【獣医師監修】犬の不正咬合(ふせいこうごう)原因や症状、なりやすい犬種、治療方法は?

犬の不正咬合(ふせいこうごう)とは、歯の位置や顎の骨格の異常によって、上下の歯がうまく咬み合っていない状態を言います。「アンダーバイト(アンダーショット)」「オーバーバイト」などと呼ばれる犬の不正咬合は、なぜ起こるのか?今回は、犬の不正咬合の原因や症状、治療方法について解説します。

先生にお聞きしました
藤田 桂一 先生
フジタ動物病院 院長(獣医師)

日本獣医畜産大学(現:日本獣医生命科学大学)大学院 獣医学研究科 修士課程 修了。

1988年に埼玉県上尾市でフジタ動物病院を開院する。

同病院の院長として、獣医師15名、AHT・トリマー・受付31名、総勢46名のスタッフとともに活躍している。

【資格】
獣医師

【所属】
日本小動物歯科研究会 会長
公益社団法人 日本獣医学会 評議員
◆財団法人 動物臨床医学会 理事
公益財団法人 動物臨床医学研究所 評議員
日本獣医療倫理研究会(JAMLAS) 理事
NPO法人 高齢者のペット飼育支援獣医師ネットワーク 理事
日本獣医臨床病理学会 評議員
◆社団法人 日本動物病院福祉協会
世界動物病院協会
日本動物病院会
◆小動物臨床研究会さくら会
◆PCM 研究会

その他の会に所属し、研究活動を精力的に行っている。

岩手大学 農学部獣医学科 非常勤講師(2008~2012年)
帝京科学大学 生命環境学部 アニマルサイエンス学科 非常勤講師(2012年~)
日本大学 生物資源科学部 獣医学科 高度臨床獣医学 非常勤講師(2013年~)

【編著】
「基礎から学ぶ小動物の歯科診療 Vol.1」interzoo
「基礎から学ぶ小動物の歯科診療 Vol.2」interzoo
続きを読む
原因

犬の不正咬合【原因】

犬の正常な咬合と不正咬合

犬の正常な咬合

犬の正常な咬合と不正咬合

犬の正常な咬み合わせは、口を閉じた状態で上顎の切歯がわずかに下顎の切歯を覆い、下顎の犬歯が上顎の切歯と犬歯の間に咬合します。

下顎の前臼歯は上顎の前臼歯の間に交互に入り込みます。

この状態なら、上下の歯はうまく咬み合って、互いの歯を邪魔することはありません。

しかし、上下の歯の位置や顎骨の異常によって、歯がうまく咬み合わないことがあります。

この歯がうまく咬み合わない状態を「不正咬合(ふせいこうごう)」と言います。

犬の不正咬合の原因

cynoclub / PIXTA(ピクスタ)

犬の不正咬合の原因

犬の不正咬合が生じる原因は、歯の位置や顎骨の異常です。

遺伝や外傷、通常の歯の生え変わりの時期を過ぎても、乳歯が存在している状態である「乳歯遺残(にゅうしいざん)」、歯の萌出異常などが考えられます。

歯性不正咬合と骨格性不正咬合

歯の傾斜、転位、回転、歯が重なり合っている「叢生(そうせい)」など、歯の位置の異常によって生じる不正咬合を、「歯性不正咬合(しせいふせいこうごう)」と言います。

また、骨格の異常によって、顎の長さの問題から生じた不正咬合を「骨格性不正咬合(こっかくせいふせいこうごう)」と言います。

症状

犬の不正咬合【症状】

犬の不正咬合【症状】

MVolodymyr/ Shutterstock.com

犬の不正咬合には、以下のような状態が多く見られます。

叢生

叢生

下顎切歯に叢生が認められる

「叢生(そうせい)」とは、歯が一列ではなくガタガタに乱れ、重なって生えている状態です。

叢生によって、歯の回転や転位が生じることもあります。

また、叢生がある犬では、歯の密生により唾液の自浄作用がはたらきにくくなるため、歯垢・歯石が付着しやすく、

前方交叉咬合

前方交叉咬合

左下顎第2、3切歯が上顎切歯よりも前方(唇側)に転位している(矢印部分)

