【獣医師監修】犬の口のまわりが腫れている。この症状から考えられる原因や病気は?

犬の口のまわりが腫れてしまって、見た目にも苦しそうな表情を見るのは、飼い主にとって辛いことですね。そんな時に適切に対処できるように、犬の口まわりが腫れてしまう原因や症状について解説します。

先生にお聞きしました
藤田 桂一先生
フジタ動物病院院長、獣医師

日本獣医畜産大学大学院獣医学研究科修士課程修了。1988年に埼玉県上尾市でフジタ動物病院を開院する。同病院の院長として、獣医師15名、AHT・トリマー・受付31名、総勢46名のスタッフとともに活躍している。

日本小動物歯科研究会会長、(社)日本獣医学会評議員、(財)動物臨床医学会理事、(公財)動物臨床医学研究所評議員、日本獣医療倫理研究会理事、 (NPO法人)高齢者のペット飼育支援獣医師ネットワーク理事、日本獣医臨床病理学会評議員、(社)日本動物病院福祉協会、世界動物病院協会、日本動物病院会、小動物臨床研究会さくら会、PCM 研究会、その他の会に所属し、研究活動を精力的に行っている。また、岩手大学農学部獣医学科非常勤講師(2008~2012年)、帝京科学大学生命環境学部アニマルサイエンス学科非常勤講師(2012年~)日本大学生物資源科学部獣医学科高度臨床獣医学非常勤講師(2013年~)もつとめている。
続きを読む

犬の口のまわりが腫れている【考えられる原因】

細菌による歯周の炎症

細菌による歯周の炎症

hjochen/ Shutterstock.com

歯の表面に付着した歯垢や歯石に含まれる細菌によって、歯肉やその他の歯周組織(セメント質、歯根膜、歯槽骨)に炎症が起こすのが歯周病です。

この炎症からさらに進行すると、口のまわりや顔が腫れてしまうことがあります。

犬の歯垢や歯石に注意

karelnoppe/ Shutterstock.com

歯周病を放置しておくと、細菌が歯の根っこの奥にまで進み、強い炎症を引き起こし、この状態を「根尖周囲病巣(こんせんしゅういびょうそう)」と言います。

この根尖周囲病巣が進行すると顔の皮膚まで穴が開く外歯瘻(がいしろう)や口腔粘膜に穴が開く内歯瘻(ないしろう)という重度の疾患に。

犬は歯垢や歯石が付きやすいので注意してください。

歯の破折(はせつ)

歯の破折(はせつ)

Africa Studio/ Shutterstock.com

犬の歯が折れたり、欠けたりすることを、「破折(はせつ)」と言います。

破折によって歯の神経にあたる歯髄が見える状態(露髄)となった場合には、歯髄に細菌が入り込んで炎症を引き起こすことで、月日が経つと口のまわりや顔が腫れることがあります。

この状態を放置すれば、根尖周囲病巣から外歯瘻や内歯瘻という重度の疾患に進行することなります。

腫瘍

腫瘍

barinovalena/ Shutterstock.com

腫瘍は、良性、悪性を問わず、口腔内のさまざまなところに見られます。

この腫瘍の盛り上がりによって、口のまわりや顔が腫れているように見える場合があります。

また、悪性の場合、骨の組織にも腫瘍が見られることも多く、顔が腫れて見えることがあります。

アレルギー反応

アレルギー反応

MEENzFoto/ Shutterstock.com

口のまわりや顔が、急に腫れてきたのなら、アレルギー反応による場合がほとんどです。

食事や虫にさされたこと、植物に触れた場合などに起きることがあります。

加えて、ワクチンの接種後に起きるアレルギー反応によっても顔が腫れてしまうことがあります。

これも原因?

犬の口のまわりが腫れている原因として、「骨折している」という情報がWebなどに掲載されていますが、現在、「犬の口のまわりが腫れている」状態と直接的な因果関係はわかっていません。

犬の口のまわりが腫れている【こんな場合は要注意!】

elbud/ Shutterstock.com

犬の口のまわりが腫れている症状が見られる場合は、なんらかの病気の恐れがあるので病院で診てもらいましょう。

犬の口のまわりが腫れている【この症状で考えられるおもな病気】

犬の歯周病

犬の歯周病

1stGallery/ Shutterstock.com

歯垢中の細菌が歯面に付着して、歯周組織(歯肉、セメント質、歯根膜、歯槽骨)が炎症を起こす病気で、3歳以上の成犬・成猫の約80%が歯周病をもっていると言われています。
歯肉にだけ炎症を起こす歯肉炎とその他の歯周組織まで炎症が及んだ歯周炎を総称したものを「歯周病」と呼びます。

犬の根尖周囲病巣(こんせんしゅういびょうそう)

犬の根尖周囲病巣(こんせんしゅういびょうそう)

Igor Normann/ Shutterstock.com

歯の破損や歯周病により、歯の根元の周囲に炎症が起きる病気です。
歯の根元の周囲に膿が溜まると、目の下や下顎が腫れ、さらに瘻管を通じて排膿が見られることもあります。
口腔内に瘻管が開くと内歯瘻(ないしろう)、頬などの皮膚に開くと外歯瘻(がいしろう)になります。

犬の口腔内腫瘍

犬の口腔内腫瘍

Andi Berger/ Shutterstock.com

犬の口腔内悪性腫瘍で代表的なものは、悪性メラノーマ、扁平上皮癌、線維肉腫です。
このうち悪性メラノーマが最も罹患率が高く、リンパ節や肺に転移しやすい腫瘍です。
一般的に口腔内悪性腫瘍は、外科的に切除します。

犬の食物アレルギー

犬の食物アレルギー

kobkik/ Shutterstock.com

本来無害な食べ物に対し、免疫が過剰に働き、過敏に反応してしまう状態です。
原因は小麦、牛肉、乳製品、大豆などさまざまで、体をかゆがる、毛が抜ける、下痢や嘔吐、顔面の発赤等のアレルギー症状が起こります。

【腫瘍科認定獣医師監修】犬の口の中にしこり・できものがある。原因や症状、病気は?

【口腔専門獣医師監修】犬が口をくちゃくちゃしている。原因や症状、おもな病気は?

【口腔専門獣医師監修】犬が口のまわりをずっと舐めている。原因や症状、おもな病気は?

みんなのコメント

りっくんさん
8割の成犬が歯周病とは驚きました!飼っている犬の口臭が気になるので、今まで以上に歯みがきをちゃんと取り組みたいと思います。

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

関連する情報をもっと見る

「症状」の人気記事RANKING