【獣医師監修】犬がキャベツを食べても大丈夫?「生」のキャベツや手作り食は大丈夫?

最近では、犬の健康を考えて手作り食にチャレンジする人が多いようです。中でも、野菜の代表格・キャベツを使って食事を作りたいと考えている飼い主も多いでしょう。ここでは、犬がキャベツを食べても大丈夫なのかどうか?について解説していきます。

【獣医師監修】犬がキャベツを食べても大丈夫?「生」のキャベツや手作り食は大丈夫?
出典 : Tei Sinthip /Shutterstock.com

犬がキャベツを食べても大丈夫!

犬がキャベツを食べても大丈夫!

MyImages - Micha/ Shutterstock.com

犬にキャベツを与えても基本的に問題ありません。

キャベツは食物繊維がとても豊富なため、犬の胃腸に良いとされています。

また、栄養もとても豊富で、中でも血液凝固や丈夫な骨作りに欠かせないビタミンKが含まれています。

愛犬にキャベツを使った手作り食を与えても大丈夫?

愛犬にキャベツを使った手作り食を与えても大丈夫?

areeya_ann/ Shutterstock.com

愛犬に与える手作り食についてですが、栄養バランスの観点から慎重に考える必要があります。

手作り食で愛犬にバランスの取れた食事を作ることは非常に難しいです。

愛犬とのコミュニケーションの一環として、手作り食を作る際は、全体の摂取カロリーの20%以内に収め、おやつとしてあげるようにしましょう。

また、ドッグフードにトッピングとしてあげることで愛犬を喜ばせてあげる程度にするのが理想的です。

愛犬には「生」のキャベツではなく「茹でる」か「加熱した」キャベツを与えましょう!

愛犬には「生」のキャベツではなく「茹でる」か「加熱した」キャベツを与えましょう!

eva_blanco/ Shutterstock.com

愛犬にキャベツを与えるときは食べやすい大きさに切り、「生」ではなく「茹でる」かもしくはレンジで「加熱」しましょう。

キャベツを加熱すると、柔らかくなるので胃に負担がかからなくになります。

キャベツを他の野菜と一緒に蒸して、いつも食べているドッグフードにトッピングするのも、おすすめです。

ちなみに、キャベツを焼いた後に乾燥させるとドライキャベツとしても保存できます。

キャベツを「生」で与える場合は大量に与えると吐き戻してしまうしてしまうことがあるので、食べやすい大きさに切り、与える量には注意しましょう!

愛犬に与える「キャベツ」のまとめ

愛犬に与える「キャベツ」のまとめ

Kawongwarin/ Shutterstock.com

キャベツは、水分を含み、シャキシャキした食感があるため、好む犬も多くいる野菜です。

しかし、愛犬がキャベツを食べすぎてしまうことでメインであるドッグフードを食べられなくなる恐れがあります。

愛犬に与える食事の栄養バランスが偏ることで、体調を崩してしまうこともあります。

愛犬の健康を守ることができるのは飼い主だけです。

飼い主が愛犬に与える食事について十分に理解し、愛犬の健康につながる食生活をおくれるようにしましょう。

【獣医師監修】犬が豚肉を食べても大丈夫!生の豚肉は危険?脂肪は与えて大丈夫?

【獣医師監修】犬にお酢を与えても大丈夫?リンゴ酢、黒酢、犬にいいお酢ってあるの!?

監修者情報

徳本 一義 先生(獣医師)
徳本 一義 先生(獣医師)
ヘリックス株式会社代表取締役社長 獣医師、MBA

小動物の臨床栄養学に関するスペシャリスト。大学卒業後、小動物臨床に従事。その後、ペットフードメーカーに入社し、小動物臨床栄養学に関する研究、情報発信を中心とした活動を行う。 現在は、獣医療・教育関連のコンサルタントとしての活動のほか、日本獣医生命科学大学非常勤講師、帝京科学大学非常勤講師などを兼任。ペッ ト栄養学会理事、ペットフード協会 新資格検定制度実行委員会委員長などペットの栄養に関する団体の要職を務める。自宅で9頭の猫と暮らす愛猫家である。
続きを読む

みんなのコメント

はらぺこあおむしさん
千切りキャベツをドッグフードにトッピングしてあげてましたが、胃に負担がかかるのですね。今度からは加熱してあげます!
やえこさん
キャベツが食べられるのにはびっくり! ドッグフードがなくなりかけのときに作れそうなアイデアは助かります。 どこまでOKでどこから×かわかりやすくて助かります。

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

関連する情報をもっと見る

「犬の飼い方・しつけ」の人気記事RANKING