【獣医師監修】犬に「ワイン」を飲ませては絶対にダメ!その理由と誤飲した時の応急処置と対処法!

犬はほんの少しワインを舐めたり飲んだりしただけでもアルコール中毒を発症する可能性が高く、場合によっては命に関わることもあります。犬にとってワインが危険である理由や誤飲してしまった時によくみられる症状や応急処置、対処法などについて解説します。

先生にお聞きしました
花田 道子 先生
北里大学畜産学部獣医学科卒業 獣医学士【獣医師】【ペット栄養管理士】
2014年-2019年 学校法人ヤマザキ学園 ヤマザキ動物看護大学 教授 
2019年- 学校法人ヤマザキ学園 ヤマザキ動物看護専門職短期大学 学科長/教授

【学歴・経歴】
◇1972年 北里大学畜産学部獣医学科卒業 獣医学士
◇2013年 北里大学獣医学系研究科研究生修了 博士(獣医学)
◇1982年-2019年 動物病院NORIKOに勤務
◇1986年- 学校法人ヤマザキ学園 ヤマザキ動物専門学校 非常勤講師
◇2004年-2007年 学校法人ヤマザキ学園 ヤマザキ動物看護短期大学 非常勤講師
◇2014年-2019年 学校法人ヤマザキ学園 ヤマザキ動物看護大学 教授 
◇2019年- 学校法人ヤマザキ学園 ヤマザキ動物看護専門職短期大学 学科長/教授

【専門分野】
◇獣医病理学
◇動物栄養学(動物臨床栄養学)
◇動物看護学

【資格】
獣医師
◇獣医学 博士(獣医学)
◇衛生検査技師
◇ペット栄養管理士
◇KYG栄養カウンセラー
◇日本獣医ホメオパシー医学会認定獣医
◇日本ホメオパシー医学会認定獣医
◇中学校教諭一級普通免許(理科)
◇高等学校教諭二級普通免許(理科)

【所属学会】
日本獣医がん学会
一般社団法人 日本統合医療学会
一般社団法人 日本ペット栄養学会
日本ウマ科学会
日本動物看護学会
一般社団法人 日本ホメオパシー医学会
一般社団法人 日本獣医ホメオパシー医学会

【著作物】
『ペットがガンになってしまったら』(共著)(メタモル出版)
『ペットがガンに負けないために』(メタモル出版)
   
【翻訳 共著】
・Animal Health Technoloogy
邦訳表題:「アニマルヘルステクノロジー」
・CANINE REHABILITATION TEXT FOR THE ANIMAL HEALTH TECHNICIAN BASIC LEVEL
邦訳表題:「犬のリハビリテーション」

【飼育動物】
トイプードル、日本猫(各1匹)

【ペット歴】
幼少期の3歳頃から、日本犬、秋田犬、スピッツ、ヨークシャーテリア、プードル、日本猫など

現在、耳の聞こえないトイプードル(15歳)と、4歳頃から目の見えなくなったキジトラ猫(11歳)と老夫婦で楽しく暮らしています。

【ペットへの想い、職業上のペットとのかかわり】
ペットはズバリ!「臨床の師」
大学卒業と同時に研究所の病理研究員として顕微鏡相手の毎日を過ごしたのち、友人の動物病院開業を機に勤務医として臨床獣医療に携わることになった私にとって、ペットは暖かくて、かわいらしくて、懸命に辛い治療にも耐えて反応してくれる患者というより先生でした。

この子達にとって何が最良の治療法かと思い悩み、体に優しい自然療法も取り入れたものを行ってきました。

今の私にとってペットは「健康維持を第一」として、病気とも上手に付き合い、共により良い状態になることを目指す協力者です。
続きを読む

犬に「ワイン」を飲ませてはダメ!その理由は?

犬に「ワイン」を飲ませてはダメ!その理由は?

iStock.com/Kesinee Khaikaew

犬は人間と異なり、アルコールを分解することができません。

そのためアルコールが入ったワインを飲むと、命を落とす危険性があります。

【参照元】一般社団法人 全日本動物専門教育協会認定 愛玩動物救命士養成講座「犬・猫に危険な食べ物や中毒について知る」

ワイン 犬 脳 影響

iStock.com/MarkSwallow

犬がワインを飲むと、ワインに含まれるアルコールの大部分は体内に急速に吸収されます。

そして血液脳関門(blood brain barrier)を通過し、犬の脳に影響を与えます。

血液脳関門は、脳の毛細血管にあるバリアのような機能のことで、脳に通す物質を選択・調節しています。

【参照元】慶応義塾大学医学部 生理学教室「ショウジョウバエグループ」

体内のアルコールは分解されないままなので、呼吸器、心臓や血管、肝臓、腎臓などの内臓にも影響を及ぼします。

【参照元】Cristina Cortinovis ; Francesca Caloni「Household Food Items Toxic to Dogs and Cats」Frontiers in Veterinary Science. 2016, 3: 26. p.41-42

