【獣医師監修】犬の目が赤い・充血している。この症状から考えられる原因や病気は?

「目が赤い」とは、「充血」と「出血」の2つがあります。白目全体が赤みを帯びているのが「充血」で、目の血管が拡張して目立って見える状態。一方「出血」とは、目の血管が破綻して結膜の下に血液が溜まってしまった状態をさします。いずれにしても、本来白い白眼が赤くなっているのは、どちらも飼い主には心配な状態ですね。

先生にお聞きしました
余戸(ようご)拓也 先生
日本獣医生命科学大学 獣医学科 獣医外科(獣医師 獣医学博士)
◇専門分野:「眼科・外科」

日本獣医畜産大学(現:日本獣医生命科学大学大学院卒業

比較眼科学会・獣医眼科
アジア獣医眼科学会・獣医眼科

【資格】
獣医師

【所属】
比較眼科学会
公益社団法人 日本獣医学会
一般社団法人 日本獣医麻酔外科学会

【受賞歴】
比較眼科学会奨励賞 受賞

現在、日本獣医生命科学大学 獣医学部 獣医学科 獣医外科に所属。同大学付属動物医療センター の眼科獣医師。

獣医眼科学のプロフェッショナルとして、犬や猫の目の治療に従事している。好きなアーティストは葉加瀬太郎。

20頭以上の猫を救い供血猫を引退した中年のオスのサバトラ猫と、捕獲された地域猫でメスの三毛猫と同居中。

【著書】
「カラーアトラス よくみる眼科疾患58」interzoo
「眼科学―獣医学教育モデル・コア・カリキュラム準拠」interzoo
「伴侶動物の眼科診療」緑書房
「犬と猫の眼科診療Q&A」緑書房
など
続きを読む

犬の目が赤い・充血している【考えられる原因】

目に異物が混入した

Koy_Hipster/ Shutterstock.com

目に異物が混入した

目に入った異物(ほこり、砂、花粉、草、虫、微生物など)などで血管が刺激されて充血することがあります。

風の強い日や草木の多いところへ散歩に行ったあとに目が充血していたら、目に何か異物が混入した可能性が考えられます。

異物が入った直後は、前足でこすったり、涙を流していたりするかもしれません。そのときすぐに異物が取れればよいのですが、なかなか取れずに何度もこすってしまうと、充血したり出血したりすることがあります。

外傷

外部からの強い衝撃を受けて、結膜の下の血管が切れて出血することがあります。

不意に何かにぶつかったり、事故によって衝撃を受けたり、ほかの犬や猫と喧嘩をして外傷を負ったりする以外に、鑑賞用サボテンなどの多肉植物のトゲが刺さったりして、充血や出血することもあります。

また意外なことに、牛の骨や蹄、硬い大きなジャーキーを夢中になってかじっているときに、かじった拍子にジャーキーが跳ねて目に当たって怪我をすることがあるので、複雑な形をした大きくて硬い食べ物を与えるときは注意をしてください。

角膜や結膜の炎症

目の表面にある角膜や結膜は、外から異物(ほこり、砂、花粉、草、虫、微生物など)が入ることによって傷つきやすく、充血を起こしやすいものです。

また、結膜の下、つまり目の内側にある強膜やぶどう膜は、内部の炎症が原因となって充血を起こすことがあります。

角膜や結膜の炎症

Konstantin Zaykov/ Shutterstock.com

眼圧が高い

目の中は眼球内を循環している「房水」という液体で満たされ、眼内圧が常に10〜20mmHg以内に維持されています。

しかし、房水の排水路が詰まったりして産出と排出のバランスが崩れると、眼球内に眼房水が溜まり、眼圧が上がります。眼圧が高くなると、再生のできない中枢神経の一つである視神経にダメージを与えてしまい、失明してしまいます。

そのほか、結膜の赤みや角膜の濁り、瞳孔の散大、痛みなどの症状を引き起こすことがあります。

犬の目が赤い・充血している【こんな症状は要注意!】

犬の目が赤い・充血している【こんな症状は要注意!】

Deborah Lee Rossiter/ Shutterstock.com

犬の目が赤い・充血している状態に加えて、以下の症状が見られる場合は、病気の恐れがあるので病院で診てもらいましょう。

目の白目が全体的に赤みを帯びている状態が続いている
目の白目の部分に、赤い血の塊がある
左右の瞳の大きさが違って、とくに大きいほうを夜見ると緑色やオレンジ色に光って見える
ずっと目をシバシバしている

.

犬の目が赤い・充血している【この症状で考えられるおもな病気】

犬の角膜炎

Kosulia/ Shutterstock.com

犬の角膜炎

犬の角膜炎 (かくまくえん)とは、黒目の表面を覆う角膜が炎症を起こす病気です。

外傷や異物、細菌やウイルスの感染症、緑内障や結膜炎などの疾患によって起こります。

痛みや目やに・涙の増加が現れ、重症の場合は、角膜が白濁し、潰瘍が生じます。

犬の結膜炎

犬の結膜炎(けつまくえん)とは、目の結膜に炎症が起きる病気です。

目の周りの毛による刺激、寄生虫や細菌やウイルスによる感染症、アレルギー、外傷などさまざまなことが原因となります。

まぶたが赤くなり、涙や目やにが出ます。

悪化すると角膜炎になることもあります。

外傷

yangtak/ Shutterstock.com

犬の強膜炎

眼球の外側、白目と呼ばれる強膜に炎症が起きる病気です。

初期は軽度の充血があるだけですが、炎症が何ヶ月もしつこく残り、さらに炎症が広がると痛みを感じるようになります。

角膜にまで炎症が及ぶこともあります。

犬のぶどう膜炎

犬のぶどう膜炎(まくえん)とは、虹彩(こうさい)、毛様体(もうようたい)、脈絡膜(みゃくらくまく)からなる目のぶどう膜に炎症が起きる病気です。

典型的には瞳孔が小さくなる、白目が充血し痛みが伴う場合は目をショボショボさせる、目やにや涙が増えるなどの症状が出ます。

続発性の緑内障を併発し、視覚障害が起きることもあります。

一見すると濁りが、前房なのか水晶体なのかはわかりません。

眼圧が高い

Jesse Kunerth/ Shutterstock.com

犬の緑内障

犬の緑内障(りょくないしょう)とは、眼球内部の圧力が高まり、再生のできない中枢神経の一つである視神経を圧迫することで失明してしまう病気です。

初期は無症状ですが、進行すると瞳孔が開いたままになり、瞳の中がオレンジ色や緑に見えます。

さらに悪化すると、眼球が大きくなり、飛び出したようになります。

残念ながら発症してしまうと、完治させることはできません。

みんなのコメント

ドライアイな飼い主さん
私自身がドライアイで目が赤くなるので 犬の目の赤さも気になって調べてました。 色々な病気があるのですね! 勉強になりました!!!

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

関連する情報をもっと見る

「症状」の人気記事RANKING