【獣医師監修】犬の歯が折れた・欠けた。考えられる原因や症状、おもな病気は?

犬の歯が折れたり、欠けたりすることを、「破折(はせつ)」と言います。意外かもしれませんが、犬の歯の破折は、よくあることです。この破折に気づかずに放置してしまうと、折れ方によっては炎症を起こしたり、周囲の組織にも悪影響を及ぼすことにもなりかねません。早期発見の大切さを知り、愛犬の様子を注意深く観察しましょう。

先生にお聞きしました
藤田 桂一 先生
フジタ動物病院 院長(獣医師)

日本獣医畜産大学(現:日本獣医生命科学大学)大学院 獣医学研究科 修士課程 修了。

1988年に埼玉県上尾市でフジタ動物病院を開院する。

同病院の院長として、獣医師15名、AHT・トリマー・受付31名、総勢46名のスタッフとともに活躍している。

【所属】
日本小動物歯科研究会 会長
公益社団法人 日本獣医学会 評議員
◆財団法人 動物臨床医学会 理事
公益財団法人 動物臨床医学研究所 評議員
日本獣医療倫理研究会(JAMLAS) 理事
NPO法人 高齢者のペット飼育支援獣医師ネットワーク 理事
日本獣医臨床病理学会 評議員
◆社団法人 日本動物病院福祉協会
世界動物病院協会
日本動物病院会
◆小動物臨床研究会さくら会
◆PCM 研究会

その他の会に所属し、研究活動を精力的に行っている。

岩手大学 農学部獣医学科 非常勤講師(2008~2012年)
帝京科学大学 生命環境学部 アニマルサイエンス学科 非常勤講師(2012年~)
日本大学 生物資源科学部 獣医学科 高度臨床獣医学 非常勤講師(2013年~)

【編著】
「基礎から学ぶ小動物の歯科診療 Vol.1」interzoo
「基礎から学ぶ小動物の歯科診療 Vol.2」interzoo
続きを読む

犬の歯が折れた・欠けた【考えられる原因】

犬の歯が折れた・欠けた【考えられる原因】

RazoomGame/ Shutterstock.com

犬の歯が破折する原因は、けんかや事故による場合もありますが、硬いものを噛んだり、かじったりすることで起きることがほとんどです。

これは犬の歯が「鋏状咬合(はさみじょうこうごう)」という噛み合わせになっていることに起因しています。

「鋏状咬合」とは、口を閉じた際に上の歯と下の歯が(鋏のように)微妙にずれている状態のこと。

食物を噛み切ってすりつぶすときには、上顎第4前臼歯(じょうがくだいよんまえきゅうし)と下顎第一後臼歯(かがくだいいちこうきゅうし)をよく使うことから、破折は特に上顎第4前臼歯に起きるケースが多いのです。

考えられる原因

歯の神経が露出している状態(赤い部分)

先述したとおり、破折はよくあることですが、「露髄(ろずい)」と呼ばれる歯髄(歯の神経)が露出しているかどうかで深刻さが大きく違います。

露髄を放置すると、細菌が露髄した部分から入り込んで、炎症を引き起こし、さらに歯の根っこの奥にあたる部分の強い炎症から、外歯瘻(がいしろう)や内歯瘻(ないしろう)という重い病気に進行することがあります。

犬の歯が折れた・欠けた【こんな場合は要注意!】

犬の歯が折れた・欠けた【こんな場合は要注意!】

Kuttelvaserova Stuchelova/ Shutterstock.com

以下の症状が見られる場合は、病気の恐れがあるので病院で診てもらいましょう。

口のまわりだけでなく顔全体が腫れている
片方の歯でしかものを噛まなくなった
歯垢・歯石が多く付いている
口臭がする、よだれが臭い
口の中にできものがある
よだれに血がまじっている
口を触られるのを嫌がるようになった

