飼い主が覚えておくべき、犬が食べてもいい野菜とダメな野菜

普段、ドッグフードを与えている人でも、自分の食事のおすそ分けや、フードへのトッピングとして野菜をあげる機会があるのではないでしょうか? 体に良いと考えられている野菜の中でも、特に犬におすすめの野菜と、与えてはいけない野菜を紹介します。

そもそも犬に野菜って必要?どれくらい食べていいの?

普段ドッグフードだけを与えていると、犬にあげていいもの、あげてはいけないものがあまりわからないという飼い主も少なくありません。
野菜は絶対に必要というものではありませんが、身近で与えやすいため食事にバリエーションをつけたりするのに便利に使える食材です。
ただし、野菜には繊維や水分が多く含まれているので、与えすぎると下痢をしてしまったり、栄養が偏ってしまう場合があるので、体調を見ながらトッピング程度に与えるようにしましょう。

特におすすめ!犬が食べてもいい野菜

基本的には多くの野菜を食べることが出来ます。

ドッグフードなどにトッピングする場合におすすめなのは、消化を促して胃腸の働きをサポートしてくれる大根やカブ、さらに抗酸化作用がありガン予防やストレス対策に効果のあるニンジン、ほうれんそう、カボチャなどです。

ただし、そもそもドッグフードは完全総合栄養食として最適なバランスで作られているので、トッピングは少量にして、同じものばかり与えないようにして栄養の偏りを避けるようにしましょう。

これは食べちゃダメ!犬にとっては危険な野菜

犬が食べてはいけないものとして代表的なのはネギ類です。
長ネギ、玉ねぎ、ニラなどのネギ類は貧血などの中毒症状を引き起こす非常に危険な野菜なので、間違って食べてしまうことのないように室内での保管場所にもしっかり注意しましょう。

また、ニンニクも食べてはいけないと言われることがありますが、少量であればむしろ強い体を作るサポートをしたり、ノミやダニを寄せつけにくくすると言われており、有用だとされています。
与える量がわからず不安な場合は、無理に与えることをせずきちんと計算して配合されたガーリックサプリメントなどを利用することがおすすめです。

犬によっては注意が必要!慎重に与えましょう

また、基本的には害がないとされていても、体の状態によっては与えない方がいい野菜もあるので紹介しておきたいと思います。
■甲状腺疾患  →キャベツ・大根・カブ・ブロッコリーなどアブラナ科の野菜

■寄生虫感染、関節炎  →ナス、トマト、じゃがいもなどナス科の野菜

食べてはいけないもの、注意が必要なものを覚えたら、後は愛犬の好みを探しながら食事の楽しみのひとつやおやつの代わりとして与えてみて下さいね♪

みんなのコメント

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

関連する情報をもっと見る

「TOP」の人気記事RANKING