【獣医師監修】犬の外歯瘻(がいしろう)原因や症状、なりやすい犬種、治療方法は?

犬の外歯瘻(がいしろう)とは、歯根の周囲組織に炎症が波及し、そこから瘻管(ろうかん=膿の出る穴)が眼窩下(がんかかこう)や下顎などの口腔外(皮膚など)に形成される病気です。ここでは、犬の外歯瘻の原因や症状、治療法について解説します。

【獣医師監修】犬の外歯瘻(がいしろう)原因や症状、なりやすい犬種、治療方法は?
出典 : Birute Vijeikiene/ shutterstock.com
先生にお聞きしました
藤田 桂一 先生
フジタ動物病院 院長(獣医師)

日本獣医畜産大学(現:日本獣医生命科学大学)大学院 獣医学研究科 修士課程 修了。

1988年に埼玉県上尾市でフジタ動物病院を開院する。

同病院の院長として、獣医師15名、AHT・トリマー・受付31名、総勢46名のスタッフとともに活躍している。

【資格】
獣医師

【所属】
日本小動物歯科研究会 会長
公益社団法人 日本獣医学会 評議員
◆財団法人 動物臨床医学会 理事
公益財団法人 動物臨床医学研究所 評議員
日本獣医療倫理研究会(JAMLAS) 理事
NPO法人 高齢者のペット飼育支援獣医師ネットワーク 理事
日本獣医臨床病理学会 評議員
◆社団法人 日本動物病院福祉協会
世界動物病院協会
日本動物病院会
◆小動物臨床研究会さくら会
◆PCM 研究会

その他の会に所属し、研究活動を精力的に行っている。

岩手大学 農学部獣医学科 非常勤講師(2008~2012年)
帝京科学大学 生命環境学部 アニマルサイエンス学科 非常勤講師(2012年~)
日本大学 生物資源科学部 獣医学科 高度臨床獣医学 非常勤講師(2013年~)

【編著】
「基礎から学ぶ小動物の歯科診療 Vol.1」interzoo
「基礎から学ぶ小動物の歯科診療 Vol.2」interzoo
続きを読む

犬の外歯瘻(がいしろう)とは

犬の外歯瘻【原因】

外歯瘻が発生する場所

歯周病などにより、根尖周囲病巣(歯根の先端部分の周囲=根尖部に見られる疾患)が進行し、歯根の周囲組織に炎症が波及して、さらにそこから瘻管(膿の出る穴)が形成されます。

この瘻管(ろうかん)が眼窩下(がんかかこう)や下顎などの口腔外(皮膚など)に形成した場合を「外歯瘻(がいしろう)」と言います。

犬の外歯瘻(がいしろう)の原因歯は、上顎第4前臼歯がもっとも多く、次いで上顎第1後臼歯、下顎第1後臼歯、上顎犬歯などに見られます。

原因

犬の外歯瘻(がいしろう)【原因】

犬の外歯瘻【原因】

Olya_Shev/ Shutterstock.com

歯周病や歯の破折、咬耗が原因

犬の外歯瘻(がいしろう)の原因は、歯周病ばかりではなく、歯の破折(歯が折れること)や咬耗(歯の表面が磨り減ること)によって露髄(歯の神経組織などで形成される歯髄が露出すること)した場合にも発生します。

また、「変形歯」と言って、本来は外界と通じることのない歯髄に、「副根管(ふくこんかん)」と呼ばれる穴が開く形態障害が原因で、そこから感染を受け、歯髄から根尖に炎症を起こして外歯瘻を引き起こすこともあります。

症状

犬の外歯瘻(がいしろう)【症状】

犬の外歯瘻【症状】

目の下の皮膚に発症した犬の外歯瘻

犬の外歯瘻(がいしろう)には、以下のような症状が見られます。

硬いものを食べなくなった

左右どちらかでしか噛まなくなった

歯ぎしりをする

顔を触られるのを嫌がるようになった

目の下が腫れている

顎の下が腫れている(変形歯が原因の場合)

目の下から膿が出ている

.

