【獣医師監修】犬の口の中にできものがある。この症状から考えられる原因や病気は?

飼い主のみなさんが、愛犬の口の中をじっくりと観察する機会は、決して多くはないと思います。それでも、歯磨きをしている時や、大きなあくびをしている時に、口の中にできものを発見したなら、どうすればよいのでしょうか。ここでは、獣医師が原因と対処法について解説します。

先生にお聞きしました
藤田 桂一先生
フジタ動物病院院長、獣医師

日本獣医畜産大学大学院獣医学研究科修士課程修了。1988年に埼玉県上尾市でフジタ動物病院を開院する。同病院の院長として、獣医師15名、AHT・トリマー・受付31名、総勢46名のスタッフとともに活躍している。

日本小動物歯科研究会会長、(社)日本獣医学会評議員、(財)動物臨床医学会理事、(公財)動物臨床医学研究所評議員、日本獣医療倫理研究会理事、 (NPO法人)高齢者のペット飼育支援獣医師ネットワーク理事、日本獣医臨床病理学会評議員、(社)日本動物病院福祉協会、世界動物病院協会、日本動物病院会、小動物臨床研究会さくら会、PCM 研究会、その他の会に所属し、研究活動を精力的に行っている。また、岩手大学農学部獣医学科非常勤講師(2008~2012年)、帝京科学大学生命環境学部アニマルサイエンス学科非常勤講師(2012年~)日本大学生物資源科学部獣医学科高度臨床獣医学非常勤講師(2013年~)もつとめている。
続きを読む

犬の口の中にできものがある【考えられる原因】

口腔内の炎症

口腔内の炎症

alexei_tm/ Shutterstock.com

犬の口内の炎症、とくに歯肉の炎症により、赤く腫れたり、潰瘍などの症状が見られます。

この状態を見て、できものができたと感じることもあるでしょう。歯の表面に歯垢・歯石が付着していて口臭があることも。

こうした口腔内の炎症が、さらに外歯瘻(がいしろう)や内歯瘻(ないしろう)、口腔鼻腔瘻(こうくうびくうろう)、
あごの骨折などの大きな病気につながることもあるので、普段から愛犬の食べている様子や口の中をチェックしてあげることが大切です。

口腔内の腫瘍

口腔内の腫瘍

DimaBerlin/ Shutterstock.com

口腔内のできものには、腫瘍の疑いもあります。腫瘍には良性と悪性とがあり、良性の腫瘍は転移の可能性は低いですが、悪性の腫瘍は急速に大きくなり、転移する恐れがあります。

良性なのか悪性なのかは、見た目だけで判断することはできないので、病院で組織検査をする必要があります。

犬の口の中にできものがある【こんな場合は要注意!】

犬の口の中にできものがある【こんな場合は要注意!】

Annette Shaff/ Shutterstock.com

犬の口の中にできものがある場合は、なんらかの病気の恐れがあるので病院で診てもらいましょう。

犬の口の中にできものがある【この症状で考えられるおもな病気】

犬の口内炎

犬の口内炎

marich/ Shutterstock.com

口内の炎症の総称で、口腔内の異物の存在、頬の粘膜に歯垢が付いた歯面が接したことによるもの、糖尿病や腎臓病、免疫疾患などさまざまな原因で起こります。
口腔粘膜に発赤や潰瘍が見られたり、よだれや強い口臭、食欲不振等が見られます。

犬の歯周病

犬の歯周病

MRAORAOR/ Shutterstock.com

歯垢中の細菌が歯面に付着して、歯周組織(歯肉、セメント質、歯根膜、歯槽骨)が炎症を起こす病気で、3歳以上の成犬・成猫の約80%が歯周病をもっていると言われています。
歯肉にだけ炎症を起こす歯肉炎とその他の歯周組織まで炎症が及んだ歯周炎を総称したものを「歯周病」と呼びます。

犬の慢性腎不全

犬の慢性腎不全

eva_blanco/ Shutterstock.com

腎臓の一部であるネフロンが破壊され、腎機能が徐々に低下し、機能不全になる病気です。
はっきりとした症状はなく、食欲低下や体重減少、多飲多尿が見られます。

犬のエプーリス(エプリス、歯肉腫)

犬のエプーリス(エプリス、歯肉腫)

Jaromir Chalabala/ Shutterstock.com

歯肉に良性の腫瘤ができる病気です。
慢性の歯周病から生じた反応性の病変です。
通常は一般症状を現わさないことが多く、転移の恐れはありません。

犬の悪性黒色腫(メラノーマ)

犬の悪性黒色腫(メラノーマ)

Rosa Jay/ Shutterstock.com

口の粘膜や舌、眼球など、皮膚と粘膜が接する部位にできます。
口の中にできると急速に大きくなり、リンパ節や肺に転移する危険が高い腫瘍です。
犬の悪性腫瘍でもっとも多い病気です。

犬の扁平上皮癌

犬の扁平上皮癌

nineyoii/ Shutterstock.com

悪性の腫瘍で、鼻の先端や爪の根元、口唇など色素沈着のある部位に発症します。
口の中にできると、よだれや強い口臭がありますが、リンパ節や肺への転移は少ないです。

犬の線維肉腫

犬の線維肉腫

Lucia Romero/ Shutterstock.com

口の中や顔面、足、乳腺、体幹など、どんな部位にでも発症し、部位によって症状は異なります。
口の中にできると、リンパ節や肺への転移は少ないですが、口の中で比較的大きくなりやすい腫瘍です。

犬の全身性エリテマトーデス(全身性紅斑性狼瘡、SLE)

犬の全身性エリテマトーデス(全身性紅斑性狼瘡、SLE)

fongleon356/ Shutterstock.com

免疫異常により、自分の体組織を攻撃する自己免疫疾患です。
食欲不振や発熱、脱毛、紅斑、浮腫、腹水など全身にさまざまな症状が現れます。
紫外線やストレスが悪化させると言われています。

犬の天疱瘡(てんぽうそう)

犬の天疱瘡(てんぽうそう)

fetrinka/ Shutterstock.com

自己免疫性疾患のひとつで、本来であれば守るべき細胞と細胞の結合部位を内部から攻撃し、水疱やかさぶたなどの皮膚症状を引き起こします。
症状によって、落葉性・紅班性・尋常性・増殖性の4種に分類できます。

【腫瘍科認定獣医師監修】犬の口の中にしこり・できものがある。原因や症状、病気は?

【口腔専門獣医師監修】犬が口をくちゃくちゃしている。原因や症状、おもな病気は?

【口腔専門獣医師監修】犬が口のまわりをずっと舐めている。原因や症状、おもな病気は?

みんなのコメント

ライトのママさん
実家で飼っていたヨークシャーテリアに口内炎ができ、ご飯を食べるときに痛がっていたのを思い出しました。口内炎は犬も痛そうですよね…

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

関連する情報をもっと見る

「症状」の人気記事RANKING