【獣医師監修】犬の歯肉炎 原因や症状、なりやすい犬種、治療方法は?

犬の「歯肉炎(しにくえん)」とは、歯肉(口腔粘膜の一部で、歯と接触している部分の組織)に炎症が生じた状態を言います。歯肉炎をそのまま放置していると、炎症が歯肉から他の歯周組織へと広がり、歯を支える歯槽骨にまで及ぶことになります(=歯周炎)。ここでは、犬の歯肉炎の原因や症状、治療法について解説します。

先生にお聞きしました
藤田 桂一先生
フジタ動物病院院長、獣医師

日本獣医畜産大学大学院獣医学研究科修士課程修了。1988年に埼玉県上尾市でフジタ動物病院を開院する。同病院の院長として、獣医師15名、AHT・トリマー・受付31名、総勢46名のスタッフとともに活躍している。

日本小動物歯科研究会会長、(社)日本獣医学会評議員、(財)動物臨床医学会理事、(公財)動物臨床医学研究所評議員、日本獣医療倫理研究会理事、 (NPO法人)高齢者のペット飼育支援獣医師ネットワーク理事、日本獣医臨床病理学会評議員、(社)日本動物病院福祉協会、世界動物病院協会、日本動物病院会、小動物臨床研究会さくら会、PCM 研究会、その他の会に所属し、研究活動を精力的に行っている。また、岩手大学農学部獣医学科非常勤講師(2008~2012年)、帝京科学大学生命環境学部アニマルサイエンス学科非常勤講師(2012年~)日本大学生物資源科学部獣医学科高度臨床獣医学非常勤講師(2013年~)もつとめている。
続きを読む

犬の歯肉炎とは

犬の歯肉炎【原因】

Ermolaev Alexander/ Shutterstock.com

犬の歯肉の構造

歯肉炎は、歯の表面に付着した「歯垢(プラーク)」中の細菌によって歯肉に起きる炎症です。

歯と歯肉の間には歯肉溝という溝がありますが、ここに歯垢が蓄積することによって、歯垢に含まれる細菌が歯肉に侵入し、歯肉に炎症が生じます。

犬の歯肉の構造

犬の歯肉の構造

歯垢ができるまでの仕組み

歯肉炎のメカニズムをより深く理解するためには、歯垢ができるまでの仕組みについても知っておいたほうがよいでしょう。

歯垢の形成や増加が、歯肉炎の発症、さらには悪化を招くことになります。

犬の歯肉炎になる仕組み

犬の歯肉炎になる仕組み

唾液由来の膜「ペリクル」

ペリクルとは唾液由来の糖やタンパクでできた薄い膜のことです。

ペリクルが歯に形成されると、そこに細菌等が付着しやすくなり、歯垢発生の足がかりになります。

ペリクル上に形成される「歯垢(プラーク)」

ペリクル上に口腔内の細菌や唾液中のタンパク質、食べかす等が付着し、歯垢(プラーク)を形成します。

この歯垢中の細菌が原因となって、歯肉に炎症が起こった状態を「歯肉炎」と言います。

歯と歯肉の間には、もともと歯肉溝という溝がありますが、歯肉に炎症が起きて歯肉が腫れると、この溝が深くなって歯肉ポケットができます。

「歯石」は、歯垢が石灰化したもの

歯垢に唾液中のカルシウムやリンが取り込まれて石灰化したものを歯石と言います。

犬の場合、歯垢を放置して3日〜5日が経過すると歯石になります。

これは、犬の唾液はアルカリ性で、カルシウムやリンが石灰化しやすいためです。

また、歯石の表面はざらざらしているため、その上にさらに歯垢が付着しやすくなります。

歯石が歯垢の沈着、蓄積を助長し、その歯垢が歯石となり歯石の層が厚くなり、さらにその上に歯垢が付着していき、それが層状に厚くなり、歯肉の炎症をさらに悪化させます。

原因

犬の歯肉炎【原因】

歯肉炎を誘発する原因

martin gallagher/ Shutterstock.com

このように犬の歯肉炎は、歯垢中の細菌が歯肉に入り込むことが原因ですが、その誘因として、歯並びがよくない、乳歯が残っている、歯磨きができていないこと、加齢、他の疾患による免疫力の低下などが挙げられます。

