【獣医師監修】老犬が吐く、嘔吐を繰り返す原因や理由は?対処・治療法、治療費、予防対策は?

老犬が吐く時、一過性で心配のないものもあれば、腎不全や膵炎(すいえん)、突然に発症する前庭疾患など気をつけたい病気の場合もあります。老犬はちょっとしたことで体調を崩しやすく、また、病気の進行も早いと言われるので、嘔吐についても原因や症状など基本情報を知っておきましょう。

先生にお聞きしました
箱崎 加奈子 先生
麻布大学獣医学部獣医学科 卒業
【獣医師】【ドックトレーナー】【トリマー】
ペットスペース&アニマルクリニックまりも 病院長
一般社団法人女性獣医師ネットワーク 代表理事
株式会社WVN代表取締役

【学歴・経歴】
◇1982年:東京生まれ、東京育ち
◇2001年:青山ケンネルスクールトリミング科 卒業
◇2007年:麻布大学獣医学部獣医学科 卒業
◇2009年:アニマルプラザ ドッグトレーナーズカレッジ 卒業
◇2009年:ペットスペース&アニマルクリニックまりも 開業
◇2011年:女性獣医師ネットワーク設立(2016年一般社団法人化)
◇2017年:株式会社WVN 設立

【資格】
獣医師
日本ドッグトレーナー協会 ドッグトレーナー A級ライセンス
日本アニマルアロマセラピー協会認定 アニマルアロマセラピスト
◇青山ケンネルスクールトリミング B級ライセンス 

【所属】
一般社団法人 女性獣医師ネットワーク代表理事

【著作物】
最新版 愛犬の病気百科」愛犬の友編集部
犬にも人にも優しい飼い方のメソッド 愛犬をケガや病気から守る本」愛犬の友編集部

【ペットへの想い、職業上のペットとのかかわり】
18歳でトリマーとなり、以来ずっとペットの仕事をしています。
ペットとその家族のサポートをしたい、的確なアドバイスをしたいという思いから、トリマーとして働きながら獣医師、ドッグトレーナーになりました。
病気の予防、未病ケアに力を入れ、家族、獣医師、プロ(トリマー、動物看護師、トレーナー)の三位一体のペットの健康管理、0.5次医療の提案をしています。
現在の愛犬は「シーズー」。
看板犬、スタッフ育成のモデル犬として良きパートナーです。
ハムスター、うさぎ、ハリネズミ、ヨークシャテリアとも暮らしてました。
家族のいない犬の一時預かり、離乳前の子猫を育てるミルクボランティアなどもやってます。
続きを読む

老犬が吐く(嘔吐)【原因・理由】

老犬が吐く(嘔吐)【原因・理由】

Cerrophotography / PIXTA(ピクスタ)

老犬が一口に「吐く」と言っても、大きくは「吐出(としゅつ)」と「嘔吐(おうと)」に分けることができます。

「吐出(としゅつ)」は、食道に何か詰まっている、咽頭(いんとう)のトラブルや嚥下(えんげ)障害などにより、胃に入る前の物が吐き出されます。

それに対し「嘔吐」は、脳にある嘔吐中枢が何らかの原因によって刺激を受けると吐き気を感じ、それが限界を超えた時、胃の出口が閉まるとともに胃の入り口が緩み、腹筋や横隔膜が収縮して胃の内容物が吐き出されます。

老犬 嘔吐 原因

iStock.com/mjohanson

「嘔吐」はさらに「中枢性(ちゅうすいせい)」と「反射性(末梢性)」に分けることができます。

「中枢性」は脳にある嘔吐中枢が刺激を受けて嘔吐するもの、「反射性(末梢性)」は迷走神経や交感神経を通じて、嘔吐中枢が刺激を受けるものです。

老犬の嘔吐【中枢性(ちゅうすいせい)】

中枢性考えられる原因
1. 脳内の刺激
2. 大脳皮質からの刺激
3. 前庭や小脳などからの刺激
4. 代謝や薬物などの刺激
脳腫瘍、脳出血、頭部の外傷
乗り物酔い
ストレス、不安
肝不全
尿毒症
糖尿病
中毒、薬剤の影響 など
老犬 嘔吐 原因 反射性 食べ過ぎ

