【獣医師監修】犬の乳歯遺残 原因や症状、なりやすい犬種、治療方法は?

犬の乳歯遺残(にゅうしいざん)とは、通常の歯の生え変わりの時期を過ぎても乳歯が存在している状態を言います。ここでは、犬の乳歯遺残の原因や症状、治療方法について解説します。

先生にお聞きしました
藤田 桂一 先生
フジタ動物病院 院長(獣医師)

日本獣医畜産大学(現:日本獣医生命科学大学)大学院 獣医学研究科 修士課程 修了。

1988年に埼玉県上尾市でフジタ動物病院を開院する。

同病院の院長として、獣医師15名、AHT・トリマー・受付31名、総勢46名のスタッフとともに活躍している。

【資格】
獣医師

【所属】
日本小動物歯科研究会 会長
公益社団法人 日本獣医学会 評議員
◆財団法人 動物臨床医学会 理事
公益財団法人 動物臨床医学研究所 評議員
日本獣医療倫理研究会(JAMLAS) 理事
NPO法人 高齢者のペット飼育支援獣医師ネットワーク 理事
日本獣医臨床病理学会 評議員
◆社団法人 日本動物病院福祉協会
世界動物病院協会
日本動物病院会
◆小動物臨床研究会さくら会
◆PCM 研究会

その他の会に所属し、研究活動を精力的に行っている。

岩手大学 農学部獣医学科 非常勤講師(2008~2012年)
帝京科学大学 生命環境学部 アニマルサイエンス学科 非常勤講師(2012年~)
日本大学 生物資源科学部 獣医学科 高度臨床獣医学 非常勤講師(2013年~)

【編著】
「基礎から学ぶ小動物の歯科診療 Vol.1」interzoo
「基礎から学ぶ小動物の歯科診療 Vol.2」interzoo
続きを読む
原因

犬の乳歯遺残【原因】

hotto's Content

犬の乳歯と永久歯

通常の生え変わり

一般に、犬では生後3週目から乳歯が萌出(ほうしゅつ)し、生後6〜7ヵ月で永久歯に生え変わります。

永久歯の歯根の一部が形成される時期になると、乳歯歯根の吸収が始まり、乳歯は脱落します。

犬歯の場合は、永久犬歯の歯冠が萌出して、その長さが乳犬歯の歯冠の高さの約1/2〜2/3になった時期に乳犬歯が脱落します。

切歯や臼歯では、永久歯と乳歯が併存する期間はわずか数日ですが、上顎犬歯では約1〜2週間、下顎犬歯では約1週間併存します。

通常の生え変わり

Yana Kiselyova/ Shutterstock.com

乳歯遺残とは

通常の併存期間を過ぎても、乳歯が残存している場合に乳歯遺残となります。

乳歯歯根が吸収されず、あるいは一部が吸収されても乳歯と永久歯が同時に併存する混合歯列の時期が長い場合に乳歯遺残が生じます。

犬では、乳犬歯と乳切歯が遺残する傾向が高いとされています。

症状

犬の乳歯遺残【症状】

犬の乳歯遺残【症状】

右上顎犬歯の乳歯遺残が認められます

歯の生え変わりの時期を過ぎても、永久歯とは違う形状の乳歯が残存している状態なので、見てわかります。

また、犬の乳歯遺残によって、以下のような影響があります。

不正咬合

乳歯と永久歯が併存して2週間以上経過した場合や、乳歯遺残によって永久歯の萌出が2週間以上妨げられた場合に、不正咬合が生じるとの報告があります。

歯周病の進行

乳歯遺残によって、永久歯と乳歯が隙間なく存在することで、歯垢・歯石が沈着しやすい状態となり、歯周病の症状が現れます。

発症しやすい犬種

犬の乳歯遺残【発症しやすい犬種】

犬の乳歯遺残【発症しやすい犬種】

PITAKSUNTI/ Shutterstock.com

犬の乳歯遺残は、すべての犬種に発症の可能性がありますが、統計的には、他の犬種と比べてとくに以下のような小型犬種の発症リスクが高いと言われています。

チワワ
トイプードル
ポメラニアン
マルチーズ

診断方法

犬の乳歯遺残【診断方法】

犬の乳歯遺残【診断方法】

Anna Tronova/ Shutterstock.com

永久歯と乳歯では、その形状や大きさが異なるため、視診によって診断します。

また、口腔内X線検査で永久歯か乳歯かが判別できます。

治療方法

犬の乳歯遺残【治療方法】

犬の乳歯遺残【治療方法】

YAKOBCHUK VIACHESLAV/ Shutterstock.com

歯の交換時期を過ぎても乳歯が脱落しないようなら、永久歯を損傷させないためにも、速やかに乳歯を抜歯する必要があります。

抜歯は、全身麻酔下で行います。

予防・対策

犬の乳歯遺残【予防対策】

犬の乳歯遺残【予防対策】

Billion Photos/ Shutterstock.com

犬の乳歯遺残の予防法はありません。

乳歯遺残とわかった段階での適切な診断と治療が必要です。

犬の乳歯遺残と間違えやすい病気 

犬の過剰歯

sanjagrujic/ Shutterstock.com

犬の過剰歯

犬の過剰歯(かじょうし)とは、遺伝的な障害や歯の発育過程の障害によって引き起こされる歯の異常です。

原因は明らかになっていません。

遺伝的な障害では、歯胚の形成時期に歯胚の過形成あるいは分裂が生じて、過剰歯が発生すると考えられています。

みんなのコメント

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

関連する情報をもっと見る