【獣医師監修】愛犬がささみ(生)を毎日食べても大丈夫?適量や茹で方、おすすめレシピ!

犬にとって、たんぱく質は必要な成分です。たんぱく質を補うために、愛犬にささみを食べさせたいと考える飼い主もいるでしょう。愛犬にささみを食べさせるときの適量や茹で方、味付け方法など、ささみを愛犬に与える際に知っておきたい知識をご紹介します。

【獣医師監修】愛犬がささみ(生)を毎日食べても大丈夫?適量や茹で方、おすすめレシピ!
出典 : Tatiana Volgutova/ Shutterstock.com
先生にお聞きしました
徳本 一義 先生
ペット栄養学会理事。小動物の臨床栄養学に関するスペシャリスト。
獣医師 MBA(経営学修士)

ヘリックス株式会社 代表取締役社長

【所属】
ペット栄養学会 理事
一般社団法人ペットフード協会 新資格検定制度実行委員会 委員長
日本獣医生命科学大学 非常勤講師
帝京科学大学 非常勤講師
など

大学卒業後、小動物臨床に従事。

その後、ペットフードメーカーに入社し、小動物臨床栄養学に関する研究、情報発信を中心とした活動を行う。

現在は、獣医療・教育関連のコンサルタントとしての活動。ペットの栄養に関する団体の要職を務める。

自宅で9頭の猫と暮らす愛猫家。
続きを読む

犬に毎日ささみを食べさせても大丈夫!

犬に毎日ささみを食べさせても大丈夫!

Lyubov Timofeyeva/ Shutterstock.com

愛犬に毎日ささみを食べさせても基本的に大丈夫です。

まず、少量のささみを愛犬に与え、体調の変化がないか見てあげましょう。

愛犬にささみを与える際の注意点!リンの過剰摂取とカルシウム不足に注意!

愛犬にささみを与える際の注意点!リンの過剰摂取とカルシウム不足に注意!

Beatriz Vera/ Shutterstock.com

愛犬にささみを与える際は、量を一度に増やさず、少しずつ量を増やしていくのがおすすめです。

ささみを愛犬が過剰摂取すると、消化不良や下痢(げり)を起こす可能性があるので、ささみの与えすぎには注意しましょう。

また、ささみにはリンという成分が含まれています。

リンはミネラルの一種でカラダに必要な栄養素であることは変わりませんが、肉だけを食べさせていると、リンの過剰摂取とカルシウム不足により骨が脆くなる可能性があります。

腎疾患や肝疾患がある場合、リンの過剰摂取は内臓疾患を悪化させる危険性も潜んでいるので、獣医師と相談しながら食べさせましょう。

愛犬にささみを与えるメリットと栄養素は?

愛犬にささみを与えるメリットと栄養素は?

Gayvoronskaya_Yana/ Shutterstock.com

愛犬にささみを食べさせるメリットや栄養素はどのようなものがあるのでしょうか?

ここで見ていきましょう。

ささみを与えるメリット①「低脂肪・低カロリー」

ささみを与えるメリット①「低脂肪・低カロリー」

WilleeCole Photography/ Shutterstock.com

愛犬が減量中の場合は、低カロリーの食事やおやつをあげたくなるでしょう。

ささみは減量中の愛犬のおやつに最適です。

茹でたささみは1本(約52g)55kcal程度と「低脂肪・低カロリー」。

ダイエット中だけどおやつをあげたい時に、おすすめのおやつです。

ただし、犬は食事の5%を脂肪で摂らなければいけません。

ささみを与えるメリット②「たんぱく質」も豊富

ささみを与えるメリット②「たんぱく質も豊富」

Pixel-Shot/ Shutterstock.com

「たんぱく質」は丈夫なカラダを作るために必要な栄養素です。

鶏肉やささみに豊富に含まれている「たんぱく質」は、犬の毛艶を整えてくれるだけではなく、内臓機能や血液、骨を作るためにも欠かせません。

「たんぱく質」が不足すると犬の皮膚の調子が悪くなったり、痩せ気味になることもあります。

「たんぱく質」が不足しないように、ドッグフードでしっかり摂取させるか、ささみでプラスしてあげてもいいでしょう。

愛犬にささみを与える際の注意点!「生」ではなく「茹でる」

愛犬にささみを与える際の注意点!「生」ではなく「茹でる」

Toa55/ Shutterstock.com

犬の祖先はオオカミであり、野生では生肉を食べていました。

人間と共存するようになった今でも、犬は生肉を食べることのできる消化器官をしていますが、細菌やウイルスが表面に付着している場合があるので、生のささみはおすすめしません。

ささみの表面に火が通るように茹でててから食べさせてください。

愛犬向けおやつレシピ!おすすめのささみ調理法をご紹介!

