【獣医師監修】犬の顎骨骨折(上顎・下顎) 原因や症状、なりやすい犬種、治療方法は?

犬の顎骨骨折(がっこつこっせつ)とは、顎の骨である下顎骨(かがくこつ)、または上顎骨(じょうがくこつ)が骨折した状態です。ケガや事故などの外傷だけでなく、重度の歯周病でも起こる「顎骨骨折」。今回は、犬の顎骨骨折の原因や症状、治療方法について解説します。

先生にお聞きしました
藤田 桂一 先生
フジタ動物病院 院長(獣医師)

日本獣医畜産大学(現:日本獣医生命科学大学)大学院 獣医学研究科 修士課程 修了。

1988年に埼玉県上尾市でフジタ動物病院を開院する。

同病院の院長として、獣医師15名、AHT・トリマー・受付31名、総勢46名のスタッフとともに活躍している。

【所属】
日本小動物歯科研究会 会長
公益社団法人 日本獣医学会 評議員
◆財団法人 動物臨床医学会 理事
公益財団法人 動物臨床医学研究所 評議員
日本獣医療倫理研究会(JAMLAS) 理事
NPO法人 高齢者のペット飼育支援獣医師ネットワーク 理事
日本獣医臨床病理学会 評議員
◆社団法人 日本動物病院福祉協会
世界動物病院協会
日本動物病院会
◆小動物臨床研究会さくら会
◆PCM 研究会

その他の会に所属し、研究活動を精力的に行っている。

岩手大学 農学部獣医学科 非常勤講師(2008~2012年)
帝京科学大学 生命環境学部 アニマルサイエンス学科 非常勤講師(2012年~)
日本大学 生物資源科学部 獣医学科 高度臨床獣医学 非常勤講師(2013年~)

【編著】
「基礎から学ぶ小動物の歯科診療 Vol.1」interzoo
「基礎から学ぶ小動物の歯科診療 Vol.2」interzoo
続きを読む
原因

犬の顎骨骨折(上顎・下顎)【原因】

犬の顎骨骨折(上顎・下顎)【原因】

iStock.com/MartinPrescott

犬の顎骨骨折には、外傷による骨折と病気による骨折があります。

外傷による骨折は、交通事故や高所からの落下事故などによって、犬の顎の骨が物理的な衝撃を受けて生じます。

顎の骨が折れるほか、複数の損傷が見られたり、神経損傷などの重篤な合併症を伴うことがあります。

一方、病的骨折では、重度の歯周病によって根尖部(こんせんぶ)にまで及んだ骨吸収(骨が溶けること)が顎の骨にまで進み、骨折に至ることがあります。

まれに、腫瘍や感染症によって骨折が生じることもあります。

症状

犬の顎骨骨折(上顎・下顎)【症状】

犬の顎骨骨折には、以下のような症状が見られます。

下顎骨骨折で見られる症状

顔面が変形し、腫れている
口腔内に出血が見られる
下顎の位置が変わっている
下顎が垂れ下がったように見える
咬み合わせが悪くなった
口を閉じられなくなった
下顎骨骨折で見られる症状

iStock.com/sshepard

上顎骨骨折で見られる症状

鼻の位置が変わっている
上顎の骨の位置が変わっている
鼻汁が多く見られるようになった
鼻から出血している
眼から出血している

この他、気道の閉塞や嚥下困難(えんげこんなん)など、緊急を要する症状が見られる場合があります。

発症しやすい犬種

犬の顎骨骨折(上顎・下顎)【発症しやすい犬種】

犬の顎骨骨折(上顎・下顎)【発症しやすい犬種】

HIME&HINA / PIXTA(ピクスタ)

犬の顎骨骨折は、すべての犬種に発症の可能性があります。

ただし、歯周病が原因の顎骨骨折は、高齢の小型犬に発生することが多いと言われています。

犬が歯周病にならないように、こまめな歯磨きを心がけましょう。

診断方法

犬の顎骨骨折(上顎・下顎)【診断方法】 

犬の顎骨骨折(上顎・下顎)【診断方法】 

iStock.com/FatCamera

口腔内検査

視診や触診により、犬の口腔内を検査します。

口腔内レントゲン検査

レントゲン検査を実施して、犬の顎骨骨折の部位、損傷程度を確認します。

血液検査

麻酔処置のための事前準備として血液検査を行います。

治療方法

犬の顎骨骨折(上顎・下顎)【治療方法】 

犬の顎骨骨折の治療目的

Stock28Studio / PIXTA(ピクスタ)

犬の顎骨骨折の治療目的

犬の顎骨骨折の治療目的は、以下の3点です。

1.快適に食餌ができるようにすること

2.骨折した部位を固定すること

3.正しく咬み合わせができるようにすること

顎骨の骨折の部位や変位の程度、骨折線の方向、歯周病の程度、犬の年齢などを考慮し、適切な治療法を選択します。

保存療法

alice-club / PIXTA(ピクスタ)

保存療法

骨折部位の周囲組織がしっかりとしていて、骨折線が安定していて変位が少ない場合には、犬にエリザベスカラーを装着し、流動食を与え、安静にして治療していきます。

マズル固定

骨折部位の変位がなく、周囲の組織が健全な場合には、外科的整復ではなく、1~2cm程度、口が開けられるように、犬のマズルをテープで固定します。

マズル固定

下顎を骨折。口が1~2cm開くくらいにマズルを固定

外科手術による固定、除去

骨折部位に変位が見られる場合には、骨折部位を合わせてからワイヤーなどを用いて、残っている周囲の歯と締結して固定する外科手術を行います。

また、重度の歯周病によって骨吸収が顎骨にまで及び重度の吸収が見られる場合には、顎骨の除去を選択することもあります。

予防・対策

犬の顎骨骨折(上顎・下顎)【予防対策】

犬の顎骨骨折(上顎・下顎)【予防対策】

keechuan / PIXTA(ピクスタ)

犬の顎骨骨折を引き起こさないためには、「歯周病」の予防が大切です。

歯石になる前に歯垢を除去するためには、日々のホームデンタルケアが何よりも有効です。

歯磨きが苦手な場合には、決してあせらずに、徐々にブラッシングに慣れていけるように、ご褒美をあげながらしつけていきましょう。

【獣医師監修】「犬の歯周病」原因や症状、なりやすい犬種、治療方法は?

犬の顎骨骨折(上顎・下顎)と間違えやすい病気 

犬の顎骨骨折(上顎・下顎)と間違えやすい病気 

iStock.com/Gang Zhou

犬の顎骨骨折と間違えやすい病気は特にありませんが、愛犬が食餌を食べる仕草がおかしい、顔面を痛そうにしている、などの様子が見られたときはすぐに獣医師へ相談してください。

愛犬の健康を守ることができるのは飼い主だけです。

愛犬のケガや病気に気をつけ、楽しい日々を共に過ごしましょう。

【獣医師監修】犬の不正咬合(ふせいこうごう)原因や症状、なりやすい犬種、治療方法は?

みんなのコメント

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

関連する情報をもっと見る