【獣医師監修】「犬の舌炎」原因や症状、なりやすい犬種、治療方法は?

犬の「舌炎(ぜつえん)」とは、口の中にできた傷や歯垢中の細菌などが原因で舌に炎症が起きる病気です。舌が赤く腫れたり、表面が白くただれたりします。ここでは、犬の舌炎の原因や症状、なりやすい犬種、治療法について解説します。

先生にお聞きしました
藤田 桂一 先生
フジタ動物病院 院長(獣医師)

日本獣医畜産大学(現:日本獣医生命科学大学)大学院 獣医学研究科 修士課程 修了。

1988年に埼玉県上尾市でフジタ動物病院を開院する。

同病院の院長として、獣医師15名、AHT・トリマー・受付31名、総勢46名のスタッフとともに活躍している。

【所属】
日本小動物歯科研究会 会長
公益社団法人 日本獣医学会 評議員
◆財団法人 動物臨床医学会 理事
公益財団法人 動物臨床医学研究所 評議員
日本獣医療倫理研究会(JAMLAS) 理事
NPO法人 高齢者のペット飼育支援獣医師ネットワーク 理事
日本獣医臨床病理学会 評議員
◆社団法人 日本動物病院福祉協会
世界動物病院協会
日本動物病院会
◆小動物臨床研究会さくら会
◆PCM 研究会

その他の会に所属し、研究活動を精力的に行っている。

岩手大学 農学部獣医学科 非常勤講師(2008~2012年)
帝京科学大学 生命環境学部 アニマルサイエンス学科 非常勤講師(2012年~)
日本大学 生物資源科学部 獣医学科 高度臨床獣医学 非常勤講師(2013年~)

【編著】
「基礎から学ぶ小動物の歯科診療 Vol.1」interzoo
「基礎から学ぶ小動物の歯科診療 Vol.2」interzoo
続きを読む
原因

犬の舌炎【原因】

犬の舌炎【原因】

口唇炎や舌炎、口内炎が併発している状態

舌の傷や外傷による炎症

歯との接触による炎症

歯に歯垢や歯石が付着した状態で下顎(したあご)の歯に舌が触れると、歯垢中の細菌が原因となって炎症を起こし、潰瘍(かいよう)をつくることがあります。

アクシデントや異物による傷

喧嘩(けんか)で舌を噛まれたり、異物による外傷で舌が傷ついて発症することもあります。

犬の舌炎【原因】

kriangphrom/ Shutterstock.com

不正咬合(ガムチュアー)による傷

先天的な理由や乳歯遺残(乳歯が抜けず、本来生えるべき場所以外のところに永久歯が生えてしまう症状)などにより起こる不正咬合(ガムチュアー)によって、舌を噛んでしまうことから炎症が生じることがあります。

真菌(カビ)や細菌の感染

レプトスピラ菌やカンジダ真菌などの感染によって舌炎が発症することがあります。

全身性の疾患

糖尿病や腎臓病など全身性疾患の症状のひとつとして、舌に炎症が生じることがあります。

症状

犬の舌炎【症状】

犬の舌炎【症状】

Oleksandr Khalimonov/ Shutterstock.com

犬の舌炎では、以下の症状が見られます。すぐに獣医師に診てもらいましょう。


舌が赤く腫れる
舌の表面が白くただれる
口の中を気にしている
口を引っ掻くような動作をする
口臭の悪化

【獣医師監修】犬の口が臭い。この症状から考えられる原因や病気

大量のよだれ

【獣医師監修】犬のよだれ(唾液)がポタポタ止まらない。この症状から考えられる原因や病気は?

食欲不振

【獣医師監修】犬の食欲不振・犬が食べない。考えられる原因や対処方法は?

.

発症しやすい犬種

犬の舌炎【発症しやすい犬種】

犬の舌炎【発症しやすい犬種】

Mira Arnaudova/ Shutterstock.com

犬の舌炎は、すべての犬種で性別・年齢問わず発症の可能性があります。

診断方法

犬の舌炎【診断方法】

犬の舌炎【診断方法】

Julie Fillol/ Shutterstock.com

視診・触診

犬の舌の炎症状態を、視診・触診によってチェックします。

血液検査

糖尿病や腎臓病など全身の病気の周辺症状として、舌に炎症が生じることがあるため、肝臓や腎臓の機能を確認するために血液検査を実施します。

犬の舌炎【診断方法】

thka/ Shutterstock.com

悪性腫瘍(あくせいしゅよう)の診断のための検査

犬の舌に、ただれや潰瘍(かいよう)を伴うしこりがあったり、出血がある場合には、悪性黒色腫(メラノーマ)や扁平上皮癌(へんぺいじょうひがん)、線維肉腫(せんいにくしゅ)などの口腔内腫瘍(こうくうないしゅよう)の疑いがあります。