ワインの原料は犬にとって危険な「ぶどう」

ワインの原料は犬にとって危険な「ぶどう」

iStock.com/IgorGeiger

赤ワイン、白ワインともに原料は「ぶどう」です。

ぶどうは犬にとって大変危険な食品のひとつです。

ぶどうレーズンを食べることで、急性中毒を起こすことが知られています。

この点からも犬にはワインを飲ませないようにする必要があります。

【参照元】藤森 康至 岩獣会報(Iwate Vet.), Vol. 44( № 2)「ぶどう中毒を発症した犬の考察」

ワイン 犬 危険 誤飲

iStock.com/Hartmut Kosig

飲んでいるワインを愛犬が欲しがると、ちょっとくらい舐めさせてみたいという方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、ワインは犬にとって大変危険な飲み物です。

たとえ故意に飲ませなくても、人間がおいしそうに飲んでいるワインに愛犬が興味を持つことは十分考えられます。

こぼしたワインや、テーブルに放置したグラスのワインを犬が誤飲してしまうかもしれません。

特に子犬は、なんでも口にする傾向があるので気をつけましょう。

晩酌タイムやパーティーでは、犬はクレートなどに入れておくと安心です。

犬が「ワイン」を飲んでしまった場合の対処法と応急処置は?

犬が「ワイン」を飲んでしまった場合の対処法と応急処置は?

iStock.com/vauvau

犬がワインを誤飲した場合、飼い主はあわてずに、まずは落ち着くことが大切です。

ワインをほんの少し舐めただけで特に症状が出ていない場合も、動物病院での受診をおすすめします。

特に心臓・肝臓・腎臓に持病のある犬や、子犬、老犬は注意が必要です。

対処法と応急処置①「動物病院に連絡する」

対処法と応急処置①「動物病院に連絡する」

iStock.com_kohei_hara

犬がワインを誤飲してしまった場合、まずはかかりつけの動物病院に連絡します。

深夜や休診日は、救急対応している動物病院に連絡をしましょう。

対処法と応急処置②「愛犬が誤飲した時間を伝える」

対処法と応急処置②「愛犬が誤飲した時間を伝える」

iStock.com_clu

愛犬がワインを何時頃に飲んだか、または今から何分前に飲んだかなど、獣医師へなるべく詳しく伝えましょう。

対処法と応急処置③「誤飲した量を伝える」

対処法と応急処置③「誤飲した量を伝える」

iStock.com_DmitriyKazitsyn.jpg

愛犬がワインをどのくらい飲んだか、具体的な量を伝えることも重要です。

正確に誤飲したワインの量がわからなくても「グラスの半分程度」などとわかりやすく伝えると、獣医師が対応しやすくなります。

対処法と応急処置④「今の犬の様子を伝える」

対処法と応急処置④「今の犬の様子を伝える」

iStock.com_beavera.jpg

立てない、ふらふらしているなど、愛犬の今の様子を伝えます。

吐いているときは回数も伝えるといいでしょう。

余裕があれば、愛犬の様子を携帯電話などの動画機能を使って撮影しておくと診察の際に説明しやすくなります。

対処法と応急処置⑤「応急処置は獣医師の指示に従う!」

対処法と応急処置⑤「応急処置は獣医師の指示に従う!」

iStock.com_Stock28Studio.jpg

愛犬がワインを誤飲してしまった場合、獣医師の指示に従って行動することが大切です。

誤飲したことに気づいた時点で吐かせる方法がありますが、飼い主が吐かせるのはなかなか困難です。

無理に吐かせないようにしましょう。

対処法と応急処置⑥「普段から獣医師に相談」

対処法と応急処置⑥「普段から獣医師に相談」

iStock.com_FatCamera .jpg

普段からかかりつけの動物病院で、緊急時にはどうしたらよいか相談しておきましょう。

また、深夜や休診日に対応してくれる、救急の動物病院の連絡先を控えておくと安心です。

【参照元】公益社団法人 東京都獣医師会 杉並支部杉並区獣医師会「救急の備え~いざという時に慌てないために~」

犬が「ワイン」を飲んでしまった場合の中毒症状は?