YAMATO / PIXTA(ピクスタ)

老犬の嘔吐【反射性(末梢性)】

反射性(末梢性)考えられる原因
消化管や循環器、非尿生殖器などからの信号が迷走神経、
交感神経などを介して伝わることで嘔吐中枢が刺激
食べ過ぎ、飲み過ぎ
空腹
食べ物が合わない
ガツガツとした早食い
胃腸の炎症
膵炎(すいえん)
腸閉塞
尿路結石 など

老犬が吐く(嘔吐)【症状・状態】

老犬が吐く(嘔吐)【症状・状態】

iStock.com/AMR Image

「吐出(としゅつ)」の場合は吐き気を伴わず、食後間もなく、あまり苦しそうな様子も見せずに口にした物がするっと戻ってくるような感じで吐き出すのが特徴的です。

胃には届いていないので、吐いた物は未消化物であることが多いです。

一方、「嘔吐」の場合は吐き気があり、

吐く前に元気がない

よだれ

唇を何度も舐める

震える

ごくんごくんと何度も飲み込もうとする

などの様子が見られることがあります。

老犬 嘔吐 症状

iStock.com/Denise Erickson

吐いた物は消化した状態、未消化の物が混じった状態、胃液などの他、場合によっては血や寄生虫などが混じっていることもあります。

老犬の「吐出」と「嘔吐」の違い

吐出(としゅつ)嘔吐
吐き気ないある
吐く前の様子普段とあまり変わらないよだれ、震え、唇を舐めるなど
吐いた物未消化物・消化物、消化物+見消化物、胃液
・透明:胃液
・黄色:胆汁が混じった胃液
・赤、茶色、黒色:胃や食道などからの出血の可能性
(濃いほど出血から時間が経っている)
吐く時間食後間もなく不特定
老犬 嘔吐 動物病院 受診

Kukota / PIXTA(ピクスタ)

胃拡張・胃捻転の場合は、

吐こうとしても吐けない

透明の粘液や白い泡が出る

腹部が膨らんでいる

舌が紫色~白っぽい(チアノーゼ)

などの様子が見られることがありますが、これは緊急を要する病気なので、すぐに動物病院へ行くことをお勧めします。

また、下痢ご飯を食べない多飲多尿、体重減少、腹痛、元気がない、発熱、痙攣(けいれん)などの他、1日に何度も吐く、嘔吐を繰り返すといった場合は動物病院で診てもらいましょう。

嘔吐が激しい場合は、脱水や電解質バランスの崩れが起こることもあるのでご注意ください。

【参照元】福岡市獣医師会「家庭の獣医学コラムNo.16下痢・嘔吐」

老犬が吐く(嘔吐)【気をつけたい犬種】

老犬が吐く(嘔吐)【気をつけたい犬種】

Ryhor Bruyeu / PIXTA(ピクスタ)