このため、犬の舌の炎症が悪性腫瘍に起因するものかどうかを調べる検査を実施します。

細胞診検査

腫瘍が疑われる口腔内の組織に細い注射針を刺して採取した細胞を顕微鏡で観察します。

痛みもほとんどなく、麻酔なしで検査できます。

しかし、一般的に腫瘍が疑われる場合は、細胞診検査よりも病理組織検査を行うほうが、信頼のある結果が得られます。

犬の舌炎【診断方法】

Shine Nucha/ Shutterstock.com

病理組織検査

細胞診検査で腫瘍の診断がつかない症例では、組織を一部切り取り、病理組織検査を行います。

クローン性解析

病理組織検査でも確定が困難な場合には、クローン性解析を行うことがあります。

治療方法

犬の舌炎【治療方法】

犬の舌炎【治療方法】

Donna Ellen Coleman/ Shutterstock.com

犬の舌炎の原因が明らかな場合には、その疾患の治療を優先して行います。

ウイルスに感染している場合

ウイルス感染が疑われる場合や感染が明らな場合は、「インターフェロン」による治療を行うことがあります。

糖尿病や腎臓病の場合

糖尿病や腎臓病など全身性の疾患からくる症状の場合は、それらに対する治療を継続します。

歯に付着した歯垢、歯石が原因の場合

全身麻酔を行い、歯垢、歯石を除去します。

こうした基礎疾患の治療と並行して、感染を抑えるための抗生剤の投与や炎症を緩和するための抗炎症剤を投与することもあります。

予防・対策

犬の舌炎【予防対策】

犬の舌炎【予防対策】

Natali_ Mis/ Shutterstock.com

犬の舌炎を予防するために、口腔内を清潔に保つことが大切です。

普段から歯磨きの習慣を身につけさせてください。

また、糖尿病や腎臓病のような全身性の疾患から起こることもあるため、このような病気の早期発見・早期治療のために、定期的な健康診断を受けるようにしましょう。

犬の1年は、人間では4年に相当します。

若いうちは年に1回の定期健診でも十分かもしれませんが、高齢になればなるほど、健診の機会を増やして、愛犬の健康状態をチェックしてあげることが大切です。

犬の舌炎【予防対策】

David Porras/ Shutterstock.com

犬の舌(舌苔)のお掃除(ブラッシング)は必要?

人間の場合、舌の表面に舌苔(ぜったい)と呼ばれる細菌由来のかたまりが付着しやすいため、これを除去するためのブラッシングを行うことがあります。

しかし、毛づくろいをする犬に舌苔(ぜったい)が付着することはありません。

また、犬の口腔内は、細菌に対する抵抗力が強いため、舌に炎症が起きても治りやすいと言われています。

犬の舌炎と間違えやすい病気

犬の舌炎と間違えやすい病気

sherwood/ Shutterstock.com

犬の悪性黒色腫(メラノーマ)

犬の「悪性黒色種(あくせいこくしょくしゅ)」とは、犬の口腔悪性腫瘍の中でもっとも多く見られる腫瘍です。

口や口唇の粘膜、眼球、皮膚などの色素沈着の見られる部分に発生します。

急速に大きくなり、リンパ節や肺に転移する危険が高い腫瘍です。

犬の扁平上皮癌(へんぺいじょうひがん)

犬の「扁平上皮癌(へんぺいじょうひがん)」とは、悪性の腫瘍で、耳介、鼻、爪の根元、口唇、歯肉などに発生します。

口にできた場合には、よだれや強い口臭が初期症状として現れますが、全身転移することは少ない腫瘍です。

犬の線維肉腫(せんいにくしゅ)

犬の「線維肉腫(せんいにくしゅ)」とは、口の中や顔面、足、乳腺、体幹など、どんな部位にでも発症し、部位によって症状は異なります。

口の中にできると、リンパ節や肺への転移は少ないですが、口の中で比較的大きくなりやすい腫瘍です。


みんなのコメント

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

関連する情報をもっと見る