【獣医師監修】犬の「根尖周囲病巣」原因や症状、なりやすい犬種、治療、予防方法は?

犬の根尖周囲病巣(こんせんしゅういびょうそう)とは、根尖部(歯根の先端部分)の周囲組織に炎症が起きて、肉芽腫(ボコボコとしたかたまり)や嚢胞(液状の成分がたまった状態)、膿瘍(膿がたまった状態)ができることを言います。ここでは、犬の根尖周囲病巣の原因や症状、治療法について解説します。

先生にお聞きしました
藤田 桂一 先生
フジタ動物病院 院長(獣医師)

日本獣医畜産大学(現:日本獣医生命科学大学)大学院 獣医学研究科 修士課程 修了。

1988年に埼玉県上尾市でフジタ動物病院を開院する。

同病院の院長として、獣医師15名、AHT・トリマー・受付31名、総勢46名のスタッフとともに活躍している。

【資格】
獣医師

【所属】
日本小動物歯科研究会 会長
公益社団法人 日本獣医学会 評議員
◆財団法人 動物臨床医学会 理事
公益財団法人 動物臨床医学研究所 評議員
日本獣医療倫理研究会(JAMLAS) 理事
NPO法人 高齢者のペット飼育支援獣医師ネットワーク 理事
日本獣医臨床病理学会 評議員
◆社団法人 日本動物病院福祉協会
世界動物病院協会
日本動物病院会
◆小動物臨床研究会さくら会
◆PCM 研究会

その他の会に所属し、研究活動を精力的に行っている。

岩手大学 農学部獣医学科 非常勤講師(2008~2012年)
帝京科学大学 生命環境学部 アニマルサイエンス学科 非常勤講師(2012年~)
日本大学 生物資源科学部 獣医学科 高度臨床獣医学 非常勤講師(2013年~)

【編著】
「基礎から学ぶ小動物の歯科診療 Vol.1」interzoo
「基礎から学ぶ小動物の歯科診療 Vol.2」interzoo
続きを読む
原因

犬の根尖周囲病巣(こんせんしゅういびょうそう)【原因】

犬の根尖周囲病巣【原因】

歯周病に起因する根尖周囲と関連疾患

犬の根尖周囲病巣は、歯周病をはじめ、歯の破折(歯が折れること)によって歯髄(しずい)が露出した状態になった場合や歯の吸収病巣(きゅうしゅうびょうそう)やう蝕(しょく)、変形歯(へんけいし)などが原因となって発症します。

歯周病に起因する病態としては、歯周組織に生じた炎症が辺縁性に波及し、根尖部まで歯槽骨が吸収され、根尖部の歯周組織(歯根膜、歯槽骨、歯肉、セメント質)が破壊されて、根尖周囲病巣となります。

さらに進行すると、口腔鼻腔瘻(こうくうびくうろう)、外歯瘻(がいしろう)、内歯瘻(ないしろう)、下顎骨骨折(かがくこつこっせつ)などの疾患が引き起こされることもあります。

症状

犬の根尖周囲病巣(こんせんしゅういびょうそう)【症状】

犬の根尖周囲病巣【症状】

Irina Filkova/ Shutterstock.com

犬の根尖周囲病巣では、その原因によってさまざまな症状が見られます。

歯周病に起因する場合

歯肉が赤く腫れている

歯垢・歯石の沈着

口臭が強い

歯がぐらついている

顔(上顎/下顎部)が腫れている

.

歯周病以外の原因の場合

歯周病以外の原因の場合

Milosz Aniol/ Shutterstock.com

ブラッシングを痛がる(破折、う蝕、吸収病巣)

口臭が強い(う蝕)

歯が折れて露髄している(破折)

歯の咬合面が欠損している(う蝕)

.