前出の胃拡張・胃捻転は大型犬で、特に、胸部より腹部が極端に細いタイプや胸の深いタイプの犬種に多いと言われますが、稀に中型犬小型犬でも起こることがあるそうです。

ボルゾイ

グレート・デン

ジャーマン・シェパード・ドッグ

アイリッシュ・セッター

ドーベルマン・ピンシャー

ラブラドール・レトリーバー

ゴールデン・レトリーバー

ロットワイラー

ラフ・コリー、スムース・コリー

バーニーズ・マウンテンドッグ

老犬が吐く(嘔吐)【考えられる病気は?】

老犬が吐く(嘔吐)【考えられる病気は?】

iStock.com/Aivita

嘔吐(吐く)が起こる病気は数多くありますが、以下はその例です。

老犬の嘔吐(吐く)【考えられる病気】

疾患嘔吐以外の症状
ストレス・下痢
・食欲の低下または増加
・脱毛、フケ
・吠える
・あくび
・体を掻く、体を震わせる
・舌なめずり
・ストレスサイン、問題行動の発現
アレルギー・痒み
・脱毛
・体を舐める
・下痢
膵炎(すいえん)・下痢、食欲低下、体重減少
・重度になると腹痛、脱水
腎不全・尿毒症・多飲多尿
・下痢、食欲低下、体重減少
・口臭
・ふらつき、痙攣
肝不全・元気や食欲の低下
・下痢
・多飲多尿
・進行すると黄疸も
老犬性特発性前庭疾患・首が片側に傾く
・眼振、ふらつき
・一方向に回るように歩く
子宮蓄膿症・多飲多尿
・陰部からの膿
・元気や食欲の低下
ガン・腫瘍・元気や食欲の低下
・下痢、体重減少
・発熱・呼吸困難・嚥下障害
腸閉塞・元気や食欲の低下
・嘔吐物に便の臭い
・腸がねじれているとぐったりしていることもある
胃拡張・胃捻転・ぐったりしている
・腹部の膨らみ
・食後数時間して吐くことが多い
熱中症・よだれ
・発熱
・下痢、脱水
・パンティング
・粘膜の充血
・痙攣(けいれん)
中毒・薬の副作用・よだれ
・下痢
・振戦
・痙攣(けいれん)
・呼吸困難

【参照元】
ZOETIS JAPAN「特別座談会 犬の嘔吐の治療および管理の実際と対応 -制吐剤の効果的な使い方-」
特定非営利活動法人日本緩和医療学会「がん患者の消化器症状の緩和に関するガイドライン2011年版/Ⅱ章背景知識1嘔気・嘔吐の病態生理」(p14-16)

老犬が吐く(嘔吐)【検査・治療法・治療費】

老犬が吐く(嘔吐)【検査・治療法・治療費】

iStock.com/yellowsarah

老犬の嘔吐の場合、「急性」か「慢性」かの判断が必要になります。

一過性で軽度の場合は、食べ物や水を与えずにしばらく様子を見ることになるでしょう。

水を飲んだだけでも、その刺激でまた吐くことがあるので、胃腸や食道を休めることは大事です。

嘔吐(吐く)の原因を探るには、血液検査や血液生化学検査、糞便検査、尿検査、レントゲン、内視鏡検査、超音波検査などが必要になることもあります。

原因となる病気がある場合は、嘔吐の対処と同時にその治療が何より大事となるのは言うまでもありません。

老犬 嘔吐 制吐剤

iStock.com/skynesher

制吐剤(吐き気止め)が必要な時は、内服薬か注射か、状況に応じて選択されます。

脱水や電解質バランスの乱れが生じている場合は、輪液(点滴)が必要になることもあるでしょう。

なお、水を飲ませる時には少量から始めます。

場合によっては、飲んだ刺激で嘔吐を繰り返し、脱水を起こす可能性もあるそうで、それを予防するためです。

【参照元】
公益社団法人日本薬学会「薬学用語解説 -嘔吐-」
金沢医科大学「悪心・嘔吐」

老犬 嘔吐 検査

iStock.com/sssss1gmel

老犬が吐く(嘔吐)【検査】

検査項目主な内容/確認できるもの
血液学検査赤血球や白血球、血小板などの数や大きさから炎症や脱水、ストレス、感染症、貧血などの有無を調べる
血液生化学検査アルブミンやクレアチニン、尿酸、アルカリフォスファターゼなど血液中の様々な成分を測定し、体内の栄養状態や異常を見る
尿検査PHや蛋白、糖、赤血球を調べることで腎臓障害や糖尿病の診断に役立つほか、腎臓や膀胱の状態、腫瘍などの確認ができる
糞便検査寄生虫や細菌の有無を確認するほか、消化具合の確認もできる
レントゲン検査臓器の状態を視覚的に確認するほか、臓器の動きなど機能を確認する
超音波検査(腹部エコー)超音波を利用して肝臓や膵臓など臓器の状態を確認する
老犬 嘔吐 治療費

iStock.com/GlobalP

老犬の吐く(嘔吐)【治療費の目安】

項目治療費の目安
血液検査~5万円
糞便検査~2万円
尿検査~2万5,000円
レントゲン検査~5万円
内視鏡検査~5万円超
輪液~5万円超
調剤料(1回)~1万2,500円
処方箋~1万円

