【獣医師監修】「犬の唾液瘤(だえきりゅう)」原因や症状、なりやすい犬種、治療方法は?

「犬の唾液瘤(だえきりゅう)」とは、唾液を分泌する唾液腺や分泌された唾液を口腔内に導く導管と呼ばれる組織に、何らかの損傷が起きて、唾液が周囲の組織に漏れ出してしまう病気です。ここでは、唾液瘤の原因や症状、治療法について解説します。

先生にお聞きしました
藤田 桂一 先生
フジタ動物病院 院長(獣医師)

日本獣医畜産大学(現:日本獣医生命科学大学)大学院 獣医学研究科 修士課程 修了。

1988年に埼玉県上尾市でフジタ動物病院を開院する。

同病院の院長として、獣医師15名、AHT・トリマー・受付31名、総勢46名のスタッフとともに活躍している。

【資格】
獣医師

【所属】
日本小動物歯科研究会 会長
公益社団法人 日本獣医学会 評議員
◆財団法人 動物臨床医学会 理事
公益財団法人 動物臨床医学研究所 評議員
日本獣医療倫理研究会(JAMLAS) 理事
NPO法人 高齢者のペット飼育支援獣医師ネットワーク 理事
日本獣医臨床病理学会 評議員
◆社団法人 日本動物病院福祉協会
世界動物病院協会
日本動物病院会
◆小動物臨床研究会さくら会
◆PCM 研究会

その他の会に所属し、研究活動を精力的に行っている。

岩手大学 農学部獣医学科 非常勤講師(2008~2012年)
帝京科学大学 生命環境学部 アニマルサイエンス学科 非常勤講師(2012年~)
日本大学 生物資源科学部 獣医学科 高度臨床獣医学 非常勤講師(2013年~)

【編著】
「基礎から学ぶ小動物の歯科診療 Vol.1」interzoo
「基礎から学ぶ小動物の歯科診療 Vol.2」interzoo
続きを読む

犬の唾液瘤(だえきりゅう)とは

犬の唾液瘤(だえきりゅう)とは

犬の大唾液腺の分布

犬の唾液腺には、耳下腺(じかせん)、下顎腺(かがくせん)、舌下腺(ぜっかせん)、頬骨線(きょうこつせん)から構成される「大唾液腺」と、口蓋腺(こうがいせん)、舌腺(ぜつせん)、口唇腺(こうしんせん)などからなる「小唾液腺」があります。

唾液瘤は、おもに大唾液腺や導管が損傷を受け、唾液が漏れ出して、周囲の組織に溜まってしまう病変です。

唾液の役割とは

iStock.com/Wavetop

唾液の役割とは

唾液には口の中を潤すばかりではなく、さまざまな働きがあります。

自浄作用

口腔内のものを物理的に洗浄して排除する

緩衝作用

口腔内を適切なpHに保つ

再石灰化作用

溶けかかった歯の表面を修復する

抗菌作用

細菌の増殖を抑制し、細菌を死滅させる

消化作用

唾液中のアミラーゼででんぷんを消化する(ただし犬では唾液中のアミラーゼはほとんど認められない)

湿潤作用

口腔内の乾燥を防止する

排泄作用

有害物質を薄めて無害化し、体外に出す

唾液の役割とは

Vera Larina/ Shutterstock.com

口腔内には、多くの細菌が侵入してきますが、唾液や歯肉溝滲出液(しにくこうしんしゅつえき)によって体内に入ってくるのを防いでいます。

さらに上皮による物理的な排除、好中球による貪食、免疫担当細胞による無毒化など何重もの防御機構が備わっています。

そうした防御機構として唾液が果たしている役割には、次の4つがあります。

(1)多量の唾液による物理的な排除

(2)唾液中に含まれるIgA(免疫グロブリンA)による細胞の無毒化

(3)唾液中に含まれるムコ多糖類によるウイルスの無毒化

(4)唾液中に含まれるリゾーチームなどの酵素による細菌の溶解

原因

犬の唾液瘤【原因】

唾液腺やその導管の損傷

唾液腺やその導管の損傷

頸部(けいぶ)腹側に発症した唾液瘤

犬の唾液瘤の原因は、唾液腺やその導管の損傷と考えられていますが、特定されることは稀であり、外傷によるものがもっとも多い原因だと考えられます。

外傷は、交通事故やチェーン式首輪によるものから、植物片などの異物が原因となることもあります。

加えて、耳道切除術や抜歯や顎骨整復(がっこつせいふく)、腫瘍の切除後の唾液腺や導管の損傷により発生することも少なくありません。

唾石(だせき)や炎症による唾液腺導管の閉塞

唾液腺の内部やその導管に、リン酸や炭酸カルシウムを成分とする結石ができた状態を「唾石(だせき)」と言いますが、唾液瘤は、この唾石や炎症による唾液腺導管の閉塞によって引き起こされることがあります。

