【獣医師監修】犬にカフェオレを与えてはダメ!コーヒーに含まれるカフェインに要注意!

カフェオレはミルクの香りに惹かれて、犬がつい舐めてしまうことが考えられる飲み物でもあります。しかし、犬にとって危険なのはカフェイン。危険となる摂取量や中毒症状、注意点などについて解説します。

先生にお聞きしました
箱崎 加奈子 先生
麻布大学獣医学部獣医学科 卒業
【獣医師】【ドックトレーナー】【トリマー】
ペットスペース&アニマルクリニックまりも 病院長
一般社団法人女性獣医師ネットワーク 代表理事
株式会社WVN代表取締役

【学歴・経歴】
◇1982年:東京生まれ、東京育ち
◇2001年:青山ケンネルスクールトリミング科 卒業
◇2007年:麻布大学獣医学部獣医学科 卒業
◇2009年:アニマルプラザ ドッグトレーナーズカレッジ 卒業
◇2009年:ペットスペース&アニマルクリニックまりも 開業
◇2011年:女性獣医師ネットワーク設立(2016年一般社団法人化)
◇2017年:株式会社WVN 設立

【資格】
獣医師
日本ドッグトレーナー協会 ドッグトレーナー A級ライセンス
日本アニマルアロマセラピー協会認定 アニマルアロマセラピスト
◇青山ケンネルスクールトリミング B級ライセンス 

【所属】
一般社団法人 女性獣医師ネットワーク代表理事

【著作物】
最新版 愛犬の病気百科」愛犬の友編集部
犬にも人にも優しい飼い方のメソッド 愛犬をケガや病気から守る本」愛犬の友編集部

【ペットへの想い、職業上のペットとのかかわり】
18歳でトリマーとなり、以来ずっとペットの仕事をしています。
ペットとその家族のサポートをしたい、的確なアドバイスをしたいという思いから、トリマーとして働きながら獣医師、ドッグトレーナーになりました。
病気の予防、未病ケアに力を入れ、家族、獣医師、プロ(トリマー、動物看護師、トレーナー)の三位一体のペットの健康管理、0.5次医療の提案をしています。
現在の愛犬は「シーズー」。
看板犬、スタッフ育成のモデル犬として良きパートナーです。
ハムスター、うさぎ、ハリネズミ、ヨークシャテリアとも暮らしてました。
家族のいない犬の一時預かり、離乳前の子猫を育てるミルクボランティアなどもやってます。
続きを読む

犬にカフェオレを与えてはダメ!(※カフェイン中毒に注意!)

犬にカフェオレを与えてはダメ!カフェイン中毒に注意!

iStock.com/creacart

一般的な飲料の中でもコーヒーは玉露や抹茶に次いでカフェイン含有量は高めです。

飲み物別カフェイン含有量

飲料の種類カフェイン含有量/100gあたり備考
コーヒー(抽出液)60mg粉末10g/熱湯150mL
コーヒー(インスタント)4,000mg(約80mg)顆粒/()内は1杯2g使用
ココア(ピュアココア)200mg(約10mg)粉末/()内は1杯5g使用
紅茶30mg茶葉5gを熱湯360mLで1分30秒-4分浸出
ウーロン茶20mg茶葉15gを90°Cのお湯650mLで30秒浸出
玉露160mg茶葉10gを60°Cのお湯60mLで2分30秒浸出
煎茶20mg茶葉10gを90°Cのお湯430mLで1分浸出
抹茶3,200mg(約64mg)粉末/()内は1杯2g使用

【参照元】文部科学省「日本食品標準成分表2015年版(七訂)」

日本インスタントコーヒー協会「コーヒの成分」

京都のお茶 ちきりや

カフェオレはコーヒーをミルクで割る分、コーヒーに含まれるカフェイン量が半減するという考え方もありますが、ベースのコーヒーを濃く入れるなら、あまり変わらないと考えられます。

市販のカフェオレ飲料を見比べてみると、カフェイン含有量は100mlにつき20mg~60mg程度のものが多く見受けられました。

犬がカフェイン中毒を起こす可能性があるカフェオレ

iStock.com/シルバーブレット

いずれにしろ、人間よりカフェインに敏感な犬のこと、中毒を起こす可能性があるため、犬にカフェオレを飲ませるのはやめましょう。

【参照元】Cristina Cortinovis et al,Household Food Items Toxic to Dogs and Cats

また、犬は牛乳の乳糖を分解しづらく、下痢を起こしやすくもあるので、お腹に合わない犬では下痢になる可能性もあります。

犬がカフェオレを誤飲した場合の対処法と応急処置は?