【参照元】公益社団法人 日本獣医師会「家庭飼育動物(犬・猫)の診療料金実態調査(平成27年度)」

老犬 嘔吐 診断

iStock.com/Fortyfour

診断には飼い主さんへの問診がとても重要になるので、以下のようなことをチェックして動物病院へ行くといいでしょう。

可能なら嘔吐物を持参する(不可能なら、嘔吐物の状態や色など)

嘔吐したのはいつか?(食後すぐ、数時間後、何かをした後など)

回数は?(1回だけ、1日に数回、嘔吐することが多いなど)

どのように吐くのか?(体を震わせて苦しそうに吐く、吐きそうだが出ないなど)

吐いた後の犬の様子は?(けろっとしている、元気がないなど)

他に気になる症状はあるか?(下痢、発熱、痙攣、お腹が膨らんでいるなど)

老犬が吐く(嘔吐)【予防対策】

老犬が吐く(嘔吐)【予防対策】

KAZU/ PIXTA(ピクスタ)

老犬の嘔吐(吐く)を予防するには、次のようなことには気をつけたいものです。

老犬が吐く(嘔吐)「予防対策」①【食事の回数】

老犬は消化機能も低下している上、嚥下(えんげ)の問題が起こることもあるため、食事を数回に分けて与えましょう。

食事の数回に分けることで愛犬の空腹の時間を短くすることもできます。

老犬が吐く(嘔吐)「予防対策」②【消化のよい食事】

予防対策②【消化のよい食事】

マコ父 / PIXTA(ピクスタ)

老犬は消化機能が衰えているため、消化のよいものを与えましょう。

食べ物はなるべく細かく刻むか、またはペースト状にして飲み込みやすい形状にしてあげます。

老犬が吐く(嘔吐)「予防対策」③【ストレスや病気】

老犬にとって強い負のストレスは与えないように気を付けます。

愛犬がいつもと違う様子がないか、こまめにチェックしましょう。

また、根底に病気があって吐くことは多々あるので、病気の予防に心がけます。

病気がなくても、7歳を過ぎたら、定期的な健康診断をおすすめします。

老犬が吐く(嘔吐)「予防対策」④【食後すぐの運動】

老犬 食後 休憩

iStock.com/fusaromike

食後すぐに遊んだり、運動することで犬は吐いてしまうことがあります。

食事をしたら、しばらくはゆっくりと休ませ、消化を促しましょう。

老犬が吐く(嘔吐)「予防対策」⑤【食べたら危険な食べ物】

認知症になった犬は、食べ物でない物を口にすることもあります。

チョコレートぶどう玉ねぎなど、犬が食べたら危険な食べ物や誤飲しそうなおもちゃは犬の周囲に置かないようにしましょう。

老犬が吐く(嘔吐)【まとめ】

老犬が吐く(嘔吐)【まとめ】

shiho0808/ PIXTA(ピクスタ)

老犬の咳と吐出、嘔吐(としゅつ)は一見見分けにくいので、できるだけ犬の様子をよく観察するようにしましょう。

咳は「カッ、カッ」「ゼハッ、ゼハッ」といった感じで連続的です。

また、りんごのような果物は、食道ではなく、誤って気道に入る誤嚥(ごえん)を起こすことがあります。

誤嚥(ごえん)でむせた愛犬が吐出するのを防ぐため、飲み込む力も低下しがちな老犬では、細かくするか、すりおろすなどしたほうがいいでしょう。

老犬は嘔吐や下痢などをきっかけに体調を崩してしまうことがあります。

少しでも気になる時には、早めに動物病院で診てもらうことをお勧めします。

みんなのコメント

もどしっちさん
生後7か月くらいのときに何でも吐いてしまってパニックになりました。 病院に連れていくか迷ってましたがとりあえず様子見してたら治ったのですが、 こういう情報に早くあたってたらより冷静に対処できると思うので 飼い主側が知識を持っておくことは大事ですね。

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

関連する情報をもっと見る