歯周病の可能性があります。

折れた歯を病院で診てもらう犬

Ermolaev Alexander/ Shutterstock.com

歯肉に穴が開いている

歯周病があると歯周病を起こす細菌に起因して、歯周組織が溶かされて歯肉に穴が開く可能性があります。

目の下に穴(瘻管)が開いている

歯の根元から鼻腔まで穴が貫通する口腔鼻腔瘻(こうくうびくうろう)の可能性があります。

犬の歯が折れた・欠けた【この症状で考えられるおもな病気】

犬の歯周病

犬の歯周病

Kittima05/ Shutterstock.com

歯垢中の細菌が歯面に付着して、歯周組織(歯肉、セメント質、歯根膜、歯槽骨)が炎症を起こす病気で、3歳以上の成犬・成猫の約80%が歯周病をもっていると言われています。
歯肉にだけ炎症を起こす歯肉炎とその他の歯周組織まで炎症が及んだ歯周炎を総称したものを歯周病と呼びます。

犬の慢性辺縁性歯周炎(歯槽膿漏)

犬の慢性辺縁性歯周炎(歯槽膿漏)

anucha maneechote/ Shutterstock.com

歯周病が慢性経過を辿ると歯周組織が慢性の炎症状態になります。
この慢性の歯周病のことを「歯槽膿漏」と言います。

犬の口腔鼻腔瘻(こうくうびくうろう)

犬の口腔鼻腔瘻(こうくうびくうろう)

olgagorovenko/ Shutterstock.com

歯周病や歯の破損により、上顎の歯の根元の周囲が炎症を起こし、口腔から鼻腔まで穴が貫通する病気です。
口腔内の細菌が鼻腔へ入り、慢性鼻炎になり、くしゃみや鼻汁、鼻出血が現れ、ひいては肺炎になる恐れもあります。

犬の歯髄炎

犬の歯髄炎

schubbel/ Shutterstock.com

歯の中心部である、神経と血管が通っている歯髄に炎症が起きた状態です。
一般的に硬いものをかじったり、交通事故などで歯が破折したりして発症します。
また、虫歯や咬耗(口に入れたもので絶えずすり減ること)で、歯髄が見えるようになり、炎症を起こすこともあります。
これらがさらに進行すると、歯の根元より炎症が周囲の顎の骨に拡がって口腔や目の下などに膿が溜まることもあります。
外歯瘻(がいしろう)や内歯瘻(ないしろう)に移行することもあります。

犬の根尖周囲病巣(こんせんしゅういびょうそう)

犬の根尖周囲病巣(こんせんしゅういびょうそう)

paradoo/ Shutterstock.com

歯の破損や歯周病により、歯の根元の周囲に炎症が起きる病気です。
歯の根元の周囲に膿が溜まると、目の下や下顎が腫れ、さらに瘻管を通じて排膿が見られることもあります。
口腔内に瘻管が開くと内歯瘻(ないしろう)、頬などの皮膚に開くと外歯瘻(がいしろう)になります。

犬の外歯瘻(がいしろう)

犬の外歯瘻(がいしろう)

Alyaalya/ Shutterstock.com

歯周病や歯の破損などにより歯の根元の周囲が炎症を起こして、菌が顎の骨を溶かして皮膚に穴が開く病気です。
歯根部周囲から瘻管を通じ、目の下へ膿が出ることもあります。

犬の内歯瘻(ないしろう)

犬の内歯瘻(ないしろう)

TercoPics/ Shutterstock.com

歯周病や歯の破損などにより歯の根元周囲に炎症が拡がり、炎症により歯周組織を溶かして歯肉に穴が開く病気です。
歯根部周囲から瘻管を通じ、口腔内に膿や血が見られます。

みんなのコメント

ハミガキ大好き♡さん
犬の歯が折れるなんて考えたことも ありませんでした! そこから重い病気につながるのですね。 我が家でもオヤツに牛の骨をあげることが あるので気をつけたいと思います。

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

関連する情報をもっと見る

「症状」の人気記事RANKING