症状

犬の歯肉炎【症状】

犬の歯肉炎【症状】

歯肉炎になっている状態。歯に軽度の歯垢・歯石が沈着して、歯に接している歯肉部分にわずかな腫れが見られる。

歯垢に含まれる細菌が原因で、歯に接する歯肉が炎症を起こして赤く腫れます。

また、歯垢中のタンパク質やアミノ酸が、細菌によって分解されて揮発性のガスが発生することによって口臭が生じます。

病気を発症しやすい犬種

犬の歯肉炎【発症しやすい犬種】 

犬の歯肉炎【発症しやすい犬種】 

kudrashka-a / Shutterstock.com

歯肉炎は1歳未満から始まりますが、中高齢の犬によく見られます。

とくに、乳歯がずっと残っていたり、顎の大きさに比べて歯が大きく歯と歯の間の隙間が少ない小型犬が発症しやすいのは、歯間に唾液が行き届かず、歯垢が蓄積しやすいからだと考えられています。

診断方法

犬の歯肉炎【診断方法】

犬の歯肉炎【診断方法】

Kalamurzing/ Shutterstock.com

視診

歯肉の炎症の程度や歯垢や歯石の付着状態を把握するために、肉眼で観察します。

エキスプローラーによる検査

エキスプローラー(探針)を用いて、歯垢・歯石の付着状態を検査します。

エキスプローラーによる検査

エキスプローラー(探針)で歯垢・歯石の付着状態をチェック。写真では、重度に歯垢・歯石が付着しています。

プロービング

歯肉炎の進行度合いを知るために、歯周プローブという器具を使って歯肉ポケット内を触診し、ポケットの深さを測ります。

「歯周プローブ」という器具をポケット内で動かしながら、360度測定します。

歯垢・歯石の付着が重度の場合には、大まかに歯垢・歯石を除去した後にこの検査を行います。

プロービング

歯周ブローブで歯肉ポケットの深さをチェック。歯垢・歯石を除去してからポケットを測定している。写真は歯肉ポケットから歯周ポケットに移行している。

レントゲン検査

口腔内の炎症の程度を調べるために歯周病の検査を行います。

炎症が進行している状態だと、歯を支えている歯槽骨が吸収されて(溶けて)、歯周炎になります。

治療方法

犬の歯肉炎【治療方法】

犬の歯肉炎【治療方法】

スケーラーを使った歯垢・歯石の除去。

歯肉炎の段階では、歯垢、歯石を除去することによって、炎症も落ち着き、治癒に向かいます。

この歯垢、歯石の除去には、全身麻酔で「スケーラー」と言う先端が鋭利な器具を用い、歯垢、歯石の除去を行います。

その後に、歯の表面をつるつるに磨きます(ポリッシング)。

予防・対策

犬の歯肉炎【予防対策】

犬の歯肉炎【予防対策】

LittleMiss/ Shutterstock.com

歯肉炎の予防には、歯石になる前に歯垢を除去することが大切であり、そのために日々のホームデンタルケアが何よりも有効です。

愛犬が歯磨きが苦手な場合には、決してあせらずに、徐々にブラッシングに慣れていけるように、褒めながらしつけていきましょう。

犬の歯肉炎と間違えやすい病気

犬の歯肉炎と間違えやすい病気

stock_photo_world/ Shutterstock.com

犬の歯肉炎と間違えやすい病気はとくにありませんが、犬の歯周炎まで進行しているかどうかが気になるところです。

みんなのコメント

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する