【獣医師監修】犬が塩を食べても大丈夫?与え方や必要摂取量は?塩分過多、不足に注意!

飼い主なら一度は耳にしたことがある「犬に塩分は必要ない!」というフレーズ。私たち人間には必要不可欠な「塩」ですが、同じような生物であるにもかかわらず、犬には本当に「塩分」は必要ないのでしょうか? よくよく調べていくと、私たちが知っている「飼い主としての常識」とは違う見解があるようです。

【獣医師監修】犬が塩を食べても大丈夫?与え方や必要摂取量は?塩分過多、不足に注意!
出典 : Melica/Shutterstock.com
先生にお聞きしました
徳本 一義 先生
ペット栄養学会理事。小動物の臨床栄養学に関するスペシャリスト。
獣医師 MBA(経営学修士)

ヘリックス株式会社 代表取締役社長

【資格】
獣医師

【所属】
ペット栄養学会 理事
一般社団法人ペットフード協会 新資格検定制度実行委員会 委員長
日本獣医生命科学大学 非常勤講師
帝京科学大学 非常勤講師
など

大学卒業後、小動物臨床に従事。

その後、ペットフードメーカーに入社し、小動物臨床栄養学に関する研究、情報発信を中心とした活動を行う。

現在は、獣医療・教育関連のコンサルタントとしての活動。ペットの栄養に関する団体の要職を務める。

自宅で9頭の猫と暮らす愛猫家。
続きを読む

犬に適量の塩分であれば与えても大丈夫!(※腎臓や心臓に疾患がある場合は要注意!)

犬に適量の塩分であれば与えても大丈夫!(※腎臓や心臓に疾患がある場合は要注意!)

Csanad Kiss/ Shutterstock.com

犬に適量の塩分であれば与えても問題ありません。

犬は人間のように大量の汗を流すことができず、塩分排出が上手にできないため「犬に塩分は与えてはいけない」という見解があります。

まず大前提として、人間が汗から排出する塩分の量は、排出量全体の約1割ほどです。

人間が摂取した塩分の多くは「おしっこ」として排出されています。

犬も同じ哺乳動物ですから「おしっこ」で塩分を体外に排出することができます。

塩分を輩出する機能を持つ犬

SerUfim/ Shutterstock.com

また、大昔に野性で生息していた頃、犬は動物の肉を大量に摂取していました。

動物の肉には当然血液が含まれており、血液は高塩分です。

昔から犬は高塩分のものを食べていたため、塩分を排出する機能を備える必要があったのです。

ただし、健康な状態では塩分の排泄機能が働いていても、腎臓や心臓に疾患があれば排泄機能が制限され、病気が悪化する危険性があります。

特に、慢性腎臓病は早期の病状発見が難しいので、犬の塩分摂取には十分な注意が必要です。

愛犬の塩分過剰摂取だけでなく、塩分不足にも注意が必要!

愛犬の塩分過剰摂取だけでなく、塩分不足にも注意が必要!

vihrogone/ Shutterstock.com

犬にとって塩分の過剰摂取は危険であることをお伝えしましたが、塩分不足も健康にとって良いものではありません。

そもそも犬は進化の過程で塩分を十分に摂取できる環境にいたため、塩分を感じ取るセンサーが人間ほど発達してきていません。

そのため、現在の家飼いの状況では飼い主が塩分管理をしっかり行ってあげる必要があります。

愛犬が塩分不足になってしまった場合の症状とは?

愛犬が塩分不足になってしまった場合の症状とは?

ARTSILENSE/ Shutterstock.com

人間では大量に汗をかいた後、塩分の入っていない水を大量に摂取することで「低ナトリウム血症」を起こす場合があります。

人間とは違い、犬の場合は、日常生活の中で「低ナトリウム血症」に陥ることはまずありません。

万が一、「低ナトリウム血症」不足の状態に陥った場合、以下のような症状が発生する場合があります。

●「低ナトリウム血症」になった場合の症状

「低ナトリウム血症」になった場合の症状

Syda Productions/ Shutterstock.com

・軽い下痢(げり)や嘔吐(おうと)などでも、動けないほどの状態になる

・おしっこの色が濃い黄色になる

・意識がはっきりせず、飼い主の声などに反応しづらくなる

・シュウ酸カルシウム結石ができやすくなり、腎臓の数値が上がるなど

少しでも飼い犬の様子がおかしいなと思ったら、なるべく早めに獣医師の診断を受けることをおすすめします。

愛犬に与える塩(塩分)の適量は?

愛犬に与える塩(塩分)の適量は?

Evlakhov Valeriy/ Shutterstock.com

犬にはどの程度の塩分が必要なのでしょうか?

犬の身体が必要とする一日のナトリウム摂取量は体重1kgあたり50mgと言われ、体重10kgの犬では500mgとなります。

これを塩分に換算してみると、体重10㎏の犬では1.27g。

ロースハム薄切り2枚半で1.25g、ちくわ2本で1g程度です。

愛犬に与える「塩」のまとめ

愛犬に与える「塩」のまとめ

Angelus_Svetlana/ Shutterstock.com

私たち飼い主は、犬に塩分は必要が無いと思い込んでいることも多く、極力塩分を排除することばかり考えてしまいます。

しかし、実は犬も人間同様に、塩分は必要不可欠なもので、摂取量をきちんと把握することが大事になります。

また、「塩分補給はOKなんだね」といって人間の食べ物を与えすぎれば、当然、愛犬の体調を崩すことになりかねません。

ドライフードを食べている犬

Africa Studio/ Shutterstock.com

ドライフードを食べている犬は、フード自体に塩分が含まれているので、あえて塩分を別に与える必要はありません。

手作りご飯を食べている犬は、いま一度塩分が足りているかどうか見直しても良いでしょう。

みんなのコメント

ブラックラブのまこさん
我が家は手作りご飯をあげているのですが、なるべく塩分は少なくなるようにしていました。塩分がある程度必要と知ってびっくりです!
チョコさん
おばあちゃんが昔イヌにご飯+味噌汁(ねこまんま)をあげてました。 日常的に与えてたのでかなり心配でしたが・・ 多少は塩分あってもよいということで少し安心しました。

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

関連する情報をもっと見る

「犬の飼い方・しつけ」の人気記事RANKING