犬に牛乳を飲ませてはいけないの?牛乳に関する正しい知識【獣医師監修】

牛乳を飲ませてはいけないと言われていますがそれは本当でしょうか? 愛犬のために正しい知識を身につけましょう。

犬に牛乳を飲ませてはいけないの?牛乳に関する正しい知識【獣医師監修】
出典 : NaturalBox / Shutterstock.com

よくある誤解その1:犬に牛乳を与えると「下痢になりやすい」

Javier Brosch/ Shutterstock.com

ラクターゼという消化酵素が少なく、お腹を下してしまうと言われています。

子犬のうちは母乳に入っている乳糖を処理するために一定量の酵素がありますが、成長とともに少なくなっていくそうです。
しかし、下痢になるほど問題になることはほとんどないでしょう。少々与えた程度で気にする必要はありません。
どうしても気になる場合は犬用のミルクを与えるようにしましょう。

よくある誤解その2:犬に牛乳を与えると「アレルギーになる可能性」がある

Scherbinator/ Shutterstock.com

もちろんアレルギーになる可能性はあります。ただこれは全ての食品に対して言えることであり、牛乳だけを過剰に心配する必要はありません。
牛乳アレルギーを持っている子の場合は少し飲んだだけでも敏感に反応、発疹や腫れといった皮膚症状が出てくることもあります。腸の粘膜まで反応が広がることで、腹痛・嘔吐・下痢といった症状を起こす子もいるようです。

初めて飲んだ時には問題なくても、ある日突然アレルギーになってしまうケースもないとは言い切れません。そのため、飼い主さんが側にいられないタイミングでは飲ませないなど、リスクヘッジが必要でしょう。お腹が緩い、皮膚をかゆがるなど気になる症状が出てしまったら、獣医さんの判断をあおぎます。

愛犬が牛乳を飲んでしまった時の対処法

Joop Snijder Photography/ Shutterstock.com

特に問題がないので気にする必要はありません。どうしても気になる場合はかかりつけ医に相談をしてみましょう。

牛乳は大丈夫ですが、犬にとっては負担が大きい飲み物・食べ物を知らないままあげてしまうと危険です。
愛犬に元気で長生きしてもらうためにも正しい知識を持ち、食生活を管理しましょう。

健康なカラダを維持するためには、栄養バランスのとれた食事が欠かせません。分からないことは獣医さんに相談するなど対策をきちんと行い、ペットライフに役立てましょう。

◎犬用カッテージチーズの作り方

犬と一緒に食べることのできる牛乳を利用したレシピの紹介です。

【材料】牛乳250cc・レモン汁もしくは酢 大さじ1杯
1. 小さな鍋に牛乳を入れて、約60℃まで温めます。細かい泡がぶくぶく出てくるくらいを目安にして、沸騰させないように気をつけましょう。
2. 鍋の中にレモン汁もしくは酢を入れて、ゆっくりとかき混ぜます。
3. 15分くらい置いた後にキッチンペーパーでこし、固形と液体に分けてください。
4. 軽く水分をしぼったら、カッテージチーズの出来上がりです。

こうして出来たカッテージチーズは高タンパク・低カロリーの優れた栄養食材です。加齢によって食が細くなった子の栄養補給、病気の回復食や体力が衰えた時のスタミナ補給に良いでしょう。人間が食べてもおいしいため、同じものをいただく喜びも実感できます。このままでも十分おいしく食べられますが、愛犬分を取り分けた後にハチミツ、ジャムを足すのも良いでしょう。材料はたった2個と非常に簡単に作れるため、牛乳が余った時にでも試してみてはいかがでしょうか。

みんなのコメント

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

関連する情報をもっと見る

「TOP」の人気記事RANKING