犬がカフェオレを誤飲した場合の対処法と応急処置は?

iStock.com/LARISA SHPINEVA

犬がカフェオレを誤飲してしまった場合は、動物病院で診てもらうことをお勧めします。
飲んだ量が少ない場合は、中毒症状が出る可能性は低いですが、個体差もあります。

しばらくの間、犬の様子を観察するようにしてください。

早いと30分~2時間程度で中毒症状が見られ、症状は6時間~半日くらい続くことがあります。

少なくとも、カフェオレを誤飲してしまった時は、半日~1日程度、様子を見る必要があるでしょう。

カフェオレを飲んで診察を受ける犬

iStock.com/vchal

【参照元】24/7 Animal Poison Control Center,PET POISON HELPLINE

なお、カフェオレに限らず、誤飲一般に関して、吐かせようと塩を使うのはお勧めできません。

塩によって電解質が乱れ、高ナトリウム血症に陥り、脱水を起こしやすくなるとのこと。
脱水が進めば神経異常が出る可能性もあるそうです。

その他、獣医療知識のない一般の人が吐かせようとすると、誤飲性肺炎を招く危険性もあるため、速やかに動物病院へ連れて行くことが望まれます。

参考までに、人間の場合、カフェインを摂取した30分後くらいから、覚醒作用や鎮静作用などの効果が表れるといいますが、犬ではそれが中毒症状として出ることもあるのは気をつけたいところですね。

犬がカフェインを誤飲した場合の中毒症状は?

犬がカフェインを誤飲した場合の中毒症状は?

iStock.com/gradyreese

カフェイン中毒にはどんな症状が見られるのかというと

呼吸が粗くなる
興奮する、落ち着きがなくなる
嘔吐、下痢
尿失禁
体の震え、痙攣(けいれん)
脈拍、心拍の乱れ
血圧の上昇
発作

などがあります。

カフェインは中枢神経を刺激して興奮させる作用があり、心筋にも影響が出るので、てんかんや心疾患の持病がある犬は、特に注意が必要でしょう。

犬がカフェイン中毒になる危険性がある摂取量は?

カフェイン中毒になる危険性がある摂取量は?

iStock.com/yos aimcharoenchaikul

「犬がどの程度のカフェインを摂取すると中毒になり得るのか?」というと、一般的には、犬の体重1kgに対し、カフェイン20mg程度の摂取で中毒症状が出ることがあり、100mg~200mgの摂取で危険な状態になり、死に至ることもあるとされています。

40mg~50mgでは症状が著しくなるという研究報告も。

【参照元】Cristina Cortinovis et al,Household Food Items Toxic to Dogs and Cats

仮に、体重5kgの犬が、カフェイン含有量50mg/100mlの市販のカフェオレ飲料を200ml飲んだとすると、中毒症状が出るかもしれず、1リットル飲むと危険な状態になる可能性があるという計算になります。

自宅で作るカフェオレ

iStock.com/burakkarademir

自宅でコーヒーを抽出してカフェオレを作った場合は、体重5kgの犬がマグカップ2杯弱を飲むと中毒症状が出ることがあるかもしれません。

参考として。
焙煎したコーヒー豆自体に含まれるカフェインは、質量の1.0~1.2%程度とされるので、たとえば、コーヒー豆10g(約60~70粒/深煎りのほうが軽め)とすると、100mg~120mgのカフェインが含まれていることになります。

これを60粒と仮定して計算した場合、1粒あたりのカフェイン量は1.7mg~2mg。

したがって、体重5kgの犬が60粒くらいのコーヒー豆を食べてしまうと中毒症状が出るかもしれず、250粒~300粒くらいを食べると危険な状況になる可能性もあるということになるでしょう。

犬がカフェイン中毒になった場合の治療法や治療費は?

