【獣医師監修】犬の歯が折れた(破折)!歯は生え変わる?抜歯の費用は?原因や対処・予防方法!

犬の歯が折れたとなると慌ててしまうことでしょう。犬の歯は強いというイメージがありますが、意外にも折れやすいのです。「硬過ぎる骨」「ガム」「ヒヅメ」「おもちゃ」などは要注意!歯髄(しずい)が露出した折れ方は細菌感染の心配があるため、早急な治療が望まれます。今回は犬の破折について詳しく解説します。

更新日:

先生にお聞きしました
藤田 桂一 先生
フジタ動物病院 院長(獣医師)

日本獣医畜産大学(現:日本獣医生命科学大学)大学院 獣医学研究科 修士課程 修了。

1988年に埼玉県上尾市でフジタ動物病院を開院する。

同病院の院長として、獣医師15名、AHT・トリマー・受付31名、総勢46名のスタッフとともに活躍している。

【資格】
獣医師

【所属】
日本小動物歯科研究会 会長
公益社団法人 日本獣医学会 評議員
◆財団法人 動物臨床医学会 理事
公益財団法人 動物臨床医学研究所 評議員
日本獣医療倫理研究会(JAMLAS) 理事
NPO法人 高齢者のペット飼育支援獣医師ネットワーク 理事
日本獣医臨床病理学会 評議員
◆社団法人 日本動物病院福祉協会
世界動物病院協会
日本動物病院会
◆小動物臨床研究会さくら会
◆PCM 研究会

その他の会に所属し、研究活動を精力的に行っている。

岩手大学 農学部獣医学科 非常勤講師(2008~2012年)
帝京科学大学 生命環境学部 アニマルサイエンス学科 非常勤講師(2012年~)
日本大学 生物資源科学部 獣医学科 高度臨床獣医学 非常勤講師(2013年~)

【編著】
「基礎から学ぶ小動物の歯科診療 Vol.1」interzoo
「基礎から学ぶ小動物の歯科診療 Vol.2」interzoo
続きを読む

犬の歯が折れた(破折)【考えられる原因・病気は?】

歯が折れる、または欠けることを専門的には「破折(はせつ)」と言いますが、犬の破折の原因は突発的なものがほとんどです。

犬の歯が折れた(破折)【考えられる原因・病気は?】

破折の例。歯髄が露出している/©フジタ動物病院

犬の歯の破折「原因」①【硬い物をかじったため】

破折の症例(犬/379頭609歯、猫/23匹34歯)を分析調査(フジタ動物病院による)した報告によると、犬の場合、破折の原因は90%以上が硬い物を噛んだことによるものとなっています。

「硬い物」とは、

蹄(ひづめ)

デンタルケア製品を含むガム

おもちゃ

ケージ

など。

犬の破折の原因として、もっとも多いのは「蹄(ひづめ)」で、次に多いのは「硬めのガム類」

ともに歯に良いとうたわれていることが多いですが、弾力性については注意が必要です。

【参照元】高橋香「歯が折れてしまいました!さあ、どうしよう? 1.犬と猫の破折歯の疫学的特徴」動物臨床医学22, 2013

犬の歯の破折「原因」②【事故】

犬の歯の破折「原因」②【事故】

RazoomGame/ Shutterstock.com

同調査報告(フジタ動物病院による)によれば、転倒や衝突などの事故による破折は4%と少ないながらに破折の原因となり得ることを示しています。

犬の歯が折れた(破折)【折れた歯は生え変わる?】

犬の歯が折れた(破折)【折れた歯は生え変わる?】

Kuttelvaserova Stuchelova/ Shutterstock.com

犬の歯が折れた時、それが永久歯であるなら、歯が生え変わることはありません。

折れた歯は「コンポジットレジン*」や「セメント」などで修復が可能な場合もありますが、歯肉の中まで歯が折れている、またはすでに歯の根元周辺まで細菌が入り込んで炎症が起きているとなると、抜歯が必要になるケースが多くなります。

また、乳歯でも破折が起こることがあり、犬歯が破折した場合は歯髄(しずい)が露出している(露髄)ことが多く、細菌感染を起こして永久歯の萌出に影響を与える可能性があるため、基本的には抜歯が行われます。

