【獣医師監修】犬にニラを与えてはいけません!中毒を起こすリスクがあります!

犬を飼い始めて迷うことのひとつに「この食べ物を犬に与えても良いか」という問題があります。たまねぎやチョコレートは犬に与えてはいけないことは有名ですが、実はニラも犬にとっては怖い野菜のひとつです。

【獣医師監修】犬にニラを与えてはいけません!中毒を起こすリスクがあります!
出典 : OlgaOvcharenko/Shutterstock.com

犬にニラをあげてはいけない理由

犬にニラをあげてはいけない理由

Wasitt Hemwarapornchai/ Shutterstock.com


なぜ犬がニラを食べてはいけないのか。それはニラの独特の香りのもとであるアリシンが原因です。ニラは玉ねぎやニンニクなどと同じネギ属の野菜です。アリシンは犬の体内に入ると、赤血球のヘモグロビンを破壊し、溶血性貧血や血色素尿という、いわゆる「ネギ中毒」を引き起こすのです。

ネギ中毒を引き起こす、ニラに含まれるアリシンは、加熱しても成分が壊れません。ニラは加熱調理しても原形を保っていることが多いですが、玉ねぎはカレーなどの煮込み料理で溶けてしまうことも多く、より注意が必要になります。

どれくらいのニラを食べると犬の健康に影響を及ぼすのかは個体差がありますが、ほんの少量でも死んでしまうおそれがあるため、ニラは絶対に食べさせてはいけません。また、犬だけでなく猫やうさぎ、牛や馬もネギ中毒にかかることが分かっています。

犬がニラを食べてしまったら?

犬がニラを食べてしまったら?

eye-blink/ Shutterstock.com

もし犬がニラを食べてしまったら、どのような症状を示すのでしょうか。
影響が出る犬では、ぐったりしたり、下痢やおう吐が現れます。さらに、貧血や血尿を発症します。歩いている時にふらつく、立ち上がれなくなる、舌がいつもより白っぽい等の症状が出た時は貧血になっていると考えられます。また、ピンクや茶色の尿が出ている時は「血色素尿」という症状で、貧血になった時の現象のひとつに挙げられています。慢性になると、黄疸や肝機能の低下を引き起こします。

ネギ中毒の症状は食べた直後に現われるわけではありません。ニラを食べた後、1日ないし数日後に症状が現われることが多く、最初はニラが原因だとすぐに特定できないかもしれません。玉ねぎの場合は、食べて5日後に重度の黄疸が出て死んでしまったケースもあります。

万が一、犬がニラを誤食してしまった場合はどうすれば良いのでしょうか。食べた直後であれば、すぐに吐かせることが重要です。治療法としては、対症療法しかなく、ビタミン剤や強心剤、利尿剤を投与するほか、重症の場合は輸血を行うことがあります。素人判断で吐かせることは非常に危険なので、すぐにかかりつけの獣医師へ診てもらいましょう。

ニラと同じネギ属の植物

ネギ中毒を引き起こすネギ属の植物には、ニラのほかに、玉ねぎや長ネギ、ニンニクなどがあります。また、行者ニンニクやわけぎも同じネギ属です。さらに、ラッキョウもネギ中毒の原因となるので、注意しなければいけません。

危険がいっぱいのニラは犬には絶対に与えないようにしましょう!

危険がいっぱいのニラは犬には絶対に与えないようにしましょう!

Richard Peterso/ Shutterstock.com

このように、ニラには犬にとって非常に危険な成分が入っています。ニラは独特の香りがあるので、生のまま好んで食べようとする犬は少ないようですが、一度火を通して香りが少なくなっているものは口にしてしまう可能性があります。料理中や食事中だけでなく、食べこぼしや残飯にも注意が必要です。これらが犬の手の届くところにあると、知らぬ間に犬はニラを食べてしまうかもしれません。食事中に犬がおねだりをしてきたとしても、食べさせないことで守れる健康もあります。犬の健康を守ることができるのは飼い主だけですので、責任をもって犬との共同生活を幸せなものにしていきましょう

みんなのコメント

あずきさん
昨夜、餃子を食べているときに、うちのトイプードルがニオイにひかれたのか近寄ってきました。 あまりに食べたそうにしていたので、あげてもいいのか迷いましたが、あげなくて本当によかったです。火を通してもダメなんですね・・・勉強になりました!

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

関連する情報をもっと見る

「TOP」の人気記事RANKING