【獣医師監修】犬の口の色がヘン・変色している。この症状から考えられる原因や病気は?

犬の口の中の色がいつもと違うようなら、それは病気のサインかもしれません。口の中の色の変化によって考えられる原因が異なるので、毎日の歯のお手入れの時には、歯茎や舌の色の変化もチェックしてあげましょう。

先生にお聞きしました
藤田 桂一先生
藤田 桂一先生
フジタ動物病院院長、獣医師

日本獣医畜産大学大学院獣医学研究科修士課程修了。1988年に埼玉県上尾市でフジタ動物病院を開院する。同病院の院長として、獣医師15名、AHT・トリマー・受付31名、総勢46名のスタッフとともに活躍している。

日本小動物歯科研究会会長、(社)日本獣医学会評議員、(財)動物臨床医学会理事、(公財)動物臨床医学研究所評議員、日本獣医療倫理研究会理事、 (NPO法人)高齢者のペット飼育支援獣医師ネットワーク理事、日本獣医臨床病理学会評議員、(社)日本動物病院福祉協会、世界動物病院協会、日本動物病院会、小動物臨床研究会さくら会、PCM 研究会、その他の会に所属し、研究活動を精力的に行っている。また、岩手大学農学部獣医学科非常勤講師(2008~2012年)、帝京科学大学生命環境学部アニマルサイエンス学科非常勤講師(2012年~)日本大学生物資源科学部獣医学科高度臨床獣医学非常勤講師(2013年~)もつとめている。
続きを読む

犬の口の色がヘン・変色している【考えられる原因】

口の中が赤く変色している場合

口腔内の炎症

口腔内の炎症

laolaopui/ Shutterstock.com

歯の表面に付着した歯垢(しこう)や歯石に含まれる細菌によって、歯肉やその他の歯周組織(セメント質、歯根膜、歯槽骨)に炎症を起こすのが歯周病です。

歯周病によって歯肉(歯茎)が赤く腫れたり、ただれたりします。

口腔内の腫瘍

口腔内の腫瘍

Sundays Photography/ Shutterstock.com

良性、悪性を問わず、口の中にできた腫瘍が原因で、歯茎が赤くなることもあります。

良性の腫瘍は転移の可能性はありませんが、悪性の腫瘍は急速に大きくなり、腫瘍の種類により転移する恐れがあります。

良性なのか悪性なのかは、見た目だけで判断することはできないので、病院で組織検査をする必要があります。

口の中が黒く変色している場合

メラニン色素の沈着

メラニン色素の沈着

Stefan Malloch/ Shutterstock.com

歯茎に作られたメラニン色素によって、歯茎や舌が黒くなることがありますが、通常、病気ではありません。

しかし、これが腫れてきた場合には腫瘍の可能性があります。

口腔内の腫瘍

口腔内の腫瘍

Halfpoint/ Shutterstock.com

メラニン色素の周囲に、良性のエプーリス(歯肉腫)ができることがあります。

ただし、口の中が黒く変色し、腫れてしこりができている場合には、腫瘍(悪性メラノーマ)の疑いがあります。

いずれの場合も、見た目だけで判断することはできないので、病院で組織検査を受けて確認してください。

口の中が白く変色している場合

貧血

貧血

Iuliubo/ Shutterstock.com

歯茎や舌が白くなっている場合、貧血の可能性があります。

貧血の症状が現れる原因はさまざまですが、重大な病気が潜んでいる可能性もあるため、早めに獣医師の診察を受けるようにしましょう。

低酸素状態

低酸素状態

bewitch_closet/ Shutterstock.com

血液がうまく流れずに低酸素状態に陥るショック症状が原因で、口の中が白く変色することがあります。

犬がぐったりしている場合は、すぐに病院に連れていきましょう。

犬の口の色がヘン・変色している【こんな症状は要注意!】

犬の口の色がヘン・変色している【こんな症状は要注意!】

memmore/ Shutterstock.com

以下の症状が見られる場合は、病気の恐れがあるので病院で診てもらいましょう。

口の中が赤く変色している
口の中が黒く変色している

メラニン色素の沈着も考えられますが、口腔内の腫瘍の可能性もあります。
飼い主自身で判断するのは危険なので、獣医師に判断してもらいましょう。

口の中が白く変色している

.