症状

犬の唾液瘤【症状】

犬の唾液瘤【症状】

Eric Isselee/ Shutterstock.com

犬の唾液瘤には、以下のような症状が見られます。

口や喉のあたりが腫れ上がっている
よだれを多くたらしている
食べ物を飲み込みづらそうにしている
目が飛び出したように見える

唾液瘤が頬骨線に生じると、眼球を圧迫して、眼球突出や外斜視などが見られます。

口や喉の付近の腫れ(腫脹)が、犬の唾液瘤のおもな症状ですが、下顎部においてこの腫れが重度に進行すると、嚥下(えんげ:飲み込むこと)困難や流涎(よだれ)が認められることがあります。

また、舌下腺から唾液が漏出し、口腔舌下部に認められる唾液瘤を「ガマ種」と呼びます。

発症しやすい犬種

犬の唾液瘤【発症しやすい犬種】

犬の唾液瘤【発症しやすい犬種】

Shedara Weinsberg/ Shutterstock.com

犬の唾液瘤は、すべての犬種に発症の可能性がありますが、統計的には、他の犬種と比べてとくに以下の犬種の発症リスクが高いと言われています。

また、雌に比べると、わずかに雄の発症が多い傾向があります。

オーストラリアン・シルキー・テリア
ダックスフンド
トイ・プードル

診断方法

犬の唾液瘤【診断方法】 

触診

iStock.com/K_Thalhofer

触診

腫れている部位に触れ、唾液瘤ではよく見られる波動感(増大と減退を繰り返す症状)を確認します。

穿刺(せんし)吸引

唾液瘤と腫瘍や膿瘍および唾液腺炎を鑑別するために、穿刺吸引(せんしきゅういん)を行います。

穿刺吸引によって、透明から灰白色または血液色を帯びていて、粘り気の強い液体が採取されると、唾液瘤と診断されます。

※穿刺吸引(せんしきゅういん):注射器で溜まってしまった唾液を抜き取ること

画像診断

唾石、異物による病変か、腫瘍かを特定する場合には、レントゲン検査や超音波検査を行います。

どの唾液腺が罹患したのかが不明確な場合には、MRIを用いた唾液腺造影法によって特定することができます。

治療方法

犬の唾液瘤【治療方法】 

犬の唾液瘤【治療方法】 

iStock.com/Morsa Images

唾液瘤を発症した場合の治療法としては、穿刺吸引によって溜まってしまった唾液を抜き取るという方法がありますが、これは一時的な処置に過ぎず、すぐに再発が見られるため、外科手術によって貯留した唾液を除去し、唾液を供給している唾液腺を摘出する必要があります。

犬の唾液腺は複数あるために、一つの唾液腺を摘出しても唾液の分泌に悪影響が出ることはありません。

予防・対策

犬の唾液瘤【予防対策】 

犬の唾液瘤【予防対策】 

iStock.com/Nataba

唾液瘤は、原因がはっきりしていないため、確かな予防法はありません。

唾液腺や導管の損傷を防ぐために、異物を飲み込んだり、犬の首にかかる負担をできるだけ軽減してあげるように、日頃から心がけましょう。

犬の唾液瘤と間違えやすい病気 

犬の唾液腺炎

犬の唾液腺炎とは、唾液を分泌する唾液腺が炎症を起こす病気です。

犬の唾液は舌の下や口の奥、顎の下や眼球の真下など複数の唾液腺で作られており、そこが細菌感染を起こします。

腫瘍や発熱、食欲不振などが現れます。

犬の唾液腺腫瘍

犬の唾液腺腫瘍

BONNIE C. MARQUETTE- stock.adobe.com

犬の唾液腺腫瘍とは、大唾液腺と呼ばれる耳下腺、顎下腺、舌下腺および口腔内の小唾液腺に腫瘍ができる病気です。

良性と悪性の場合があり、腫瘍のほか、よだれや食欲低下が起こります。

悪性の場合は転移し、命を落とす危険があります。

みんなのコメント

まるくんさん
犬の顎の下が大きく腫れている画像を見て驚きました! こんな病気もあるんですね。。。 我が家のバセットハウンドもよだれが多めなので なかなか見ない顎の下もちゃんと見てあげなきゃ、と思いました。

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

関連する情報をもっと見る

「病気」の人気記事RANKING