歯の生え変わりが関係していた!?犬が何かをかまずにはいられない、3つの理由

「犬は、かむ生き物」。そう割り切っていても、大切にしている家具をかまれて傷付けられてしまったら、がっかりするものです。そもそも、犬はなぜかむのでしょうか? その背景には、ある3つの理由がありました。

かむ理由①~乳歯の生え変わりを助けている

犬が家具などの硬いものをかむ場合、その多くは「乳歯の生え変わりを助けること」が理由です。

人間同様、犬にも乳歯と永久歯があり、犬の場合は生後7カ月くらいまでに全ての歯が永久歯に生え変わるといわれています。生え変わりの時期は歯茎がむずむずとかゆくなるため、硬いものをかじりたくなってしまうのです。

犬は硬いものをかむことで、乳歯が生え変わりやすくなります。乳歯が抜けずにいると、次に生えてくる永久歯がゆがんで生えてきたり、(乳歯と永久歯が並んで生えてしまうことで)隙間に食べ物が詰まりやすくなったりといった弊害が起きる可能性も。「子犬のかむ行為は、必要な行為」と認識しておきましょう。

かむ理由②~人の手をおもちゃだと思っている“甘がみ”

人の手にじゃれつきながらかみついてくる、“甘がみ。特に子犬の場合は動きが早いものに対する関心が高く、ひらひらと動く人間の手を追い掛けるのが楽しいようです。

しかし、甘がみを許容し続け、人の手で遊ぶことを習慣にしてしまうと、成犬になっても人の手にかみつく可能性があり、とても危険。大けがをするリスクも、かなり高くなります。子犬のうちから、人の手ではなく、きちんとかんでいいおもちゃをかませてあげましょう。

かむ理由③~反抗期に差し掛かり、飼い主を試しているのかも

犬も人間と同じく反抗期があり、その影響でかんでいることも考えられます。

一緒におもちゃで遊んでいるとき、飼い主がおもちゃを触ろうとすると、突然かんでくる。かんではいけないとわかっているはずのものを、わざとかむ。犬の反抗期は、飼い主にさまざまなわがままをして、犬が「どこまで許されるのかを試すこと」があります。わがままを許してしまうと、飼い主が犬に対してリーダーシップを発揮できなくなる場合もあり、結果、飼い主の指示に従えない犬になってしまう可能性もあります。

かんでいいものを、愛犬に教えてあげよう

犬はかんでもいいものとかんではいけないものの判断ができないので、飼い主が教えてあげることが必要です。

教える際は、「かんでもいいおもちゃ」を用意してください。定番のぬいぐるみやロープでも問題ありませんが、誤飲のリスクが発生するものは避けてください。また、あまり硬過ぎるものはかえって歯を磨耗させてしまう可能性があるので、注意が必要です。

かんでいけないものをかんでいたときは

かんではいけないものをかんでいた場合、低い声で一言「だめ」と叱った後、代替のかんでもいいおもちゃを与えてください。万が一、人の手をかんだ場合は低い声で「痛い」と言い、犬との遊びを終了させます。「人の手は絶対にかんではいけないものだ」と子犬のときから教えていれば、成犬になって家族以外の人の手をかむようなトラブルは起こさないでしょう。

事故にもつながりかねない“かむ行為”は、認められるものではありません。じっくりと、根気よくしつけ、かむ癖を直していきましょう。

みんなのコメント

まおさん
初めて柴犬を飼い、生後8ヶ月です、もっと早く勉強させて頂きたかったです、 でも、とても参考になりました。

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

「TOP」の人気記事RANKING