愛犬向けおやつレシピ!おすすめのささみ調理法をご紹介!

MilanMarkovic78/ Shutterstock.com

愛犬にささみを与える場合、どんな風に調理をすればいいのか悩む人も多いでしょう。

ささみは味もシンプルのため、様々な食べ物と合わせることができる食材です。

ここで、ささみについて、おすすめの調理法をご紹介します。

ささみおすすめレシピ①「ささみとキャベツのヘルシー和え」

ささみおすすめレシピ①「ささみとキャベツのヘルシー和え」

Cozy Home/ Shutterstock.com

①鍋に湯を沸かし、表面にちゃんと火が通るように、ささみを茹でましょう。

キャベツも一口大に切って茹でます。

③茹でたささみを冷まして、食べやすい大きさにほぐします。

キャベツと混ぜて犬用チーズを振りかけたら、完成です!

ささみおすすめレシピ②「ささみとほうれん草のゴマ和え」

ささみおすすめレシピ②「ささみとほうれん草のゴマ和え」

Ekaterina Kondratova/ Shutterstock.com

①ささみを茹で、冷めたら、食べやすい大きさにほぐします。

ほうれん草も茹で、冷水にさらし、一口大にカットします。

③ささみとほうれん草を混ぜます。

ゴマをかけて、混ぜ合わせたら出来上がりです。

ささみおすすめレシピ③「ささみチップス」

ささみおすすめレシピ③「ささみチップス」

brizmaker/ Shutterstock.com

①ささみを丸ごと茹でます。

②茹でた後にささみを冷まして、愛犬が食べやすい一口サイズにカットしましょう。

③オーブンを170度に予熱し、カットしたささみを15分焼きます。

④ささみの焼き具合が甘ければ3分ほど追加して焼きましょう。

⑤冷ませば出来上がりです。

愛犬への愛情

Jaromir Chalabala/ Shutterstock.com

手作りおやつを作ることで、愛犬への愛情も増すかもしれません。

ささみをおやつに活用してみてはいかがでしょうか。

愛犬に与える「ささみ」のまとめ

愛犬に与える「ささみ」のまとめ

archimede/ Shutterstock.com

愛犬にささみを与えても問題ありません。

ただし、愛犬にささみを過剰に摂取させると、消化不良や下痢(げり)を起こす可能性があるので、ささみの与えすぎには注意しましょう。

また、ささみは、あくまでも主食ではなく、おやつとして、ご褒美や愛犬とのコミュニケーションを取りたい時などに食べさせてあげましょう。

愛犬の健康を守れるのは、飼い主だけです。

愛犬が健康に楽しく毎日を過ごせるように、飼い主が愛犬の健康管理をしていきましょう。

みんなのコメント

もちさん
ダイエットしてほしいのにすぐ食べたがるので、、、今度からささみをあげてみます!
間々下智理子さん
ささみはおやつとしてやるのですね。 我が家のカニヘンダックスは3.3Kしかなく、ドッグフードを上げてもあまり食べず、ささみだとよく食べます。食事としてのささみだと栄養が不足するということですね。 有難うございました。
さいびんさん
我が家のマルプー♀1才半はササミが大好きです。 避妊手術後、特におやつもたくさんあげてないのに、体重が日に日に増加してます( ; ; ) 術後は太りやすくなるとは聞いていましたが… 長生きしてほしいので、市販のオヤツはなるべく与えないようにしています。 いつも、茹で野菜、茹でササミをオヤツとして与えています。 なるべく手作りを心がけてます。自己満足ですが、長生きして欲しいから
ぷろてすてろんさん
ササミが食べられるとは、家計に大助かりです! でもさすがに生はだめなのですね。 犬は生肉なら大丈夫だと思っていたので知れてよかったです。
クマさん
オヤツに時々、ササミをレンジ蒸しして細かく割いて与えて居ます。湯がくと栄養素が流失してしまうと思っているのですが?!どうなのでしょう?高齢なので健康の為にも国産brand鶏の新鮮な物を与えて居ます。

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

関連する情報をもっと見る

「犬の飼い方・しつけ」の人気記事RANKING