発症しやすい犬種

犬の外歯瘻(がいしろう)【発症しやすい犬種】

犬の外歯瘻【発症しやすい犬種】

Lim Tiaw Leong/ Shutterstock.com

犬の外歯瘻(がいしろう)は、すべての犬種に発症の可能性がありますが、統計的には、他の犬種と比べてとくに以下の犬種の発症リスクが高いと言われています。

歯周病が原因の場合

歯周病を起こしやい小型犬に多い傾向があります。

トイ・プードル
ミニチュア・ダックスフンド
ヨークシャテリア

歯の破折・咬耗が原因の場合

硬いものを噛む力が強い、中・大型犬に多く発生する傾向があります。

変形歯が原因の場合

小型犬の下顎の最も大きな臼歯もっと第1後臼歯)に多く発生する傾向があります。

診断方法

犬の外歯瘻(がいしろう)【診断方法】

犬の外歯瘻【診断方法】

PixieMe/ Shutterstock.com

原因歯の確認・評価

外歯瘻(がいしろう)の診断は、皮膚疾患や外傷、腫瘍などの病気と識別する必要があるため、臨床症状の確認や肉眼的初見(視診)に加えて、歯周プローブを用いて原因歯を特定し、その評価を行う必要があります。

口腔内レントゲン検査

根尖周囲病巣の有無や瘻管や変形歯の確認のために、レントゲン検査を行います。

治療方法

犬の外歯瘻(がいしろう)【治療方法】 

犬の外歯瘻【治療方法】 

Natali_ Mis/ Shutterstock.com

原因歯の抜歯

歯周病が原因で引き起こされる犬の外歯瘻では、歯の周囲の骨(歯槽骨)が溶けてしまい、重度の炎症を伴うことが多いため、ほとんどの場合、原因歯を抜歯する必要があります。

また、変形歯が原因の場合にも、必ず抜歯を行います。

変形歯の場合、左右の同じ歯が障害を起こしていることが多いため、両側の歯を抜歯します。

歯内治療

根尖周囲病巣が軽度で、露髄した破折歯や咬耗歯の場合には、稀に、歯髄を保護する充填材で損傷部を埋める歯内治療を施すことで治癒することもあります。

このほか、内科療法で一時的に症状の改善が見られることもありますが、適切な歯科処置を行わない限り、症状の再発を繰り返すことになります。

予防・対策

犬の外歯瘻(がいしろう)【予防対策】

犬の外歯瘻【予防対策】

New Africa/ Shutterstock.com

歯垢・歯石の除去

犬の外歯瘻(がいしろう)の予防には、歯石になる前に歯垢を除去することが大切であり、日々のホームデンタルケアが欠かせません。

また、歯垢・歯石の付着が重度に見られる場合には、「スケーラー」と言う先端が鋭利な器具を用いて、歯垢・歯石の除去を行う必要があります。

この処置は、全身麻酔のもとで行います。

歯垢・歯石の除去

スケーラーで犬の歯垢・歯石を除去

破折・咬耗を見逃さない

硬いおもちゃなどを与えない、かじる癖をなおすなど、破折や咬耗の原因となる環境を取り除くことも大切です。

そして、犬の歯の破折や咬耗を見つけたら、すぐに適切な治療を行うようにしましょう。

破折・咬耗を見逃さない

犬の破折・咬耗

変形歯の確認

変形歯は、先天的なもので、予防法はありません。

気になる場合には、犬の歯の治療に詳しい獣医師に相談し、レントゲン検査を行い診断してもらいましょう。

犬の外歯瘻(がいしろう)と間違えやすい病気

犬の外歯瘻と間違えやすい病気

Lim Tiaw Leong/ Shutterstock.com

歯周病

歯垢中の細菌が歯面に付着して、歯周組織(歯肉、セメント質、歯根膜、歯槽骨)が炎症を起こす病気で、3歳以上の成犬・成猫の約80%が歯周病をもっていると言われています。

歯肉にだけ炎症を起こす歯肉炎とその他の歯周組織まで炎症が及んだ歯周炎を総称したものを「歯周病」と呼びます。

このほか、犬の外歯瘻は皮膚疾患、外傷や腫瘍とも間違えやすい病気です。

みんなのコメント

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

関連する情報をもっと見る