発症しやすい犬種

犬の根尖周囲病巣(こんせんしゅういびょうそう)【発症しやすい犬種】

歯周病が原因の場合

akihirohatako/ Shutterstock.com

犬の根尖周囲病巣は、すべての犬種に発症の可能性がありますが、統計的には、他の犬種と比べてとくに以下の犬種の発症リスクが高いと言われています。

歯周病が原因の場合

歯周病を起こしやすい小型犬に多い傾向があります。

トイ・プードル
ミニチュア・ダックスフンド
ヨークシャテリア など

歯の破折が原因の場合

硬いものを噛む力が強い、中・大型犬に多く発生する傾向があります。

変形歯が原因の場合

小型犬の下顎のもっとも大きな臼歯(第1後臼歯)に多く発生する傾向があります。

診断方法

犬の根尖周囲病巣(こんせんしゅういびょうそう)【診断方法】 

犬の根尖周囲病巣【診断方法】 

Henk Vrieselaar/ Shutterstock.com

根尖周囲病巣の診断には、根尖部の炎症の把握と評価のために、レントゲン検査を実施します。

歯周病が原因と考えられる場合には、視診による歯垢・歯石の沈着度の診断や歯周プローブを用いて、歯周ポケットの深さやアタッチメントロスの測定を行うこともあります。

治療方法

犬の根尖周囲病巣(こんせんしゅういびょうそう)【治療方法】 

犬の根尖周囲病巣【治療方法】 

Matt Benoit/ Shutterstock.com

犬の根尖周囲病巣の治療方法は、その原因によって異なります。

原因歯の抜歯

歯周病が原因で引き起こされる犬の根尖周囲病巣では、歯槽骨が溶けてしまい、重度の炎症を伴うことが多いため、ほとんどの場合、原因歯を抜歯する必要があります。

また、歯の吸収病巣や変形歯が原因の場合にも、必ず抜歯を行います。

変形歯の場合、左右の同じ歯が障害を起こしていることが多いため、両側の歯を抜歯します。

原因歯の抜歯

Studio Pet Photos/ Shutterstock.com

人の歯がなくなると食べることに大きな影響を及ぼしますが、犬の歯は人間のように食べ物をすりつぶすような形状ではなく、極端に言えば、すべての歯を抜いてしまっても食物の摂取には大きな影響はありません。

炎症を起こしている歯を残すよりも、抜歯して歯周組織を良好に保つほうが、愛犬にとって心地よく健康に過ごすことにつながります。

また、歯の破折やう蝕が原因の場合にも、根尖周囲病巣を起こすほどの状態になった場合は、抜歯します。

予防・対策

犬の根尖周囲病巣(こんせんしゅういびょうそう)【予防対策】 

家でのデンタルケア

Best dog photo/ Shutterstock.com

家でのデンタルケア

犬の根尖周囲病巣の予防には、日々のホームデンタルケアが欠かせません。

愛犬が歯磨きが苦手な場合には、決してあせらずに、徐々にブラッシングに慣れていけるように、褒めながらしつけていきましょう。

また、歯垢・歯石の付着が中程度に見られる場合には、「スケーラー」と言う先端が鋭利な器具を用いて、歯垢・歯石の除去を行う必要があります。

この処置は、全身麻酔のもとで行います。また、重度であれば抜歯します。

犬の根尖周囲病巣【発症しやすい犬種】

sav-in/ Shutterstock.com

破折の原因を取り除く

硬いおもちゃなどを与えない、かじる癖をなおすなど、破折の原因となる環境を取り除くことも大切です。

そして、犬の歯の破折や咬耗を見つけたら、すぐに適切な治療を行うようにしましょう。

犬の根尖周囲病巣(こんせんしゅういびょうそう)と間違えやすい病気

犬の根尖周囲病巣と間違えやすい病気

trinityfoto/ Shutterstock.com

犬の根尖周囲病巣と間違えやすい病気としては、口腔内の皮膚病があげられます。

また、根尖周囲病巣の原因となる歯周病やう蝕、変形歯についても気になるところです。

みんなのコメント

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

「病気」の人気記事RANKING