【獣医師監修】犬が大根(生・葉)を食べても大丈夫?大根を与えるメリットや注意点、適量は?

日本人になじみの深い大根は、さまざまな料理に使われ、胃腸が弱っているときにも有用な野菜です。水分が豊富な大根を犬に与えたいと思う飼い主さんもいるでしょう。大根は愛犬に与えても大丈夫なのでしょうか?今回は、愛犬に大根を与えるメリットやポイント、注意点などについて解説していきます。

【獣医師監修】犬が大根(生・葉)を食べても大丈夫?大根を与えるメリットや注意点、適量は?
出典 : MIYAG / PIXTA(ピクスタ)
先生にお聞きしました
徳本 一義 先生
ペット栄養学会理事。小動物の臨床栄養学に関するスペシャリスト。
獣医師 MBA(経営学修士)

ヘリックス株式会社 代表取締役社長

【資格】
獣医師

【所属】
ペット栄養学会 理事
一般社団法人ペットフード協会 新資格検定制度実行委員会 委員長
日本獣医生命科学大学 非常勤講師
帝京科学大学 非常勤講師
など

大学卒業後、小動物臨床に従事。

その後、ペットフードメーカーに入社し、小動物臨床栄養学に関する研究、情報発信を中心とした活動を行う。

現在は、獣医療・教育関連のコンサルタントとしての活動。ペットの栄養に関する団体の要職を務める。

自宅で9頭の猫と暮らす愛猫家。
続きを読む
左向 敏紀 先生
【所属】
日本獣医生命科学大学 名誉教授
一般社団法人 日本ペット栄養学会 会長
日本内分泌研究会会長
◆一般社団法人 日本動物看護系大学協会会長

【資格】
獣医師

【経歴】
日本獣医畜産大学(現:日本獣医生命科学大学)卒業後大学に残り、馬、牛,小動物の消化器・内分泌・代謝性疾患の研究を行う。
1990年小動物栄養学に関する研修のためにアメリカオハイオ州立大学に留学。
2006年より日本獣医生命科学大学 ・獣医保健看護学科で動物看護師の教育に当たる。
教育:獣医内科学、獣医内分泌学、動物栄養学、動物臨床看護学など
研究:動物の代謝・内分泌学、栄養学

続きを読む

犬が「大根」を食べても大丈夫!

犬が「大根」を食べても大丈夫!

Andrii / PIXTA(ピクスタ)

犬が大根を食べても大丈夫です。

大根には、犬にとって有毒とされる成分は含まれていないので、愛犬に大根を食べさせたい場合には、適量であれば与えて問題ありません。

大根 原産国 歴史

sasaki106 / PIXTA(ピクスタ)

大根の原産国は地中海沿岸、中央アジア、中国など諸説あり、はっきりした事はわかっていません。

その歴史は深く、紀元前3000年頃から食べられていたとされています。

日本にも奈良時代には伝来していたといわれており、江戸時代には大根の栽培が本格化して現在に至ります。

犬に「大根」を与えるメリットは?

大根のメリット①【水分とカリウムが豊富】

大根のメリット①【水分とカリウムが豊富】

YAMATO / PIXTA(ピクスタ)

犬は脱水症状を起こすと、水分だけではなく、一緒にカリウムというミネラルも失ってしまいます。

カリウムが不足すると愛犬の手足に痙攣(けいれん)が起きたり、神経が過敏になるだけでなく、不整脈を起こす犬もいます。

大根には、カリウムが豊富に含まれており、また、大根の95%は水分でできているので、愛犬の脱水症状時の水分補給とカリウム摂取に最適な野菜です。

愛犬が水を飲みたがらない場合や老犬の水分補給に、大根を小さく刻んであげてみてもいいでしょう。

大根のメリット② 【カルシウムやβカロテン】

大根のメリット② 【カルシウムやβカロテン】

traction/ Shutterstock.com

犬は大根の葉も食べることができます。

大根の葉は、大根の白い部分よりも多くの「カルシウム」や「βカロテン」が含まれています。

大根の葉の栄養素のうち、βカロテンは油と一緒に摂取することで身体への吸収が良くなります。

そのため、葉の部分は少量の油で炒めるなど加熱して、白い部分は生のまま与えることで、愛犬がより効率的に栄養成分を吸収することができます。

大根のメリット③【消化酵素】

大根のメリット③【消化酵素】

sasaki106 / PIXTA(ピクスタ)

