【獣医師監修】犬の口が臭い。この症状から考えられる原因や病気は?

基本的に、健康的な犬の口臭が気になることはありません。口が臭いということは、その犬が何らかのトラブルを抱えているということになります。どんな臭いがするかによって原因が異なるので、口臭の種類別に解説します。

先生にお聞きしました
藤田 桂一 先生
フジタ動物病院 院長(獣医師)

日本獣医畜産大学(現:日本獣医生命科学大学)大学院 獣医学研究科 修士課程 修了。

1988年に埼玉県上尾市でフジタ動物病院を開院する。

同病院の院長として、獣医師15名、AHT・トリマー・受付31名、総勢46名のスタッフとともに活躍している。

【資格】
獣医師

【所属】
日本小動物歯科研究会 会長
公益社団法人 日本獣医学会 評議員
◆財団法人 動物臨床医学会 理事
公益財団法人 動物臨床医学研究所 評議員
日本獣医療倫理研究会(JAMLAS) 理事
NPO法人 高齢者のペット飼育支援獣医師ネットワーク 理事
日本獣医臨床病理学会 評議員
◆社団法人 日本動物病院福祉協会
世界動物病院協会
日本動物病院会
◆小動物臨床研究会さくら会
◆PCM 研究会

その他の会に所属し、研究活動を精力的に行っている。

岩手大学 農学部獣医学科 非常勤講師(2008~2012年)
帝京科学大学 生命環境学部 アニマルサイエンス学科 非常勤講師(2012年~)
日本大学 生物資源科学部 獣医学科 高度臨床獣医学 非常勤講師(2013年~)

【編著】
「基礎から学ぶ小動物の歯科診療 Vol.1」interzoo
「基礎から学ぶ小動物の歯科診療 Vol.2」interzoo
続きを読む

犬の口が臭い【考えられる原因】

生臭い独特の臭いがする

Sukhareva Aleksandra/ Shutterstock.com

生臭い独特の臭いがする

野菜が腐敗した時のような生臭さは、細菌によって分解されて発生する「チオール」という揮発性の硫黄化合物によるものがほとんどです。

この生臭さを感じる場合には、歯周病や口内炎、舌炎(ぜつえん)などの口腔内疾患の可能性があります。

また、胃がんや口腔内の腫瘍が原因の場合もあります。

すっぱい臭いがする

すっぱい臭いがする

Perry Svensson/ Shutterstock.com

口臭にすっぱさを感じる時は、胃腸の不調が原因であることが多いようです。

胃腸炎にかかっている場合や腸内環境が悪化していると、すっぱい臭いの口臭になります。

アンモニア臭がする

尿毒症などの腎臓疾患により腎臓が正常に働かないために、通常はカラダの外に排泄される毒性物質が体内に残って、アンモニア臭を発することがあります。

アンモニア臭がする

thka/ Shutterstock.com

アセトン臭がする

除光液や接着剤に使われているアセトンは、甘酸っぱい独特の臭いがします。

口臭に、このアセトン臭が感じられる場合、糖尿病の疑いがあります。

便のような腐敗臭がする

口臭に便のような臭いがある場合は、宿糞(便秘)や腸閉塞の疑いがあります。

また、犬が糞を口にする(食糞症)ことで、消化管内に便が留まり、便のような臭いを発生させることがあります。


犬の口が臭い【こんな症状は要注意!】

犬の口が臭い【こんな症状は要注意!】

sirtravelalot/ Shutterstock.com

犬の口が臭い場合は、口腔内やカラダの病気の恐れがあるので病院で診てもらいましょう。

犬の口が臭い【この症状で考えられるおもな病気】

犬の歯周病

AROONA/ Shutterstock.com

犬の歯周病(ししゅうびょう)

犬の歯周病(ししゅうびょう)とは、歯垢中の細菌が歯面に付着して、歯周組織(歯肉、セメント質、歯根膜、歯槽骨)が炎症を起こす病気で、3歳以上の成犬・成猫の約80%が歯周病をもっていると言われています。

歯肉にだけ炎症を起こす歯肉炎とその他の歯周組織まで炎症が及んだ歯周炎を総称したものを歯周病と呼びます。

犬の口内炎(こうないえん)

犬の口内炎(こうないえん)とは、口内の炎症の総称で、口腔内の異物の存在、頬の粘膜に歯垢が付いた歯面が接したことによるもの、糖尿病や腎臓病、免疫疾患などさまざまな原因で起こります。

口腔粘膜に発赤や潰瘍が見られたり、よだれや強い口臭、食欲不振等が見られます。

犬の口内炎

De Jongh Photography/ Shutterstock.com

犬の口腔内腫瘍(こうこうないしゅよう)

犬の口腔内腫瘍(こうこうないしゅよう)で代表的なものは、悪性メラノーマ、扁平上皮癌(へんぺいじょうひがん)、線維肉腫です。

このうち悪性メラノーマが最も罹患率が高く、リンパ節や肺に転移しやすい腫瘍です。

一般的に口腔内悪性腫瘍は、外科的に切除します。

犬の出血性胃腸炎(しゅっけつせいいちょうえん)

犬の出血性胃腸炎(しゅっけつせいいちょうえん)とは、胃腸粘膜が急に炎症を起こし、出血する病気です。
突然嘔吐やラズベリーのような真っ赤な下痢を繰り返します。

胃腸の粘膜が急激に破壊され、血液と水分不足でショック状態に陥り、敗血症で命を落とす危険もあります。

犬の出血性胃腸炎

eugene4/ Shutterstock.com

犬の尿毒症(にょうどくしょう)

犬の尿毒症(にょうどくしょう)とは、腎臓のろ過機能が低下し、有毒物質が全身を回ることで生じる臓器障害です。

初期は、食欲不振や嘔吐、アンモニア臭のする口臭が現れます。

進行すると、痙攣や昏睡を引き起こし、死に至る恐れもあります。

犬の糖尿病(とうにょうびょう)

犬の糖尿病 (とうにょうびょう)とは、インスリンというホルモンがきちんと働かなくなったり、膵臓からの分泌量が減ることで、糖をエネルギーとしてうまく利用できなくなる病気です。

多飲多尿、体重減少のほか、重度になると脂肪の分解が増えるためにケトン体が増えて血液が酸性化し、食欲低下、元気消失、下痢や嘔吐を示します。

また、脱水が伴うと口の中が乾燥し、唾液の働きが低下して口臭の原因となります。

犬の糖尿病

Oleksandra Kuznietsova/ Shutterstock.com

犬の腸閉塞(ちょうへいそく)

犬の腸閉塞(ちょうへいそく)とは、腸管に何かが詰まり、食べ物が通れなくなった状態です。

誤飲誤食による異物のほかに腫瘍が原因になることもあります。

完全に閉塞すると、嘔吐、腹痛だけでなく、死に至る危険もあります。

みんなのコメント

おやしらずさん
犬の口は臭いものだと思ってました・・ いろんな病気の可能性もあると知ってびびっております。 しばらく観察してみます。

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

関連する情報をもっと見る

「症状」の人気記事RANKING