キャベツは犬に与えてもいい?犬の健康にも効果があるキャベツの秘密を探る

最近では、犬の健康を考えて手作り食にチャレンジする人が多いようです。中でも、野菜の代表格・キャベツを使って食事を作っている人は、多いでしょう。人間にとっても犬にとっても栄養満点かつ万能な野菜、キャベツ。今回は、その調理法や与えるときの注意点を、ご紹介します。

犬にとっても栄養満点なキャベツ

犬にとっても栄養満点なキャベツ

キャベツは食物繊維がとても豊富なため、犬の胃腸に良いとされています。栄養もとても豊富で、中でも血液や骨に欠かせないビタミンK、疲労回復に欠かせないビタミンCがとても多く含まれています。またキャベツには抗酸化作用があり、ガン予防にもつながるといわれています。

キャベツを与えるときに注意すべき3つのこと

キャベツを与えるときに注意すべき3つのこと

栄養豊富なキャベツですが、犬に与える際、注意しなければならないことがあります。

①食物繊維が豊富なので、消化能力が弱っている場合、与えてから吐き戻してしまうおそれがある
②たくさん与えると腸にガスが溜まってしまう可能性がある
③ヨウ素の吸収を阻害する成分が入っているため、甲状腺が悪い犬には与えない方がよい


③はキャベツに限った話ではなく、ブロッコリーや小松菜などの野菜にも共通していえることです。

胃に負担がかからないように、キャベツの形を整える

胃に負担がかからないように、キャベツの形を整える

キャベツを与えるときは与えやすい大きさに切り、ゆでるかもしくはレンジで加熱しましょう。加熱をすると、胃に負担がかからないようになります。他の野菜と一緒に蒸して、いつも食べているドッグフードにトッピングするのも、おすすめです。

ちなみに、焼いた後に乾燥させるとドライキャベツとしても保存できます。生で与える場合は大量に与えると嘔吐(おうと)してしまうことがあるので、与える量には注意しましょう。

キャベツばかりを食べる生活はNG

キャベツは、栄養が豊富で愛犬の健康にも役立つ野菜。しかし、犬種によって消化吸収に適した量は異なり、中には少し与えただけで吐き戻してしまう犬もいるほど。たとえ、どんなにキャベツが大好きな犬でも、普段の食事に加えて与えるなど、キャベツばかりを食べる食習慣にはしないように、愛犬の食事を管理していきましょう。

みんなのコメント

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

関連する情報をもっと見る

「TOP」の人気記事RANKING