【獣医師監修】犬の目が白い。この症状から考えられる原因や病気は?

「目が白くなる」というと「白内障」を思い浮かべ「見えなくなるのでは?」と心配になってしまいますね。でも、目が白くなる原因は白内障以外にもいくつかあるようです。すぐに獣医師に診てもらったほうがいいケースなのかどうか、チェックしてみましょう。

先生にお聞きしました
余戸(ようご)拓也 先生
日本獣医生命科学大学 獣医学科 獣医外科(獣医師 獣医学博士)
◇専門分野:「眼科・外科」

日本獣医畜産大学(現:日本獣医生命科学大学大学院卒業

比較眼科学会・獣医眼科
アジア獣医眼科学会・獣医眼科

【所属】
比較眼科学会
公益社団法人 日本獣医学会
一般社団法人 日本獣医麻酔外科学会

【受賞歴】
比較眼科学会奨励賞 受賞

現在、日本獣医生命科学大学 獣医学部 獣医学科 獣医外科に所属。同大学付属動物医療センター の眼科獣医師。

獣医眼科学のプロフェッショナルとして、犬や猫の目の治療に従事している。好きなアーティストは葉加瀬太郎。

20頭以上の猫を救い供血猫を引退した中年のオスのサバトラ猫と、捕獲された地域猫でメスの三毛猫と同居中。

【著書】
「カラーアトラス よくみる眼科疾患58」interzoo
「眼科学―獣医学教育モデル・コア・カリキュラム準拠」interzoo
「伴侶動物の眼科診療」緑書房
「犬と猫の眼科診療Q&A」緑書房
など
続きを読む

犬の目が白い【考えられる原因】

加齢による水晶体核の硬化

加齢による水晶体核の硬化

J. Filirovska/ Shutterstock.com

加齢に伴って水晶体の中心の「核」と言われる部分が硬くなって、より密になります。

そうすると、光を反射してしまうので結果的に白く濁って見えるようになるのです。

加齢によって老眼になる人がいるように、犬も水晶体の中心が硬化することによって、近距離の視覚が低下すると考えられていますが、犬は人と違って文字を読んだりしないので、日常生活に困ることはありません。

ちなみに加齢による水晶体の核硬化は病気ではなく、個体によって違いはあるものの6歳以上の犬には起こりうる正常な現象なので心配いりません。

角膜の異常

角膜の異常

Joe Hendrickson/ Shutterstock.com

炎症や傷、免疫介在による病気で、目の外側にある角膜(黒目)が傷付いたあとに白く濁ることがあります。

また、角膜浮腫といって角膜に水がたまって白く濁ることがあります。

白内障

角膜の異常

cynoclub/ Shutterstock.com

水晶体のタンパク質が混濁すると、一部分あるいは全体的に透明性がなくなり白濁します。

水晶体全体が白濁してくると視覚が落ちて、いずれ失明してしまう可能性も。

白濁を引き起こす代表的な原因としては、加齢による白内障のほかに、遺伝性の白内障や糖尿病などの全身性疾患からくるものもあります。

犬の目が白い【こんな症状は要注意!】

犬の目が白い【こんな症状は要注意!】

Ermolaev Alexander/ Shutterstock.com

高齢でもなく犬の目が白い場合は、病気の恐れがあるので病院で診てもらいましょう。

犬の目が白い【この症状で考えられるおもな病気】

犬の角膜浮腫

犬の角膜浮腫

Seregraff/ Shutterstock.com

犬の角膜浮腫(かくまくふしゅ)とは、角膜の上皮の傷や内皮の機能低下のため、角膜に多量の水が溜まり角膜が白く濁る病気です。

角膜炎や緑内障等と併発することもあり、目やにが増えたり、目をショボショボさせます。

さらに、視覚も低下するので注意が必要です。一見すると濁りが、角膜なのか水晶体なのかはわかりません。

犬の角膜ジストロフィー

犬の角膜ジストロフィー

Mary Swift/ Shutterstock.com

犬の角膜(かくまく)ジストロフィーとは、片目または両目の角膜に白い斑点ができる病気です。
遺伝が原因で、通常は痛みや痒みはなく、コレステロールや中性脂肪が結晶状に角膜に付着すると言われています。
視覚を失うことはありませんが、白斑が徐々に大きくなることがあります。
ときには悪化すると結晶状の沈着物がはがれ落ちて、角膜潰瘍になることがあります。

犬の緑内障

犬の角膜浮腫

Kev Gregory/ Shutterstock.com

犬の緑内障(りょくないしょう)とは、眼球内部の圧力が高まり、再生のできない中枢神経の一つである視神経を圧迫することで失明してしまう病気です。
原発性の緑内障の初期は無症状ですが、進行すると瞳孔が開いたままになり、瞳の中がオレンジ色や緑に見えます。
さらに悪化すると、眼球が大きくなり、まぶたが閉じられなくなります。
残念ながら発症してしまうと、完治させることはできません。

犬のぶどう膜炎

犬のぶどう膜炎

Ivonne Wierink/ Shutterstock.com

犬のぶどう膜炎(まくえん)とは、虹彩(こうさい)、毛様体(もうようたい)、脈絡膜(みゃくらくまく)からなる目のぶどう膜に炎症が起きる病気です。
典型的には瞳孔が小さくなる、白目が充血し痛みが伴う場合は目をショボショボさせる、目やにや涙が増えるなどの症状が出ます。
続発性の緑内障を併発し、視覚障害が起きることもあります。一見すると濁りが、前房なのか水晶体なのかはわかりません。

犬の白内障

犬の白内障

Piyada Jaiaree/ Shutterstock.com

犬の白内障(はくないしょう)とは、目のレンズの役割をしている水晶体が白く濁り視覚障害を起こす病気です。
犬では遺伝性疾患であることが多いですが、そのほかに老化や糖尿病、外傷などが原因で水晶体の透明度が落ちて濁ります。
進行すると、視覚が低下し、慣れない環境下では物にぶつかりながら歩くようになります。

乾性角結膜炎(KCS・犬のドライアイ)

乾性角結膜炎(KCS・犬のドライアイ)

Serova_Ekaterina/ Shutterstock.com

犬の乾性角結膜炎(かんせいかくけつまくえん)とは、目の表面が乾き、角膜と結膜に炎症が起きる病気です。
犬の場合は、自分の免疫の異常で涙をつくっている涙腺や瞬膜腺(第三眼瞼腺)が壊されてしまい、涙が出なくなることが多いです。
その他、短頭種のように目が突出しているために、完全にまぶたを閉じることができず、角膜が絶えず露出して乾いてしまったり、涙の成分が悪いため涙が目をしっかりと濡らせなくなってしまったりすることでも起きることがあります。

乾性角結膜炎のパグ

fongleon356/ Shutterstock.com

そのほか、先天性や涙腺異常等に起因することもあります。
症状としては、目やにのほかに、結膜や角膜の充血や浮腫が現れます。
角膜潰瘍を引き起こすと重症化しやすく、最終的には失明する恐れもあります。

瞬膜突出

瞬膜突出

Kim Christensen/ Shutterstock.com

犬の瞬膜突出(しゅんまくとっしゅつ)とは、角膜潰瘍や、ホルネル症候群などで、瞬膜が角膜の上に飛び出して、内側から白い膜が出てきます。

みんなのコメント

きなこママさん
毎朝お散歩のときに目が真っ白なシーズーに 会います。歩くのもやっとなのですが、 飼い主さんとの時間にシーズーは嬉しそうで 心和みます。 犬も健康が1番ですね!

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

関連する情報をもっと見る

「症状」の人気記事RANKING