犬が「ワイン」を飲んだ場合の中毒症状は?

iStock.com/Yurikr

犬がワインを誤飲した場合、アルコールによる中毒症状は、次のようなものが考えられます。

アルコールの中毒症状は、犬によって、また摂取量によっても異なりますが、約30分~1時間程度で生じることが多いようです。

中毒症状①「初期によくみられる症状」

ふらつく・歩けない
よだれを垂らす・吐き気を催す
呼吸が早くなる・興奮する
元気がなくなる
興奮する
震えが止まらない

中毒症状②「重症のときによくみられる症状」

起き上がれない
体温が低下する
脈が速くなる
呼吸困難になる
胃粘膜の刺激や嘔吐中枢への刺激による嘔吐
嘔吐物の誤嚥による肺炎
脱水
昏睡状態
犬 誤飲 獣医師 動物病院

つむぎ / PIXTA(ピクスタ)

ちょっとふらついただけに見えても、実は重症だった、ということもあり得ます。

たとえ中毒の症状が出なくても、犬がワインを飲んでしまったら急いで動物病院を受診するようにしましょう。

【参照元】Doreen M. Houston ; Laurie L. Head, Acute alcohol intoxication in a dog Frontiers in Veterinary Science. 2016, 3: 26. p.41-42
アメリカ動物虐待防止協会(ASPCA)「Shamrocks & Alcohol: Pet Safety Tips for St. Patrick’s Day」

犬が「ワイン」を飲んでしまった場合の致死量は?(小型犬・中型犬・大型犬)

犬が「ワイン」を飲んでしまった場合の致死量は?(小型犬・中型犬・大型犬)

iStock.com/undefined undefined

犬のアルコール致死量は、95%アルコール約5.5~6.5ml/kg程度といわれています。

アルコール度数12%のワインには、100ml中12mlのアルコールが含まれています。

犬がワインを飲んだ場合の致死量(目安)

犬のサイズワインの量
小型犬(2㎏程度)約100ml
中型犬(10㎏程度)約500ml
大型犬(30㎏程度)約1,500ml

こんなに大量に犬が飲むわけがないと思うかもしれません。

しかし、ワインの甘い香りにひきつけられて飲んでしまう可能性はゼロではありません。

また、ワインの原料はぶどうです。

犬の体質や年齢、持病によってはほんの一口舐めただけでもアルコール中毒やぶどう中毒になる危険があると考えておきましょう。

犬が「ワイン」を飲んでしまった場合の治療法や治療費は?

犬が「ワイン」を飲んでしまった場合の治療法や治療費は?

iStock.com/kozorog

犬がワインを飲んでしまった場合の治療費について、

点滴治療
深夜料金
入院(中型犬)

で調査をしました。

治療費については、ご参考までに公益社団法人日本獣医師会の「小動物診療料金調査(平成27年)」のデータから、最も多かった回答を記載します。

治療治療費
点滴治療(静脈内)3,000~5,000円
深夜料金3,000~5,000円
入院(中型犬の場合)2,000~3,000円

他の治療を行う場合もありますし、動物病院によって、そして犬の症状、大きさによっても治療費は変わります。
動物病院でよく確認してください。

犬の誤飲の治療費は、手術がない場合で平均16,348円という報告がありました。

治療は、点滴をしたり吐かせたりすることが中心ですが、症状や犬によっても治療や処置は異なるので、わからないことは、獣医師に尋ねましょう。

【参照元】
公益社団法人日本獣医師会「小動物診療料金」
CAP 2013年5月号「誤飲への対応 その処置法と予防」
公益社団法人 静岡県獣医師会「異物誤飲について」

犬が「ワイン」のコルク栓を誤飲しないように注意!(※腸閉塞の可能性も)

犬が「ワイン」のコルク栓を誤飲しないように注意!

iStock.com/jjpoole

ころころ転がるワインのコルク栓は、犬が興味を持ちやすいもの。

ワインのコルク栓は消化されないため、万が一、愛犬が誤飲してしまうと胃から排出されなくなったり、腸閉塞(ちょうへいそく)になったりする可能性があります。

誤飲したコルク栓を吐かせることができない場合、全身麻酔を行って胃内視鏡で異物をとったり、開腹手術になったりすることも。

レントゲン検査でもコルク栓が写らない可能性が高いため、誤飲には十分注意してください。

【参照元】公益社団法人 静岡県獣医師会「異物誤飲について」

犬が「ワイン」を飲んでしまった場合のまとめ

犬が「ワイン」を飲んでしまった場合のまとめ

iStock.com/InspiringViews

犬はワインに含まれるアルコールを、体内で分解することができません。

ワインの原料には犬にとって大変危険なぶどうが使われています。

このため犬がワインを飲むことは、最悪の場合命に関わるかもしれません。

愛犬がワインを飲んでしまわないよう、飼い主は細心の注意を払いましょう。

犬 ワイン コルク 舐める

iStock.com/Plateresca

愛犬にふざけてワインを飲ませないことはもちろん、ワインが入ったグラスを置いたまま席を外さない、ワインのコルク栓はすぐ処分するなど、普段からしっかり予防することが大切です。

しかし、どんなに注意していても、ちょっと目を離したすきにワインを飲んでしまった、こぼしたワインを舐めてしまった、コルクを飲み込んでしまったということもあり得ます。

いざという時、落ち着いて対応できるように、犬の緊急時にはどうすればよいか、かかりつけの獣医師に相談しておくことも大切です。

みんなのコメント

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

関連する情報をもっと見る

「食べ物」の人気記事RANKING