体の要職も務める。
続きを読む

みんなのコメント

シナモンロールさん
犬でも小麦アレルギー増えているんですね!以前、我が家のトイプードルがパンを食べた時に、アレルギーが心配で大騒ぎしたのを思い出しました。友達にも教えたいと思います。
たべっこどうぶつさん
パンかなりあげてました・・ しかもドッグフードも食べてたし、太るわけですね。 これから気を付けます!

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

関連する情報をもっと見る

「犬の飼い方・しつけ」の人気記事RANKING