【獣医師監修】犬の歯がグラグラしている、歯が抜けた。この症状の原因や病気は?

犬の歯がグラグラしている。すでに抜け落ちてしまっている。愛犬の歯がそのような状態なら、放置することはできませんね。今回は、犬の歯がグラグラしたり、抜けてしまう原因と対処法について解説します。

先生にお聞きしました
藤田 桂一 先生
フジタ動物病院 院長(獣医師)

日本獣医畜産大学(現:日本獣医生命科学大学)大学院 獣医学研究科 修士課程 修了。

1988年に埼玉県上尾市でフジタ動物病院を開院する。

同病院の院長として、獣医師15名、AHT・トリマー・受付31名、総勢46名のスタッフとともに活躍している。

【所属】
日本小動物歯科研究会 会長
公益社団法人 日本獣医学会 評議員
◆財団法人 動物臨床医学会 理事
公益財団法人 動物臨床医学研究所 評議員
日本獣医療倫理研究会(JAMLAS) 理事
NPO法人 高齢者のペット飼育支援獣医師ネットワーク 理事
日本獣医臨床病理学会 評議員
◆社団法人 日本動物病院福祉協会
世界動物病院協会
日本動物病院会
◆小動物臨床研究会さくら会
◆PCM 研究会

その他の会に所属し、研究活動を精力的に行っている。

岩手大学 農学部獣医学科 非常勤講師(2008~2012年)
帝京科学大学 生命環境学部 アニマルサイエンス学科 非常勤講師(2012年~)
日本大学 生物資源科学部 獣医学科 高度臨床獣医学 非常勤講師(2013年~)

【編著】
「基礎から学ぶ小動物の歯科診療 Vol.1」interzoo
「基礎から学ぶ小動物の歯科診療 Vol.2」interzoo
続きを読む

犬の歯がグラグラしている、歯が抜けた【考えられる原因】

犬の歯がグラグラしている、歯が抜けた【考えられる原因】

Nora009/ Shutterstock.com

犬の歯がグラグラしているのは、歯が抜ける一歩手前の状態です。

「歯がグラグラしている」「歯が抜けた」という状態(症状)に至る原因に違いはありません。

乳歯の生え変わり

犬の歯がグラグラしている生理的な原因としては、歯の生え変わりがあります。

生後3週間から2ヵ月の間に、乳歯が萌出(ほうしゅつ)し、生後4.5ヵ月〜7ヵ月までに永久歯が生えてきて、乳歯と永久歯の交換が完了します。

この間に乳歯と永久歯が共存する期間がありますが、これは数日(犬歯以外の歯)から長くても2〜3週間程度(上下顎の犬歯の場合)です。

この生え変わりは、むしろ犬の健全な成長を示すものなので、心配はいりません。

犬の乳歯遺残

llaszlo/ Shutterstock.com

グラグラしている乳歯もそのまま様子を見ていれば、自然に抜けて永久歯に生え変わりますが、この生え変わりがうまくいかずに、乳歯が残ってしまうことを「乳歯遺残(にゅうしいざん)」と言います。

ほとんどの場合、永久歯は乳歯の内側に生えてきますが、乳歯が抜けないと歯と歯の隙間がなくなることで細菌や汚れが溜まりやすく、歯周病や口内炎の原因になるので、抜歯の必要があります。

