【獣医師監修】犬がぶどうを食べても大丈夫?中毒症状や腎不全での死亡例も!対処法は?

「ネギ」類や「チョコレート」は犬に与えてはいけない危険な食べ物として有名ですが、実は別名「畑のミルク」として有名な「ぶどう」にも犬にとって危険な成分が潜んでいます。犬がなぜぶどうを食べてはいけないのか、ここで解説していきます。

  • 監修者:徳本 一義先生(獣医師)

【獣医師監修】犬がぶどうを食べても大丈夫?中毒症状や腎不全での死亡例も!対処法は?
出典 : Kornela /Shutterstock.com

犬にぶどうを食べさせてはダメ!!(命の危険あり!)

犬にぶどうを食べさせてはダメ!!(命の危険あり!)

Kriang kan/ Shutterstock.com

犬にぶどうを与えてはいけません!

ぶどうは、「ネギ」類や「チョコレート」などと同様に、犬に与えてはいけない危険な食材のひとつです!

犬に与えてはいけない食材として「ネギ類」や「チョコレート」は、とても有名ですが、最近になってぶどうも犬にとって中毒を起こす成分が含まれていることが分かってきました。

そしてぶどうを犬に与えすぎると、命の危険もある食材(果物)と言われるようになりました。

犬がぶどうを食べると「中毒症状」「腎不全」を引き起こし、最悪死亡することも!

犬がぶどうを食べると中毒症状(腎不全)を引き起こし、最悪死亡することも!

otsphoto/ Shutterstock.com

犬がぶどうを食べると、中毒症状を起こします。

この中毒症状が酷くなると、腎不全を引き起こし、場合によっては重症化し、死亡してしまうという報告もあります。

愛犬に「干しぶどう」も与えてはダメ!中毒症状の原因に!

愛犬に「干しぶどう」も与えてはダメ!中毒症状の原因に!

Dream79/ Shutterstock.com

ぶどうの中でも、特にぶどう成分が濃縮されている「干しぶどう」には注意が必要です。

一粒の量が小さいため、愛犬が大量に食べてしまうリスクがあります。

動物病院に運ばれてくる中毒症状の犬を診断すると、その原因がレーズンを食べたことによる「ぶどう中毒」だったということが稀にあります。

飼い主の知らないところで、ぶどうやレーズンを食べないように、十分に注意しましょう!

犬がぶどう中毒になる理由とは?

犬がぶどう中毒になる理由とは?

Ivanova N/ Shutterstock.com

犬がぶどう中毒になる理由とはなんでしょうか?

実は、犬がぶどうのどの成分に中毒を起こしてしまうのか、その原因はいまだに解明されていないのが現状です。

まだ発見されていない成分により犬がぶどう中毒になるという説もあるので、愛犬にはぶどうを与えないようにしましょう!

愛犬が「ぶどう中毒」や「腎不全」を発症した時に考えられる症状とは?

愛犬が「ぶどう中毒」や「腎不全」を発症した時に考えられる症状とは?

didesign021 / Shutterstock.com

【ぶどう中毒の症状】
・嘔吐
・下痢
・大量に水を飲む
・おしっこの回数・量が増える
・おしっこが出なくなる
・背中を丸める(腎臓の痛みによる)
・ぐったりする
など

少量のぶどうを食べたくらいでは平気と考えている飼い主もいるようですが、犬は人間よりも体が小さいため、少量のぶどうでも中毒症状が出てしまうことがあります。

ぶどうを食べた犬が少しでもいつもと違う様子を見せた時には、すぐに動物病院に連れて行きましょう!

犬が「ぶどう中毒」を発症するタイミングとは?

犬が「ぶどう中毒」を発症するタイミングとは?

visivastudio/ Shutterstock.com

犬がぶどう中毒を発症するタイミングとしては、ぶどうを食べた後、おおよそ2~3時間で嘔吐し始めます。

愛犬がぶどう中毒を発症してから、早い段階で受診できれば早期回復が見込めます。

しかし、動物病院に行くことなく放置してしまうと、重篤化・死の危険性が高くなってしまいます。

犬が「ぶどう中毒」を発症する量は?

犬が「ぶどう中毒」を発症する量は?

Suthat Chaithaweesap/ Shutterstock.com

犬がぶどう中毒になる目安ですが、感受性の高い犬の場合、体重が3㎏の犬が「58.8g以上のぶどう」もしくは「8.4g以上のレーズン」を食べてしまうと中毒を引きおこす可能性があると言われています。

巨峰は一房500gが基本となっていますので、2割ほどの量を食べた場合にぶどう中毒になる可能性があります。

ぶどう成分が凝縮されているレーズンにいたっては、もっと少量で中毒症状が出る可能性がありますので、飼い主がちょっと目を放した隙に、大量に食べてしまうことがないように細心の注意が必要です。

愛犬が「ぶどう中毒」になった場合、動物病院での処置とは?

愛犬が「ぶどう中毒」になった場合、動物病院での処置とは?

Andrey_Kuzmin/ Shutterstock.com

犬が「ぶどう」「レーズン」を大量に食べてしまった場合、動物病院にすぐに連れていくことをおすすめします。

動物病院では、まず胃の内容物を吐かせて外に出し、その後、胃の洗浄をして、活性炭や下剤を投与するといった治療がおこなわれます。

何よりもまず、ぶどう中毒の症状や原因となるものを、体外に排出することが最優先されます。

また、急性腎不全にまで病状が悪化した場合、点滴治療が必要となったり、腎機能障害を解消できないままになることもありますので、愛犬がぶどう中毒をおこした際は、速やかに動物病院に連れていきましょう。

「ぶどう」「レーズン」は絶対に与えないようにしましょう!

「ぶどう」「レーズン」は絶対に与えないようにしましょう!

Rostislav_Sedlacek/ Shutterstock.com

犬が「ぶどう」「レーズン」を食べてしまった時には、ぶどう中毒になるリスクが高くなり、最悪の場合は腎不全や命の危険があることを覚えておきましょう。

犬にとってぶどうが危険な食べ物であるということがわかったのは、ごく最近です。

もし飼い主仲間で知らない人がいた場合には、その危険性を教えてあげてください。

また、愛犬が「ぶどう」「レーズン」を食べてしまった時は、早急に動物病院で診てもらいましょう。

犬の健康を守ることができるのは飼い主だけです。大切な命を守るために、正しい知識を身につけておきましょう!

【獣医師監修】犬がりんごを食べても大丈夫?りんごの種やカロリーに注意!アレルギーは?

【獣医師監修】犬にみかんを与えても大丈夫?みかんの薄皮や白い筋を食べてもOK?

【獣医師監修】犬が栗を食べてもOK!ただし殻や渋皮を与える際には注意が必要!

監修者情報

徳本 一義 先生(獣医師)
徳本 一義 先生(獣医師)
小動物の臨床栄養学に関するスペシャリスト。大学卒業後、小動物臨床に従事したのち、大手ペットフードメーカーで15年以上、臨床栄養学の観点からペットフードの開発、ならびに研究・情報発信に携わる。現在は獣医療・教育関連のコンサルタントとしての活動のほか、複数の獣医系大学で講師を兼任するとともに、ペット栄養学会 理事など、ペットの栄養に関する団体の要職も務める。

みんなのコメント

おまるさん
ぶどうがダメなのは意外でした! 飼い主も知識をアップデートする必要がありますね。貴重な情報いつもありがとうございます(^^)

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

関連する情報をもっと見る

「TOP」の人気記事RANKING