犬がカフェイン中毒になった場合の治療法や治療費は?

iStock.com/Thirawatana Phaisalratana

万が一、犬がカフェイン中毒になってしまった時、残念ながら、解毒剤のようなものはありません。

トラネキサム酸やオキシドール(過酸化水素水)などの催吐剤を用い、嘔吐させて中毒物質をできる限り除去する処置と併せて、胃の洗浄、中毒物質の排泄を助ける薬、鎮静剤、血圧を下げる薬、胃腸を保護する薬、発作がある時には抗痙攣薬(こうけいれんやく)など、状況によって適切な治療が行われます。

その場合に、かかる治療費としては、以下のようなものが考えられます。

カフェイン中毒の治療費の目安

項目治療費平均的な費用
初診料~1万7,500円約1,400円
再診料~7,500円約800円
時間外診療(平日)~5万円約2,400円
時間外診療(深夜)~5万円約4,500円
輪液(静脈内)~5万円約3,000円
注射(静脈)~2万5,000円約2,000円
調剤料(内服1回)~1万2,500円約300円
入院費(小型犬)~1万5,000円約3,000円
入院費(中型犬)~4万円約3,500円
入院費(大型犬)~5万円約4,200円
入院費(超大型犬)~5万円約5,000円

【参照元】公益社団法人 日本獣医師会「家庭飼育動物(犬・猫)の診療料金実態調査(平成27年度)」

犬にコーヒーやコーヒー飲料なども与えてはダメ!

犬にコーヒーやコーヒー飲料なども与えてはダメ!

iStock.com/agrobacter

コーヒーにはカフェオレに似たカフェラテ、カプチーノ、カフェモカ、マキアートなどがあり、その他、コーヒー飲料、コーヒー入り清涼飲料などもありますが、同様に注意が必要です。

お店や製品、好みによる違いはあるものの、一般的には、カフェオレはミルクの割合が約50%。

カフェラテは約80%、カプチーノとカフェモカは約70%、マキアートは約10%と言われます。

コーヒーの抽出方法は、カフェオレのみドリップ式で、他はエスプレッソ式。

コーヒーの抽出方法

iStock.com/grafvision

コーヒーに含まれるカフェイン含有量は、豆の種類や加工方法、焙煎〔ばいせん〕方法などによって差が生じますが、コーヒー豆は浅煎りより、深煎りほうが水分が飛んでいる分、カフェインは少なくなるそうです。

また、ドリップ式とエスプレッソ式では、後者のほうが瞬間的にコーヒーを抽出するため、カフェイン量も少なめなのだと思われます。

深煎りの豆をエスプレッソ式で入れたコーヒーのほうがカフェインはより少なくなるとも考えられますが、いずれにしてもカフェインが含まれていることに変わりはなく、やはり気をつける必要があるでしょう。

コーヒーに関連する飲料の分類基準

飲料の分類コーヒーの生豆に換算した使用量/100g
コーヒー5g以上
コーヒー飲料2.5g以上5g未満
コーヒー入り清涼飲料1g以上2.5g未満
コーヒー入り炭酸飲料1g以上
カフェインレスコーヒーカフェインを90%以上除去したもの
乳飲料乳固形分3%以上のもの

【参照元】「コーヒー飲料等の表示に関する公正競争規約及び施行規則」

「飲用乳の表示に関する公正競争規約」

その他、コーヒー飲料やコーヒー入り清涼飲料などにもコーヒーが使用されており、乳飲料やコーヒーゼリーには砂糖・異性化液糖(ブドウ糖果糖液糖)が成分として表示されています。

糖分は下痢や肥満、糖尿病などに影響しますし、異性化液糖は血糖値を急激に上昇させる作用があるのに加え、遺伝子組み換え食品の一つであることから、アレルギーや腫瘍などに関連するとも言われているので、健康へのリスクを考えると、犬には与えないほうがいいでしょう。

犬がカフェオレを誤飲した場合のまとめ

犬がカフェオレを誤飲した場合のまとめ

iStock.com/Photoboyko

カフェオレはミルクで割っていてもカフェインが含まれているので、中毒を起こす危険性があり、犬に与えるのは禁物です。

愛犬がカフェインを多量に誤飲してしまった場合は、動物病院で診てもらいましょう。

誤飲したカフェインの量が少量であっても、半日~1日は様子を見るようにしてください。

コーヒー飲料やコーヒーゼリーなどにも注意が必要です!

愛犬の健康を守れるのは、飼い主だけです。

愛犬と長く楽しい生活を送るためにも、しっかり愛犬の健康管理をおこないましょう。

みんなのコメント

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

関連する情報をもっと見る

「食べ物」の人気記事RANKING