大根には消化酵素である「アミラーゼ」が含まれています。

「アミラーゼ」には、鶏肉や牛肉などのお肉に含まれるタンパク質を分解する働きがあります。

愛犬の胃腸の調子が悪い時は、大根のしぼり汁をフードにトッピングするのもおすすめです。

ただし、酵素は基本的に熱に弱いので、愛犬に大根を与える際は、加熱せずに与えるようにしましょう。

犬に「大根」を与える際の注意点は?

大根の注意点①【食物繊維】

大根の注意点①【食物繊維】

iStock.com/kuppa_rock

大根はキャベツやごぼうのように、食物繊維が多い野菜のひとつです。

胃腸疾患がある愛犬に与える際はあげすぎないよう注意するほか、初めて大根を与える際は、下痢や軟便を起こさないか注意して見てあげましょう。

大根の注意点②【辛み成分】

大根の注意点②【辛み成分】

iStock.com/SeventyFour

大根には、辛みが強い種類があるほか、大根おろしにすると辛みが出ることがあります。

愛犬が嫌がる場合には、無理にあげるのはやめましょう。

ただし、辛み成分には殺菌作用・抗酸化作用があるので、愛犬が大丈夫なら食べさせても構いません。

大根の注意点③【食べ過ぎ】

大根の注意点③【食べ過ぎ】

Yarnawee Nipatarangkoon/ Shutterstock.com

大根は100gあたり17.9kcalですので、健康な犬(成犬/避妊・去勢済)の必要カロリー量を元に計算すると、犬に与えていい大根の目安は以下となります。

愛犬に大根を与える際の目安量

犬の種類犬の体重大根の量
小型犬4kg354g(約1/4本)
中型犬10kg704g(約1/2本)
大型犬25kg1,339g(約1本)

大根はカロリーが低いため、この通り与えてしまうと、主食が食べられなくなる可能性があります。

間食やおやつとして愛犬に大根を与える場合は、ドッグフードの量を必ず減らし摂取カロリーを調整することを忘れないでください。

愛犬に与える「大根」のまとめ

愛犬に与える「大根」のまとめ

Pingun/ Shutterstock.com

犬が大根を食べても問題ありません。

大根は酵素やビタミンなど豊富な栄養素と水分を多く含み、愛犬の脱水対策や健康維持にも効果的です。

しかし、正しく与えないと、愛犬が体調を崩してしまうことにもなりかねません。

愛犬に大根を与える際には、愛犬の喉(のど)に詰まらないよう小さく刻むか、辛みが大丈夫であれば、大根おろしにするなど食べやすい状態にして、適量を与えるようにしましょう。

愛犬 健康な生活

akihirohatako/ Shutterstock.com

愛犬の健康を守ることができるのは飼い主だけです。

飼い主が愛犬に与える食事について十分に理解し、愛犬が健康でいられる生活を楽しみたいものです。

みんなのコメント

京野菜さん
これからますます美味しくなる大根、 我が家のトイプーが欲しがるので あげていいのか悩んでました。 手作りご飯を作ってる友達にも教えたいと思います。ありがとうございます。
だいこん足さん
葉っぱはいつも食べるとき捨てているので これからはゆでてわんこにあげようと思います。 気を付ければ食べられる野菜がいっぱいあっておもしろいですね。
shenglongさん
我が家では煮大根にして与えています。 もちろん味付けはなしです。 味もしないのに大好きです。
のりっぺさん
大根は、辛み成分が有るので与えてはいけないものだと思っていました。 栄養の為にも、適量をあげたいと思います。

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

関連する情報をもっと見る

「犬の飼い方・しつけ」の人気記事RANKING