【獣医師監修】犬の口腔鼻腔瘻の原因や症状、なりやすい犬種、診断、治療、予防方法は?

犬の口腔鼻腔瘻(こうくうびくうろう)とは、歯周病が進行して、口腔と鼻腔を隔てている歯槽骨が溶けてしまい、口腔と鼻腔が貫通してしまう病気です。くしゃみや鼻水など、犬の鼻の状態に変化が現れて気づくことが多い病気です。ここでは、口腔鼻腔瘻の原因や症状、治療法について解説します。

【獣医師監修】犬の口腔鼻腔瘻の原因や症状、なりやすい犬種、診断、治療、予防方法は?
出典 : iStock.com/herraez
先生にお聞きしました
藤田 桂一 先生
フジタ動物病院 院長(獣医師)

日本獣医畜産大学(現:日本獣医生命科学大学)大学院 獣医学研究科 修士課程 修了。

1988年に埼玉県上尾市でフジタ動物病院を開院する。

同病院の院長として、獣医師15名、AHT・トリマー・受付31名、総勢46名のスタッフとともに活躍している。

【資格】
獣医師

【所属】
日本小動物歯科研究会 会長
公益社団法人 日本獣医学会 評議員
◆財団法人 動物臨床医学会 理事
公益財団法人 動物臨床医学研究所 評議員
日本獣医療倫理研究会(JAMLAS) 理事
NPO法人 高齢者のペット飼育支援獣医師ネットワーク 理事
日本獣医臨床病理学会 評議員
◆社団法人 日本動物病院福祉協会
世界動物病院協会
日本動物病院会
◆小動物臨床研究会さくら会
◆PCM 研究会

その他の会に所属し、研究活動を精力的に行っている。

岩手大学 農学部獣医学科 非常勤講師(2008~2012年)
帝京科学大学 生命環境学部 アニマルサイエンス学科 非常勤講師(2012年~)
日本大学 生物資源科学部 獣医学科 高度臨床獣医学 非常勤講師(2013年~)

