【獣医師監修】犬のお尻にしこり・できものがある。この症状から考えられる原因や病気は?

犬のお尻(肛門の周り)にしこりやできものがある時には、どうすればよいのでしょうか。犬のお尻にできものやしこりができる原因と対処法について解説します。

先生にお聞きしました
呰上(あざかみ)大吾 先生
東京農工大学 大学院 農学研究院 / 農学部 共同獣医学科
獣医臨床腫瘍学研究室 准教授(獣医師・獣医学博士)
日本獣医がん学会 理事(獣医腫瘍科認定医 認定 委員長兼任)

【経歴】
◇2000年:日本獣医生命科学大学 獣医学科 卒業(獣医師免許 取得)
◇2004年:同大学大学院にて犬の悪性腫瘍に関する研究で博士号 取得
◇2007年:大学付属動物病院での研修を経て、同大学獣医学部 獣医保健看護学科 獣医保健看護学臨床部門・准教授
◇2019年4月:現職。動物の腫瘍や臨床検査に関する講義・実習を担当。大学付属動物病院では腫瘍に苦しむ動物の診断・治療にあたる

【所属】
日本獣医がん学会 理事(獣医腫瘍科認定医 認定 委員長兼任)
日本獣医臨床病理学会 理事
動物臨床医学会 評議員・学術委員

【著書】
「写真でわかる基礎の動物看護技術ガイド」誠文堂新光社
「人とどうぶつの血液型」(担当:分担執筆, 範囲:犬と猫の輸血・献血)緑書房
など
続きを読む

犬のお尻にしこり・できものがある【考えられる原因】

炎症

炎症

MitchyPQ/ Shutterstock.com

細菌などの微生物が体内に侵入して増殖することを「感染」と言います。

この感染によって犬の肛門周りに炎症が起きて、しこりやできものができることがあります。

代表的なものでは、肛門嚢(肛門の4時と8時方向にあるにおい袋)に細菌が感染し、肛門嚢の周囲が腫れる「肛門嚢炎」があります。

ひどい場合には、皮下で肛門嚢が破裂して肛門の周りから膿が出ることがあります。

お尻を地面に擦って歩く犬

otsphoto/ Shutterstock.com

お尻を地面に擦って歩く行動が見られる場合には、肛門嚢炎を起こしかけているかもしれません。

定期的に肛門嚢が腫れていないかを確認し、肛門嚢に分泌物が溜まっていたら肛門嚢を絞ってあげましょう。

お尻の炎症が大きな病気につながることもあるので、普段から愛犬の状態をチェックしてあげることが大切です。

腫瘍

腫瘍

Masarik/ Shutterstock.com

「腫瘍」とは、遺伝子(DNA)が突然変異し、細胞が無秩序に増殖する病変のこと。

犬のお尻の周りにできるしこりやできものは、腫瘍の疑いがあります。

良性腫瘍と悪性腫瘍があり、良性腫瘍が命を脅かすことは稀ですが、悪性腫瘍では、他の臓器に転移する可能性があるため、命を脅かすことがあります。

おしりのしこりを病院で検査する犬

Viktoriia Hnatiuk/ Shutterstock.com

また、悪性腫瘍では増殖のスピードが速いため、早めに発見して治療することが重要です。

良性なのか悪性なのかは、見た目だけでは判断することができないので、できものやしこりを見つけたら、病院で検査してもらいましょう。

その他の疾患

その他の疾患

mr.kie/ Shutterstock.com

感染による炎症や腫瘍以外の原因で、お尻にできものやしこりができることもあります。

表皮嚢胞(粉瘤)もその一例で、垢などの老廃物が皮膚の内部に溜まってしまい、しこりをつくる原因となります。

また、去勢していない高齢の雄では、肛門の脇の筋肉が衰えて、肛門脇の皮下に直腸が突出して腫れてしまう「会陰(えいん)ヘルニア」という病気もあります。

犬のお尻にしこり・できものがある【こんな場合は要注意!】

犬のお尻にしこり・できものがある【こんな場合は要注意!】

Zoriana Zaitseva/ Shutterstock.com

お尻にしこりやできものがある時には、以下の行動や症状が見られることがあります。病気の恐れがあるので病院で診てもらいましょう。

お尻を舐めたり、掻いたりしている
お尻を床にこすりつけながら歩いている
便の表面に微量の血や膿が付着している

.

