【獣医師監修】「犬の口蓋裂(こうがいれつ)」原因や症状、なりやすい犬種、治療方法は?

犬の口蓋裂(こうがいれつ)とは、胎生期(母親の胎内にいる時)に分断されるはずの口腔と鼻腔が、口蓋の欠損によってつながった状態です。口蓋の裂開(れっかい)のほとんどは、口蓋の中心線上に見られます。ここでは、犬の口蓋裂の原因や症状、治療法について解説します。

先生にお聞きしました
藤田 桂一 先生
フジタ動物病院 院長(獣医師)

日本獣医畜産大学(現:日本獣医生命科学大学)大学院 獣医学研究科 修士課程 修了。

1988年に埼玉県上尾市でフジタ動物病院を開院する。

同病院の院長として、獣医師15名、AHT・トリマー・受付31名、総勢46名のスタッフとともに活躍している。

【所属】
日本小動物歯科研究会 会長
公益社団法人 日本獣医学会 評議員
◆財団法人 動物臨床医学会 理事
公益財団法人 動物臨床医学研究所 評議員
日本獣医療倫理研究会(JAMLAS) 理事
NPO法人 高齢者のペット飼育支援獣医師ネットワーク 理事
日本獣医臨床病理学会 評議員
◆社団法人 日本動物病院福祉協会
世界動物病院協会
日本動物病院会
◆小動物臨床研究会さくら会
◆PCM 研究会

その他の会に所属し、研究活動を精力的に行っている。

岩手大学 農学部獣医学科 非常勤講師(2008~2012年)
帝京科学大学 生命環境学部 アニマルサイエンス学科 非常勤講師(2012年~)
日本大学 生物資源科学部 獣医学科 高度臨床獣医学 非常勤講師(2013年~)

【編著】
「基礎から学ぶ小動物の歯科診療 Vol.1」interzoo
「基礎から学ぶ小動物の歯科診療 Vol.2」interzoo
続きを読む
原因

犬の口蓋裂【原因】

事故などの外傷による口蓋の欠損

口蓋正中(中心線上)に口蓋裂が認められます

遺伝や母体の胎内環境が原因

口蓋裂(こうがいれつ)のほとんどは、先天性の疾患であり、その原因として、遺伝や子宮内での外傷やストレス、胎内でのウイルス感染、妊娠中の母体へのステロイド製剤の投与などが指摘されていますが、はっきりとした原因は解明されていません。

ただし、口蓋裂を認めた場合には、口蓋だけを診てもらうのではなく、遺伝的要因を考慮して、口蓋裂以外の先天性疾患が存在していないかを確認してもらうことが大切です。

事故などの外傷による口蓋の欠損

口蓋裂は、後天的に発症することもあります。

けんかによる咬傷(こうしょう)や交通事故、高所からの落下事故などが原因で引き起こされます。

犬の口蓋は弱い組織で、強い衝撃を受けることによって裂開してしまいます。

症状

犬の口蓋裂【症状】

犬の口蓋裂【症状】

Liukov/ Shutterstock.com

犬の口蓋裂には、以下のような症状が見られます。

くしゃみや鼻水が多い
いつも咳をしている
呼吸が早い、速いがつらそう
哺乳がうまくできない
うまく食べられない
成長不良

さらに口蓋裂では、誤嚥性(ごえんせい)の気道感染から肺炎が生じることもあります。

発症しやすい犬種

犬の口蓋裂【発症しやすい犬種】

犬の口蓋裂【発症しやすい犬種】

Hollysdogs/ Shutterstock.com

犬の口蓋裂は、すべての犬種に発症の可能性がありますが、統計的には、他の犬種と比べてとくに以下の犬種(短頭種)に発症リスクが高いと言われています。

ブルドッグ
ペキニーズ
・ボストンテリア

診断方法

犬の口蓋裂【診断方法】 

犬の口蓋裂【診断方法】 

4 PM production/ Shutterstock.com

問診

飼い主への問診を行い、症状を確認し、先天的なものか後天的なものかを判断します。

先天的な口蓋裂では、生後数日で、授乳困難や鼻孔からの逆流が認められるため、飼い主がそれに気づいて受診することが多いようです。

治療方法

犬の口蓋裂【治療方法】 

犬の口蓋裂【治療方法】 

Pressmaster/ Shutterstock.com

口蓋の外科的再建術

外科手術を行い、裂開した口蓋を修復します。

裂開した口蓋を切開し、新鮮な組織にして縫合し、鼻腔と口腔を分断する難易度の高い手術になります。

口蓋裂では、哺乳障害や誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)などを引き起こすことから、早期に外科的修復を行う必要があります。

麻酔薬の投与が可能になる生後2〜3ヵ月には手術を行います。

それまでは、哺乳時の乳汁が鼻腔へと流れ込むことのないように管理することが大切です。

予防・対策

犬の口蓋裂【予防対策】 

犬の口蓋裂【予防対策】 

Jagodka/ Shutterstock.com

口蓋裂のほとんどが先天性の疾患のため、予防法はとくにありません。

妊娠中の外傷やストレス、ウイルス感染、ステロイド製剤の投与を避けるようにしましょう。

犬の口蓋裂と間違えやすい病気

犬の口蓋裂と間違えやすい病気

Katho Menden/ Shutterstock.com

犬の口蓋裂と間違えやすい病気はとくにありませんが、口蓋裂と併発しやすい口唇裂についても気になるところです。

こちらの記事も読んでみてください。

【獣医師監修】犬の口唇裂 原因や症状、なりやすい犬種、治療方法は?

みんなのコメント

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

関連する情報をもっと見る

「病気」の人気記事RANKING