【編著】
「基礎から学ぶ小動物の歯科診療 Vol.1」interzoo
「基礎から学ぶ小動物の歯科診療 Vol.2」interzoo
続きを読む
原因

犬の口腔鼻腔瘻【原因】

歯周病が重度に進行

歯周病が重度に進行

iStock.com/IgorChus

歯周病が進行すると、深い歯周ポケットが形成され、歯周組織の炎症が歯の根っこにあたる「根尖(こんせん)」の周囲にまで及ぶことがあります。

さらに進行すると、その周辺の歯槽骨が溶けて吸収され、「瘻管(ろうかん)」と呼ばれるトンネル状の穴ができてしまうことがあります。

犬の口腔鼻腔瘻

犬の口腔鼻腔瘻

犬の口腔と鼻腔を隔てる上顎の歯槽骨は非常に薄く、小型犬では1〜2mm程度しかありません。

上顎の歯の歯根周囲に炎症が及び、歯槽骨が吸収されると、トンネルの出口が鼻腔につながって口腔鼻腔瘻(こうくうびくうろう)を発症します。

症状

犬の口腔鼻腔瘻【症状】

犬の口腔鼻腔瘻【症状】

iStock.com/anakeseenadee

犬の口腔鼻腔瘻(こうくうびくうろう)には、以下のような症状が見られます。

口腔鼻腔瘻(こうくうびくうろう)の症状が見られた場合、すぐ獣医師に診てもらいましょう。

やたらとくしゃみしている

鼻水が止まらない

鼻から出血している

トンネル状の瘻管(ろうかん)が鼻腔に抜けると、口腔内の細菌が鼻腔内に達して、慢性鼻炎を引き起こします。

この慢性鼻炎の症状として、くしゃみや鼻水、あるいは鼻からの出血が見られます。

重度になると、上顎(じょうがく)犬歯などを触れただけでくしゃみが出るようになり、さらに症状が悪化すると、副鼻腔炎や肺炎に至ることもあります。

発症しやすい犬種

犬の口腔鼻腔瘻【発症しやすい犬種】

犬の口腔鼻腔瘻【発症しやすい犬種】

Menghan/ Shutterstock.com

犬の口腔鼻腔瘻は、すべての犬種に発症の可能性があります。

トイ・プードル

ミニチュア・ダックスフンド

統計的には、他の犬種と比べて、特に上記の犬種の発症リスクが高いと言われています。

診断方法

犬の口腔鼻腔瘻【診断方法】 

診断方法①【視診・触診】

診断方法①【視診・触診】

iStock.com/Ирина Мещерякова

歯周病が進んで、罹患(りかん)した歯が脱落した状態では、その部位から鼻腔が目視できるので明らかです。

歯が存在している場合には、歯周プローブを挿入して、鼻腔からの出血が見られる場合には、口腔鼻腔瘻と診断します。

診断方法②【レントゲン検査】

鼻腔への貫通度合いを調べるために、歯周プローブを挿入した状態で、レントゲン検査を実施します。

レントゲン検査では、歯槽骨の吸収を評価することもできます。

診断方法③【CT検査】

CT検査を行うことにより、正面から見た画像が得られるため、口腔鼻腔瘻(こうくうびくうろう)の診断が困難な場合に実施することがあります。

治療方法

犬の口腔鼻腔瘻【治療方法】 

犬の口腔鼻腔瘻【治療方法】 

iStock.com/Chalabala

犬の口腔鼻腔瘻(こうくうびくうろう)は、外科手術で治療することになります。

原因となっている歯を抜歯したうえで、口腔から鼻腔に抜ける瘻管(ろうかん)を、歯肉粘膜や口蓋粘膜(こうがいねんまく)によるフラップ(弁)をつくって閉鎖する(蓋をする)手術を行います。

予防・対策

犬の口腔鼻腔瘻【予防対策】 

犬の口腔鼻腔瘻【予防対策】 

Milante/ Shutterstock.com

犬の口腔鼻腔瘻(こうくうびくうろう)の予防対策ですが、歯石になる前に歯垢(しこう)を除去することが大切であり、そのために日々のホームデンタルケアが何よりも有効です。

愛犬が歯磨きが苦手な場合には、決してあせらずに、徐々にブラッシングに慣れていけるように、褒めながらしつけていきましょう。

とくに口腔鼻腔瘻の予防には、犬歯の内側上部、歯と歯肉の間のブラッシングが有効です。

犬の口腔鼻腔瘻【間違えやすい病気】

犬の鼻腔内腫瘍(びくうないしゅよう)

犬の鼻腔内腫瘍(びくうないしゅよう)

GETSARAPORN/ Shutterstock.com

犬の鼻腔内腫瘍(びくうないしゅよう)とは、鼻腔内にできる病気で、特に、高齢犬に多い病気です。

鼻腔腺癌やリンパ腫が多く認められ、一番多いのが腺癌です。

原因は不明ですが、くしゃみ、鼻汁、出血が見られ、進行すると鼻を中心とした顔面変形、呼吸困難が起こります。

犬の慢性鼻炎(まんせいびえん)

犬の慢性鼻炎(まんせいびえん)とは、鼻の粘膜の炎症である鼻炎が慢性化した状態です。

膿(うみ)のような鼻汁や鼻涙管閉塞(びるいかんへいそく)による目やにが現れます。

悪化すると、副鼻腔炎(ふくびくうえん)だけでなく、鼻の骨が溶け、鼻が変形したり、脳神経症状が起きる恐れもあります。

犬の真菌性鼻炎(しんきんせいびえん)

犬の真菌性鼻炎(しんきんせいびえん)

iStock.com/fongleon356

犬の真菌性鼻炎(しんきんせいびえん)とは、アスペルギルスやクラミジア、クリプトコッカスなどの真菌に感染することで起こる鼻炎です。

くしゃみや鼻汁、発熱などが現れます。

子犬の場合、進行して肺炎になることもあるため、注意が必要です。

この他、歯周病由来ではない鼻炎や鼻腔内異物による疾患と間違われることがあります。

愛犬に口腔鼻腔瘻(こうくうびくうろう)の症状が見られた場合、すぐ獣医師に診てもらいましょう。

みんなのコメント

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

関連する情報をもっと見る

「TOP」の人気記事RANKING