犬の口の色がヘン・変色している【この症状で考えられるおもな病気】

犬の歯周病

犬の歯周病

SmileonBow/ Shutterstock.com

犬の歯周病(ししゅうびょう)とは、歯垢中の細菌が歯面に付着して、歯周組織(歯肉、セメント質、歯根膜、歯槽骨)が炎症を起こす病気で、3歳以上の成犬・成猫の約80%が歯周病をもっていると言われています。
歯肉にだけ炎症を起こす歯肉炎とその他の歯周組織まで炎症が及んだ歯周炎を総称したものを「歯周病」と呼びます。

犬のエプーリス(エプリス、歯肉腫)

犬のエプーリス(エプリス、歯肉腫)

Gladskikh Tatiana/ Shutterstock.com

犬のエプーリス(エプリス、歯肉腫)とは、歯肉に良性の腫瘤ができる病気です。
慢性の歯周病から生じた反応性の病変です。
通常は一般症状を現さないことが多く、転移の恐れはありません。

犬の扁平上皮癌

犬の扁平上皮癌

Maxim Lysenko/ Shutterstock.com

犬の扁平上皮癌(へんぺいじょうひがん)とは、悪性の腫瘍で、耳介、鼻、爪の根元、口唇、歯肉などに発生します。
口にできた場合には、よだれや強い口臭が初期症状として現れますが、全身転移することは少ない腫瘍です。

犬の線維肉腫

犬の線維肉腫

Elena11/ Shutterstock.com

犬の線維肉腫(せんいにくしゅ)とは、口の中や顔面、足、乳腺、体幹など、どんな部位にでも発症し、部位によって症状は異なります。
口の中にできると、リンパ節や肺への転移は少ないですが、口の中で比較的大きくなりやすい腫瘍です。

犬の悪性黒色腫(メラノーマ)

犬の悪性黒色腫(メラノーマ)

Anna Belkina Spb/ Shutterstock.com

犬の悪性黒色腫(あくせいこくしょくしゅ)とは、犬の口腔の悪性腫瘍の中でもっとも多く見られる腫瘍です。
口や口唇の粘膜、眼球、皮膚などの色素沈着の見られる部分に発生します。
急速に大きくなり、リンパ節や肺に転移する危険が高い腫瘍です。

犬の慢性腎不全

犬の慢性腎不全

arhendrix/ Shutterstock.com

犬の慢性腎不全 (まんせいじんふぜん)とは、腎臓の一部であるネフロンが壊され、腎機能が徐々に低下し、機能不全になる病気です。
はっきりとした症状はなく、食欲低下や体重減少、多飲多尿が見られます。

犬のアナフィラキシーショック

犬のアナフィラキシーショック

Numstocker/ Shutterstock.com

犬のアナフィラキシーショックとは、薬や食べ物などが原因で激しいアレルギー症状が起きた状態です。
とくにワクチンを接種して数時間以内に起こるものが有名です。
急性の場合は30分以内に発症し、粘膜の色が青白くなり、顔が腫れて呼吸困難となったり、嘔吐、さらには急激に血圧が低下して非常に危険な状態に陥ります。
ワクチン接種後は獣医師の指示を守って、様子を観察してください。

犬の敗血症

犬の敗血症

MPH Photos/ Shutterstock.com

犬の敗血症(はいけつしょう)とは、細菌が血液に入り込んだ時に免疫機能がうまく働かず、重篤な全身症状を起こす病気です。
子宮蓄膿症や腎盂腎炎、腹膜炎などのほか、口腔や皮膚等の細菌感染も原因になります。
重症化すると血流不足による臓器機能不全に陥り、命を落とす恐れもあります。

みんなのコメント

赤ちゃんのお口の匂い好きさん
犬の口の中なんてあまり見たことが なかったので、非常に勉強になりました。 白くなったり黒くなったりもするんですね! これからはウチのまめしばのお口も 見てあげようと思います。

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

関連する情報をもっと見る

「症状」の人気記事RANKING