「前方交叉咬合(ぜんぽうこうさこうごう)」とは、1歯あるいはそれ以上の下顎切歯が、上顎切歯よりも前方(唇側)に転位した状態です。

切歯の叢生に伴うことが多く、歯が生えたときに下顎切歯の回転や転位、乳切歯の遺残などが影響していると考えられています。

後方交叉咬合

後方交叉咬合

右上顎第4前臼歯が右下顎第1後臼歯より後方(舌側)に転位している(矢印部分)

「後方交叉咬合(こうほうこうさこうごう)」とは、1歯あるいはそれ以上の上顎前臼歯もしくは上顎後臼歯が、下顎よりも後方(舌側)に転位した状態です。

遺伝、ケガや事故などの顔面への強い衝撃、乳歯遺残、歯の萌出遅延などが原因だと考えられています。

骨格性不正咬合

骨格性不正咬合

犬の骨格性不正咬合の種類

「骨格性不正咬合」とは、先天的あるいは歯の萌出時の異常などによって、上顎と下顎の骨格の長さが不均衡となった状態です。

このうち、下顎が短いか上顎が長い状態を「オーバーバイト(上顎前突)」、下顎が長いか上顎が短い状態を「アンダーバイト(下顎前突)」と言います。

「オーバーバイト」では下顎犬歯が上顎に当たることが多く、多くの場合、治療が必要になります。

フレンチ・ブルドッグパグなどの短頭種は、「アンダーバイト」を正常咬合とみなします。

発症しやすい犬種

犬の不正咬合【発症しやすい犬種】

歯性不正咬合と骨格性不正咬合

iStock.com/Firn

犬の不正咬合を生じやすい犬種については、明らかになっていません。

ただし、「前方交叉咬合」は、下顎の幅が狭いトイ・プードルなどの小型犬に多く見られ、「後方交叉咬合」は、とても狭い上顎骨を持つラフ・コリーイタリアン・グレー・ハウンドなどの長頭種に多く見られることがわかっています。

診断方法

犬の不正咬合【診断方法】 

犬の不正咬合【診断方法】 

dimarik / PIXTA(ピクスタ)

視診により、咬合状態や他の組織を傷つけていないかを確認し、治療が必要かどうかを判断します。

まずは、かかりつけの獣医師へ相談してみましょう。

治療方法

犬の不正咬合【治療方法】

犬の不正咬合の治療目的

plysuikvv- stock.adobe.com

犬の不正咬合の治療目的

犬の不正咬合は、愛犬が快適に過ごせるために治療を行います。

たとえば、不正咬合により、咀嚼困難(そしゃくこんなん)が見られる場合や歯茎などの口腔内を傷つけ、疼痛(とうつう)や炎症が引き起こされている場合に、治療するのです。

また、将来、不正咬合によりこれらの症状を引き起こす可能性がある場合も、子犬のうちに治します。

矯正、抜歯、切断

iStock.com/VioletaStoimenova

矯正、抜歯、切断

歯茎など口腔内の組織への影響(損傷や炎症など)を取り除き、上手に咀嚼(そしゃく)する噛み合わせができるように、矯正や抜歯、切断などの処置が選ばれます。

予防・対策

犬の不正咬合【予防対策】

犬の不正咬合【予防対策】

iStock.com/8thCreator

遺伝による不正咬合を予防するのは難しいですが、ケガや外傷などによる顎骨の骨折や脱臼はある程度予防できます。

愛犬の健康を守ることができるのは飼い主だけです。

犬の顔面に強い力がかかるようなケガや事故が起きないよう、普段から気を付けましょう。

犬の不正咬合と間違えやすい病気 

犬の不正咬合と間違えやすい病気 

dimarik / PIXTA(ピクスタ)

犬の不正咬合と間違えやすい病気はありませんが、犬の歯や口に異常がないか、こまめに愛犬の口の中をチェックしてあげましょう。

みんなのコメント

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

関連する情報をもっと見る

「病気」の人気記事RANKING