これは本当? 

これは本当? 

Utekhina Anna/ Shutterstock.com

飼い主がいちばん気になるのは、「お尻のできものやしこりが腫瘍なのか?」ということかと思います。

しかしながら、それが腫瘍なのか、腫瘍だとしたら良性なのか悪性なのかは、見た目(しこりの色など)では判断できません。

良性・悪性腫瘍の見分け方として、
良性腫瘍の色 ⇒白、黄、ピンク
悪性腫瘍の色 ⇒黒、赤黒い、紫
という情報がWebなどで掲載されていますが、「確実」というものではありません。

犬のおしりのしこりの細胞診検査

bogdanhoda/ Shutterstock.com

しこりが良性・悪性のどちらであるのかは、しこりに針を刺して中の細胞を取り出して顕微鏡で観察する細胞診検査や、しこりを切り取り薄切りにして顕微鏡で観察する病理検査をしないと判明しないものです。

くれぐれも自身で判断しないようにしてください。

犬のお尻にしこり・できものがある【この症状で考えられるおもな病気】

犬の肛門嚢炎

犬の肛門嚢炎

cynoclub/ Shutterstock.com

犬の肛門嚢(こうもんのう)とは、肛門の4時方向と8時方向の皮下に存在する1対の袋(におい袋)です。
通常は、排便時に肛門嚢が圧迫されて内容物が排泄されます。
しかし元々、肛門嚢の分泌物が水分が少なく硬かったり、便が柔らかい場合には、十分に肛門嚢内容物が排泄されない個体も存在します。
肛門嚢内容物が排泄されないと、内部に細菌が増殖し、肛門嚢炎を引き起こします。

犬の会陰ヘルニア

犬の会陰ヘルニア

Monica Martinez Do-Allo/ Shutterstock.com

犬の会陰(えいん)ヘルニアとは、肛門の周りの会陰部に骨盤内の臓器が飛び出す状態です。
会陰部の筋力の低下が原因とされ、直腸がはみ出た場合には、便秘や排便障害が起こります。
また、膀胱がはみ出した場合には、排尿障害が見られます。

犬の肛門周囲腺腫

犬の肛門周囲腺腫

JE Jevgenija/ Shutterstock.com

犬の肛門周囲腺腫(こうもんしゅういせんしゅ)とは、肛門の周りにある、におい物質などを分泌する腺組織に硬いしこりができる病気です。
去勢していない雄に多く見られ、お尻を痒がり、出血や化膿し、潰瘍ができることもあります。
悪化すると排便障害が起きます。
多くは良性腫瘍ですが、大きくなって皮膚が破れ、感染や出血が起こることがあるため、早めの摘出と再発予防のための去勢手術が必要です。

犬の肛門嚢アポクリン腺癌

犬の肛門嚢アポクリン腺癌

Andi Berger/ Shutterstock.com

犬の肛門嚢(こうもんのう)アポクリン腺癌(せんがん)とは、肛門の左右には分泌物を溜める肛門嚢腺があり、この肛門嚢内のアポクリン腺から発生する腫瘍です。
肛門の4時方向あるいは8時方向の皮下にしこりがある場合には、この腫瘍である可能性が考えられます。
この腫瘍は悪性で転移しやすいため、根治するためには早期に発見して治療(外科手術)をする必要があります。

【腫瘍科認定獣医師監修】犬のお腹・胸にしこり・できものがある。この症状から考えられる原因や病気は?

【腫瘍科認定獣医師監修】犬の皮膚にしこり・できものがある。この症状から考えられる原因や病気は?

【腫瘍科認定獣医師監修】犬の耳にしこり・できものがある。この症状から考えられる原因や病気は?

みんなのコメント

ぷりんぷりんさん
普段はあまり気にならない犬のお尻にもこんなに病気が潜んでいるんですね! びっくりしました!犬を飼っている友人に、このサイト教えてあげます。

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

関連する情報をもっと見る

「症状」の人気記事RANKING