*コンポジットレジン(CR)=セラミック粒子と合成樹脂とを合わせて作られているプラスチック素材の歯科治療材

【参照元】フジタ動物病院「歯科の治療例/破折」

犬の歯が折れた(破折)【歯が折れやすい犬種は?】

犬の歯が折れた(破折)【歯が折れやすい犬種は?】

Ermolaev Alexander/ Shutterstock.com

前出の破折症例の分析調査では、破折を起こしやすい傾向にある犬種についても分析をしており、以下の犬種は少々注意したほうがよさそうです。

ボーダー・コリー

ウェルシュ・コーギー・ペンブローク

ボストン・テリア

ラブラドール・レトリーバー

ジャック・ラッセル・テリア

ジャーマン・シェパード・ドッグ

柴犬

イタリアン・グレーハウンド

など。

犬の歯が折れた(破折)【緊急を要する症状、注意点は?】

犬の歯が折れた(破折)【緊急を要する症状、注意点は?】

Kittima05/ Shutterstock.com

次のような様子が見られる時には、すぐに動物病院へ向かうことをお勧めします。

折れた歯の歯髄(しずい)が露出している

破折以外にも怪我をしている

体に触ろうとすると嫌がる(体に痛みがあるのかもしれない)

元気がない、ぐったりしている

愛犬に露髄(ろずい)がある場合、歯髄(しずい)からの細菌感染が何より心配されるので、日をおかず、できるだけ早く、できれば24時間以内には動物病院へ行きましょう。

犬の歯の破折の歯内治療は高度の技術が必要なため歯科分野に精通した獣医師に診てもらいましょう。

犬の歯が折れた(破折)【応急処置や対処法、治療費(抜歯の費用)は?】

犬の歯が折れた(破折)【応急処置や対処法、治療費(抜歯の費用)は?】

iStock.com/herraez

愛犬の折れた歯に露髄(ろずい)がある時は細菌による炎症が歯の根元部分(根尖周囲)にまで及ばないよう予防する、または及んでいるならばその対処として、歯内治療が必要になります。

愛犬の歯の炎症の程度や状況によって歯髄(しずい)の一部を除去する、または歯髄(しずい)そのものを除去した後に詰め物をするなどの処置がとられますが、処置法によっては若犬で2日以内に治療を開始した場合は成功率が88.2%であるものの、日が遅れるほどに成功率は下がるとの報告もあり、少なくとも、2歳以上の成犬では24時間以内に治療をしないと難しいようです。

【参照元】高橋香「歯が折れてしまいました!さあ、どうしよう? 1.犬と猫の破折歯の疫学的特徴」動物臨床医学22, 2013

【犬の破折に関連する治療費の目安】

【項目】【治療費の目安】
抜歯~5,000円
根管治療~1万2,500円
レントゲン検査~7,500円
麻酔~1万5,000円

【参照元】公益社団法人 日本獣医師会「家庭飼育動物(犬・猫)の診療料金実態調査(平成27年度)」

犬の歯が折れた(破折)【注意点・ケア方法・予防方法は?】

犬の歯の破折「注意点」①【もっとも折れやすいのは上顎(うわあご)の一番大きな歯(第4前臼歯)】

犬の歯が意外に折れやすいのは、上の歯と下の歯が鋏(はさみ)のように少しずれて噛み合わさる形状(=鋏状咬合/きょうじょうこうごう])であることに関連すると言われます。

注意点①【もっとも折れやすいのは上顎の一番大きな歯(第4前臼歯)】

中でも最も折れやすいのは上顎(うわあご)の一番大きな歯(第4前臼歯)で、次いで上顎(うわあご)の犬歯、下顎の第1後臼歯(上顎第4前臼歯と重なり合う歯)、下顎(したあご)の犬歯の順。

