【獣医師監修】犬にニラを与えてはダメ!「ネギ中毒」を起こし最悪「死亡」リスクあり!

犬を飼い始めて迷うことのひとつに「この食べ物を犬に与えても良いか」という問題があります。「玉ねぎ」や「チョコレート」は犬に与えてはいけないことで有名ですが、実は「ニラ」も犬にとっては怖い野菜のひとつです。ここでは、ニラの「ネギ中毒」の危険性について解説していきます。

【獣医師監修】犬にニラを与えてはダメ!「ネギ中毒」を起こし最悪「死亡」リスクあり!
出典 : OlgaOvcharenko/Shutterstock.com
先生にお聞きしました
徳本 一義 先生
ペット栄養学会理事。小動物の臨床栄養学に関するスペシャリスト。
獣医師 MBA(経営学修士)

ヘリックス株式会社 代表取締役社長

【資格】
獣医師

【所属】
ペット栄養学会 理事
一般社団法人ペットフード協会 新資格検定制度実行委員会 委員長
日本獣医生命科学大学 非常勤講師
帝京科学大学 非常勤講師
など

大学卒業後、小動物臨床に従事。

その後、ペットフードメーカーに入社し、小動物臨床栄養学に関する研究、情報発信を中心とした活動を行う。

現在は、獣医療・教育関連のコンサルタントとしての活動。ペットの栄養に関する団体の要職を務める。

自宅で9頭の猫と暮らす愛猫家。
続きを読む

愛犬にニラを絶対に与えてはいけません!

愛犬にニラを絶対に与えてはいけません!

WilleeCole Photography/ Shutterstock.com

犬にニラを与えてはいけません!

愛犬にニラを与えると「ネギ中毒」になる危険性があります。

ニラは少量でも危険性の高い食べ物なので、愛犬には絶対にニラを与えないようにしてください!

犬にニラをあげてはいけない理由は?

犬にニラをあげてはいけない理由は?

Suchada Tansirimas/ Shutterstock.com

ニラは玉ねぎやニンニクなどと同じ「ネギ」属の野菜です。

ニラの独特の香りのもとであるアリシンが犬の体内に入ると、赤血球のヘモグロビンを破壊し、溶血性貧血や血色素尿という、いわゆる「ネギ中毒」を引き起こします。

ネギ中毒を引き起こす、ニラに含まれるアリシンは、加熱しても成分が壊れません。

ニラは加熱調理しても原形を保っていることが多いですが、玉ねぎカレーなどの煮込み料理で溶けてしまうことも多く、より注意が必要になります。

犬がニラを食べて「ネギ中毒」を起こす量は?致死量は?

犬がニラを食べて「ネギ中毒」を起こす量は?致死量は?

Heitor Pergher/ Shutterstock.com

どれくらいのニラを食べると犬の健康に影響を及ぼすのかは個体差があります。

ほんの少量でも死んでしまう恐れがあるため、ニラは絶対に食べさせてはいけません!

また、犬だけでなく猫やうさぎ、牛や馬もネギ中毒にかかることが分かっています。

犬がニラを食べて「ネギ中毒」を起こした場合の症状は?

犬がニラを食べて「ネギ中毒」を起こした場合の症状は?

Chaay_Tee/ Shutterstock.com

もし犬がニラを食べてしまったら、どのような症状を示すのでしょうか?

犬が「ネギ中毒」になった場合、ぐったりしたり、「下痢」や「嘔吐(おうと)」の症状が現れます。

さらに、「貧血」や「血尿」を発症します。

立ち上がれなくなる犬

Ethiriel/ Shutterstock.com

歩いている時にふらつく、立ち上がれなくなる、舌がいつもより白っぽい等の症状が出た時は貧血になっていると考えられます。

また、ピンクや茶色の尿が出ている時は「血色素尿」という症状で、貧血になった時の現象のひとつに挙げられています。

慢性になると、「黄疸」や「肝機能の低下」を引き起こします。

犬がニラを食べて「ネギ中毒」を発症する期間は?

犬がニラを食べて「ネギ中毒」を発症する期間は?

SOPRADIT/ Shutterstock.com

ネギ中毒の症状は食べた直後に現われるわけではありません。

ニラを食べた後、1日ないし数日後に症状が現われることが多く、最初はニラが原因だとすぐに特定できないかもしれません。

玉ねぎの場合は、食べて5日後に重度の黄疸が出て死んでしまったケースもあります。

愛犬がニラを食べてしまった時の対処法は?

愛犬がニラを食べてしまった時の対処法は?

Viktoriia Hnatiuk/ Shutterstock.com

万が一、愛犬がニラを誤食してしまった場合はどうすれば良いのでしょうか?

食べた直後であれば、すぐに吐かせることが重要です。

治療法としては、対症療法しかなく、ビタミン剤や強心剤、利尿剤を投与するほか、重症の場合は輸血をおこなうことがあります。

また、素人判断で吐かせることは非常に危険なので、すぐにかかりつけの動物病院の獣医師に診てもらいましょう!

ニラと同じ「ネギ」属の植物

ニラと同じ「ネギ」属の植物

Martin Turzak/ Shutterstock.com

ネギ中毒を引き起こす「ネギ」属の植物には、ニラのほかに、「玉ねぎ」や「長ネギ」、「ニンニク」などがあります。

また「行者ニンニク」や「わけぎ」も同じネギ属です。

さらに「ラッキョウ」もネギ中毒の原因となるので、注意しなければいけません!

愛犬には危険性の高いニラは絶対に与えないようにしましょう!

 愛犬には危険性の高いニラは絶対に与えないようにしましょう!

Arayabandit/ Shutterstock.com

ニラには犬にとって非常に危険な成分が入っています。

ニラは独特の香りがあるので、生のまま好んで食べようとする犬は少ないようですが、一度火を通して香りが少なくなっているものは口にしてしまう可能性があります。

料理中や食事中だけでなく、食べこぼしや残飯にも注意が必要です。

愛犬にはニラを食べさせない

Richard Peterso/ Shutterstock.com

犬の手の届くところにニラがあると、知らぬ間に愛犬がニラを食べてしまう恐れがあります。

食事中に愛犬がおねだりをしてきたとしても、食べさせないことで守れる健康もあります。

犬の健康を守ることができるのは飼い主だけですので、責任をもって犬との共同生活を幸せなものにしていきましょう!

みんなのコメント

あずきさん
昨夜、餃子を食べているときに、うちのトイプードルがニオイにひかれたのか近寄ってきました。 あまりに食べたそうにしていたので、あげてもいいのか迷いましたが、あげなくて本当によかったです。火を通してもダメなんですね・・・勉強になりました!
岡田ひめかさん
私の、いぬもたべるときもあります。

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

関連する情報をもっと見る

「犬の飼い方・しつけ」の人気記事RANKING