【獣医師監修】犬が咳をしている。この症状から考えられる原因や病気は?

犬の咳は重篤な病気の初期症状であることがあります。そこには意外な原因が潜んでいるかもしれません。

先生にお聞きしました
小林 豊和 先生
グラース動物病院院長、帝京科学大学生命環境学部 准教授(獣医師・獣医学博士)

日本大学大学院獣医学研究科修了 博士(獣医学)

【所属】
公益社団法人 東京都獣医師会杉並支部 会員
JPMA(社)日本ペットマッサージ協会 理事
ペットシッタースクール(ビジネス教育連盟) 講師
ペット栄養管理士(日本ペット栄養学会認定)
日本獣医皮膚科学会 会員
日本小動物歯科研究会 会員
日本ペット栄養学会 会員
◆産業カウンセラー(一般社団法人 日本産業カウンセラー協会認定)
◆ヒューマン・アニマル・ネイチャー・ボンド(HANB)教育マスターインストラクター(日本ヒューマン・アニマル・ネイチャー・ボンド・ソサエティ認定)

「最良のホスピタリティと獣医療を提供する」をミッションに、地域や飼い主のニーズに応えている。
犬の食事についての造詣も深い。

【著書】
イラスト、写真でよくわかる 愛犬の育て方~選び方・しつけ・飼い方・健康管理~」(新星出版社)
年をとった愛犬と幸せに暮らす方法」(WAVE出版)
愛犬健康生活BOOK 5歳からはじめる病気と介護」(主婦と生活社)

【監修】
愛犬の介護ガイドBOOK」(文化出版局)
ほか



続きを読む

犬が咳をしている【考えられる原因】

犬が咳をする原因としては次のようなものが挙げられます。

生理反応による咳

生理反応による咳

Samoilova Helen/ Shutterstock.com

異物が口から入り、咽喉頭部(いんこうとうぶ)を通る時に、生理反応として咳が出ることがあります。

感染症

感染症

Serhii Bobyk/ Shutterstock.com

人間の風邪と同様に「犬の風邪」と呼ばれるケンネルコフや、大病であるジステンバーなどの感染症が考えられます。

心臓の疾患

心臓の疾患

MitchyPQ/ Shutterstock.com

夜中や明け方に咳をする場合は心臓の病気を疑います。

放置してしまうと、急にグッタリしてしまうこともあるので、早めに病院に連れて行きましょう。

呼吸器の疾患

呼吸器の疾患

Orawan Pattarawimoncha/ Shutterstock.com

気管支炎や肺炎によって咳が認められることもあります。

また気管虚脱が原因であることも。呼吸器の障害による咳であれば、時間を選ばず一日中出ます。

アレルギー反応

アレルギー反応

Jana Horova/ Shutterstock.com

人と同様に、犬も、アレルギー反応で咳が出ることがあります。

犬が咳をしている【こんな症状は要注意!】

犬が咳をしている【こんな症状は要注意!】

Nestor Rizhniak/ Shutterstock.com

以下の症状が見られる場合は、病気の恐れがあるので病院で診てもらいましょう。

咳が長時間・長期間続く
血を吐いた
明らかに苦しそう
舌の色が紫色になっている(チアノーゼ)

ほかにも、咳と似ているために飼い主が気づきづらい症状として、「ゲッゲッ」と吐き出すような仕草をすることがありますが、これは「僧房弁閉鎖不全(そうぼうべんへいさふぜんしょう)」による咳の特徴です。

犬が咳をしている【この症状で考えられるおもな病気】

犬のケンネルコフ(犬風邪、犬伝染性気管支炎)

犬のケンネルコフ(犬風邪、犬伝染性気管支炎)

Ezzolo/ Shutterstock.com

犬のケンネルコフ(犬風邪、犬伝染性気管支炎)とは、ウイルスや細菌が原因で起きる、咳が長く続く伝染性呼吸器疾患です。

初期には乾燥した咳や発熱が現れ、抵抗力が衰えている場合は、高熱や肺炎を引き起こし、死に至ることもあります。

犬のジステンバー

犬のジステンバー

Jagodka/ Shutterstock.com

犬のジステンバーとは、犬ジステンパーウイルスの感染症です。感染力が強く、死亡率も高いため、ワクチン未接種の犬は注意が必要です。

発熱や咳くしゃみ、下痢、けいれんなどの神経症状が現れることもあります。

犬の気管虚脱(きかんきょだつ)

犬の気管虚脱

LightField Studios/ Shutterstock.com

犬の気管虚脱(きかんきょだつ)とは、気管がつぶれ、呼吸困難になる病気です。

先天的に気管の軟骨が弱かったり、気管周囲の筋肉が肥満や加齢で弱まると気管がつぶれ、空気の通りが悪くなります。

呼吸が荒くなり、乾いた咳が出ることもあります。


犬の気管支炎(きかんしえん)

犬の気管支炎

Fullhapp/ Shutterstock.com

犬の気管支炎(きかんしえん)とは、気管に炎症が起きる病気です。

ウイルスや寄生虫の感染、ハウスダストやタバコなどの化学物質、誤飲等が原因で起こります。

咳や食欲不振、元気消失のほか、重症になると呼吸困難を引き起こすこともあります。

犬の肺炎(はいえん)

犬の肺炎

MilsiArt/ Shutterstock.com

犬の肺炎(はいえん)とは、気管支や肺胞などの肺組織に炎症が起きる病気です。

細菌や真菌、寄生虫などの感染のほか、吸い込んだ薬物やガス等が原因になることもあります。

ひどい咳や鼻水、呼吸困難を引き起こし、死に至る恐れもあります。

犬の僧房弁閉鎖不全(そうぼうべんへいさふぜんしょう)

犬の僧房弁閉鎖不全

eva_blanco/ Shutterstock.com

犬の僧房弁閉鎖不全(そうぼうべんへいさふぜんしょう)とは、心臓の左心房と左心室の間にある僧帽弁がきちんと閉じなくなり、血液が逆流する状態です。

運動したり興奮すると咳が現れ、悪化すると呼吸困難に陥ります。
また、毛細血管から血液中の水分が漏れ、肺水腫になることもあります。

みんなのコメント

こほんこほんさん
咳の時間帯によって 心臓病のおそれがあるなんて 初めて知りました。 寒い時期だからこそ、もっと犬の体調を 心配してあげたいと思いました。

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

関連する情報をもっと見る

「症状」の人気記事RANKING