歯の脱臼

Lakiere Christie/ Shutterstock.com

歯の脱臼

犬の歯がグラグラしている病的な原因の一つに、歯の脱臼があります。

歯に強い衝撃を受けると、歯と歯槽骨(しそうこつ)をつなぎ固定している歯根膜が断裂し、歯がグラグラしてしまいます。

この状態を「歯の脱臼」と言い、衝撃の程度によって、歯がグラグラする「不完全脱臼」と、歯が抜け落ちてしまう「完全脱臼」があります。

歯の脱臼は自然に治ることはないので、動物病院で適切な処置を受ける必要があります。

口腔内の炎症

Tina Rencelj/ Shutterstock.com

口腔内の炎症

歯の表面に付着した歯垢や歯石に含まれる細菌によって、歯肉やその他の歯周組織(セメント質、歯根膜、歯槽骨)に炎症を起こす歯周病が進行します。

この歯周病により、歯を支えているこれらの歯周組織が破壊され、溶けてしまい、その結果、歯がグラグラしたり、抜け落ちたりすることがあります。

口腔内の腫瘍

Anna Berdnik/ Shutterstock.com

口腔内の腫瘍

腫瘍によって犬の歯がグラグラすることもあります。

腫瘍は、良性、悪性を問わず、口腔内のさまざまなところで発症する可能性があるので、普段から歯肉(歯茎)や口腔粘膜に、できものやしこりがないかを確認することで、早期発見が可能になります。

良性の腫瘍は転移の可能性はありませんが、悪性の腫瘍は急速に大きくなり、腫瘍の種類によっては転移する恐れがあります。

良性なのか悪性なのかは、見た目だけで判断することはできないので、病院で組織検査をする必要があります。

犬の歯がグラグラしている、歯が抜けた【こんな症状は要注意!】

犬の線維肉腫

Ivanova N/ Shutterstock.com

犬の歯がグラグラしている、歯が抜けた状態に加えて、以下の症状が見られる場合は、病気の恐れがあるので病院で診てもらいましょう。

口のまわりだけでなく顔全体が腫れている
片方の歯でしかものを噛まなくなった
歯垢・歯石が多く付いている
口臭がする、よだれが臭い
よだれに血がまじっている
口を触られるのを嫌がるようになった

歯周病などの口腔内疾患の可能性があります。

できものがどんどん大きくなっている
歯茎にしこりがある
顎が変形している

腫瘍の可能性があります。

犬の歯がグラグラしている、歯が抜けた【この症状で考えられるおもな病気】

犬の歯の脱臼

Reddogs/ Shutterstock.com

犬の歯の脱臼(だっきゅう)

犬の歯の脱臼(だっきゅう)とは、交通事故などの外力によって歯を骨に固定している歯根膜が断裂し、歯が抜けたりグラグラする状態です。

歯が抜け落ちる完全脱臼と位置がずれる不完全脱臼があります。

受傷後すぐに歯を戻し固定すれば、生着する可能性があります。

犬の歯周病(ししゅうびょう)

犬の歯周病(ししゅうびょう)とは、歯垢中の細菌が歯面に付着して、歯周組織(歯肉、セメント質、歯根膜、歯槽骨)が炎症を起こす病気で、3歳以上の成犬・成猫の約80%が歯周病をもっていると言われています。

歯肉にだけ炎症を起こす歯肉炎とその他の歯周組織まで炎症が及んだ歯周炎を総称したものを歯周病と呼びます。

犬の歯周病

Kim Christensen/ Shutterstock.com

犬の悪性黒色腫(メラノーマ)

犬の悪性黒色腫(あくせいこくしょくしゅ)とは、犬の口腔の悪性腫瘍の中でもっとも多く見られる腫瘍です。

口や口唇の粘膜、眼球、皮膚などの色素沈着の見られる部分に発生します。

急速に大きくなり、リンパ節や肺に転移する危険が高い腫瘍です。

犬の扁平上皮癌(へんぺいじょうひがん)

犬の扁平上皮癌(へんぺいじょうひがん)とは、悪性の腫瘍で、耳介(じかい)、鼻、爪の根元、口唇、歯肉などに発生します。

口にできた場合には、よだれや強い口臭が初期症状として現れますが、全身転移することは少ない腫瘍です。

犬の悪性黒色腫(メラノーマ)

kwanchai.c/ Shutterstock.com

犬の線維肉腫(せんいにくしゅ)

犬の線維肉腫(せんいにくしゅ)は、口の中や顔面、足、乳腺、体幹など、どんな部位にでも発症し、部位によって症状は異なります。

口の中にできると、リンパ節や肺への転移は少ないですが、口の中で比較的大きくなりやすい腫瘍です。

みんなのコメント

犬歯おたくさん
とても参考になりました。 幸いぐらぐら歯はありませんが、 うちのわんこは歯磨きが嫌いなので、歯周病が不安です。

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

関連する情報をもっと見る

「症状」の人気記事RANKING