愛犬の歯(破折)のチェックをする時には、これらの犬の歯を重点的に見るといいでしょう。

もちろん、これら以外の歯が折れることもあります。

犬の歯の破折「注意点」②【破折と関連する症状】

犬の歯の破折「注意点」②【破折と関連する症状】

iStock.com/marcoventuriniautieri

愛犬に破折があっても飼い主さんが気づいておらず、時間が経ってしまった場合、

これまでは歯磨きができたのに、嫌がるようになった

口の周りを触られるのを嫌がるようになった

片側の歯で物を噛むようになった

目の下が腫れている

などを気にして動物病院を訪れるケースが結構あります。

歯髄(しずい)から細菌が侵入すると歯のみでなく、その周辺や体にも影響を与える可能性があるので、上記のような様子が見られた時には動物病院で診てもらうことをお勧めします。

犬の歯の破折「予防」①【硬過ぎる物は噛ませない】

犬の歯の破折「予防」①【硬過ぎる物は噛ませない】

Luljo / PIXTA(ピクスタ)

愛犬にガムやおもちゃを選ぶ時には硬過ぎる物は避け、ある程度弾力性のある物を選ぶようにしましょう。

さらには、ケージや石などを齧(かじ)る癖のある犬は、代わりにおもちゃやボールなどを与えて齧(かじ)る対象を変えてあげるようにしてあげましょう。

犬の歯の破折「予防」②【一度破折をしたなら、その後はチェックを怠りなく】

犬の歯の破折「予防」②【一度破折をしたなら、その後はチェックを怠りなく】

YAMATO / PIXTA(ピクスタ)

犬の破折症例の分析調査によると、約40%の犬で複数回の破折が認められたそうです。

つまり、破折を繰り返すということ。

これにはその犬の性格や癖、生活環境なども関係するのかもしれませんが、いずれにしても一度破折を起こしたならば、その後は硬い物を齧(かじ)っていないか、齧(かじ)るチャンスを与えていないかなどよく注意してください。

子犬・老犬の歯が折れた(破折)【注意点・ケア方法・予防方法は?】

犬の歯の破折【子犬】

犬の歯の破折【子犬】

sasaki106 / PIXTA(ピクスタ)

乳歯は永久歯に比べて小さく、かつ脆(もろ)いので、硬過ぎる物にはより注意が必要です。

特に、外に出たくてケージを齧(かじ)り続けるような場合は気をつけるに越したことはありません。

万一、歯が折れた時には、状況により永久歯の萌出(ほうしゅつ)に影響が出ることも考えられるので、露髄がなくとも念の為に動物病院で獣医師に診てもらうといいでしょう。

犬の歯の破折【老犬】

犬の歯の破折【老犬】

schubbel/ Shutterstock.com

若犬に比べると老犬での破折は少ないですが、老犬はすでに歯周病になっている率が高いので、歯が折れた時には動物病院に連れて行ってください。

犬は人間と違って虫歯にはなりにくいと言われていますが、まったくならないというわけではなく、稀(まれ)に虫歯と思われる例が見つかることもあります。

また、歯の吸収病巣もときどき見られます。

吸収病巣によって歯が欠けることもあります。

したがって、愛犬の歯のチェックをする時には奥歯や吸収病素も忘れずにしたいものです。

加えて、人間では片側だけの歯で物を噛む人は破折のリスクがあると言われているので、両側の歯で物を噛んでいるかチェックすることも大切かもしれません。

こと老犬では歯周病およびそれに関連する病気によって片側でしか物を噛まない場合もありますから、併せてご注意を。

犬の歯が折れた(破折)【まとめ】

犬の歯が折れた(破折)【まとめ】

TercoPics/ Shutterstock.com

犬の歯が折れた時、特に露髄(ろずい)がある時には、何より放置しないこと。

犬は人間に比べて痛みを表面に出しにくいので、見逃してしまうこともあるかもしれません。

それに少しでも早く気づくには、飼い主さんの観察眼が重要になります。

日頃から愛犬の健康面はもちろん、表情や仕草、癖なども含めて観察する目をもつよう心がけたいものです。

そして、愛犬にはくれぐれも硬過ぎる物を与えませんように。

みんなのコメント

ハミガキ大好き♡さん
犬の歯が折れるなんて考えたことも ありませんでした! そこから重い病気につながるのですね。 我が家でもオヤツに牛の骨をあげることが あるので気をつけたいと思います。

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

関連する情報をもっと見る

「症状」の人気記事RANKING