【獣医師監修】犬がレタスを食べても大丈夫?キシリトールやレタスを与える量に注意!

サラダなどによく使われるレタスですが、愛犬がレタスを食べても大丈夫なのでしょうか?愛犬に与えるレタスの栄養素や効用、また、愛犬にレタスを与える際の注意点などについて解説していきます。

  • 監修者:徳本 一義 先生(獣医師)

【獣医師監修】犬がレタスを食べても大丈夫?キシリトールやレタスを与える量に注意!
出典 : Atwood /Shutterstock.com

犬がレタスを食べても大丈夫!

犬がレタスを食べても大丈夫!

Allexxandar/ Shutterstock.com

犬がレタスを食べても基本的に問題はありません。

レタスの起源は地中海から西アジア周辺といわれており、もともとはロメインレタスのような葉レタスが中心だったそうです。

日本には奈良時代にレタスに関する記録が残っているようで、現在の丸いレタスは江戸時代末期に渡来してきたようです。

本格的にレタスの栽培が始まったのは明治時代以降と言われています。

愛犬に与えるレタスのメリットと栄養素!

愛犬に与えるレタスのメリットと栄養素!

visivastudio/ Shutterstock.com

レタスは愛犬にも手軽に与えられる食材ですが、栄養があまりないと勘違いされることが多いようです。

しかし、レタスには豊富な栄養素が含まれており、犬にとっても有用なものばかりです。

ここで、愛犬に与えるレタスの栄養素とその効能について見ていきましょう!

●レタスの栄養素①「ビタミンC・ビタミンE」

●レタスの栄養素①「ビタミンC・ビタミンE」

Shevs/ Shutterstock.com

レタスにはビタミンCとビタミンEが含まれています。

ビタミンCは水溶性ビタミン、ビタミンEは脂溶性ビタミンで、どちらも抗酸化作用の役割を果たすビタミンです。

抗酸化作用によって、身体の中に増えてしまった活性酸素による身体の酸化を防ぐ働きがあります。

●レタスの栄養素②「ビタミンK」

●レタスの栄養素②「ビタミンK」

Cegl/ Shutterstock.com

レタスには、ビタミンKも含まれています。

ビタミンKには、骨を構成するタンパク質に働きかけ活性化させることで、骨の形成をサポートする働きがあります。

また、レタスは血液が固まりやすくなるように、因子を活性化する役割も果たしています。

●レタスの栄養素③「食物繊維」

●レタスの栄養素③「食物繊維」

Nong Mars/ Shutterstock.com

レタスには食物繊維がたくさん含まれています。

レタスを食べることで腸内環境を整えたり、お通じを改善する効果があると言われています。

●レタスの栄養素④「カリウム」

●レタスの栄養素④「カリウム」

New Africa/ Shutterstock.com

レタスにはカリウムなどのミネラルも含まれています。

カリウムは身体を作る細胞内に多く存在し、代謝を調整したり、血圧が上昇するのを防ぐ働きをします。

また、レタスに含まれるカリウムは体内の余分なナトリウム(塩分)を排出する役割も持っています。

●レタスの栄養素⑤「カルシウム」

●レタスの栄養素⑤「カルシウム」

Evan Lorne/ Shutterstock.com

レタスには微量ながらカルシウムも含まれています。

カルシウムは骨や歯の形成に欠かすことのできないミネラルで、骨に蓄えられ、常に骨を新しく作りかえる役割を果たします。

●レタスの栄養素⑥「葉酸」

●レタスの栄養素⑥「葉酸」

Tiplyashina Evgeniya/ Shutterstock.com

レタスの栄養素である葉酸とは、水溶性ビタミンの一種で、葉っぱの野菜に多く含まれていることが多い事から葉酸と名付けられました。

葉酸は赤血球の細胞形成や、胎児に発育を助けるなどの重要な役割を担っています。

妊娠している犬に与えることで、母子の健康維持に効果を発揮してくれるでしょう。

●レタスの栄養素⑦「ラクチュコピクリン」

●レタスの栄養素⑦「ラクチュコピクリン」

Anastasiia Skorobogatova/ Shutterstock.com

ラクチュコピクリンとは、レタスから出てくる白い液体に含まれている成分です。

これはレタスから出てくる「乳」であると考えられており、レタスの日本名が「ちしゃ(乳草)」と呼ばれることからも、うなづけます。

ラクチュコピクリンには自律神経を整える効果があるといわれており、安眠効果やリラックス効果を期待できます。

●レタスの栄養素⑧「水分補給」

●レタスの栄養素⑧「水分補給」

T.Dallas/ Shutterstock.com

レタスはその95%が水分です。

そのため、レタスを食べることは水分補給に非常に効果的です。

愛犬にレタスを与える際には「キシリトール」に注意!

愛犬にレタスを与える際には「キシリトール」に注意!

morisfoto/ Shutterstock.com

レタスには微量ながらキシリトールという犬にとっては有毒な成分が含まれれています。

キシリトールを過剰摂取するとインスリンの過剰分泌が起こり、血糖値が急激に低下して、最悪の場合は死に至ります。

致死量のキシリトールをレタスだけで摂ろうとすると、体重1kgあたりレタス2kgが必要ですので、通常食べる量であれば問題ありません。

ただし、愛犬にレタスを過剰に与えると、消化不良や下痢を起こす可能性があるので、一日に与える量の目安としては、レタスの大きな葉っぱ一枚程度にしておきましょう!

「愛犬に与えるレタス」まとめ

「愛犬に与えるレタス」まとめ

savitskaya iryna/ Shutterstock.com

レタスは手軽に愛犬に与えることができる野菜です。

レタスは栄養も豊富な野菜なので、おやつやフードのトッピングにピッタリです。

うまく取り入れて、愛犬の健康維持に役立てていきましょう!

【獣医師監修】犬はトマトを食べても問題なし!メリットや注意点について

【獣医師監修】犬にニラを与えてはいけません!中毒を起こすリスクがあります!

監修者情報

徳本 一義 先生(獣医師)
徳本 一義 先生(獣医師)
小動物の臨床栄養学に関するスペシャリスト。大学卒業後、小動物臨床に従事したのち、大手ペットフードメーカーで15年以上、臨床栄養学の観点からペットフードの開発、ならびに研究・情報発信に携わる。現在は獣医療・教育関連のコンサルタントとしての活動のほか、複数の獣医系大学で講師を兼任するとともに、ペット栄養学会 理事など、ペットの栄養に関する団体の要職も務める。

みんなのコメント

hotdogさん
うちの子はレタスを冷蔵庫から出すと、匂いで分かるのか一目散にキッチンへ飛んできます。ついあげたくなっていたので、食べさせて大丈夫と分かって安心しました。

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

関連する情報をもっと見る

「TOP」の人気記事RANKING