【獣医師監修】犬がごぼうを食べても大丈夫!?与える際の注意点や適量は?便秘に効果的?

食物繊維が豊富に含まれているごぼう。ユーラシア大陸が原産地でありキク科の野菜のごぼうは、便秘を解消してくれる野菜として有名ですが、犬がごぼうを食べても大丈夫なのでしょうか?ここでは、犬にごぼうを与えても大丈夫なのか?また、ごぼうを与える際の注意点になどついて解説していきます。

【獣医師監修】犬がごぼうを食べても大丈夫!?与える際の注意点や適量は?便秘に効果的?
出典 : Kei Shooting /Shutterstock.com

犬がごぼうを食べても大丈夫!

犬がごぼうを食べても大丈夫!

Leeyakorn06/ Shutterstock.com

犬がごぼうを食べても基本的に問題ありません。

犬にごぼうを食べさせるときはごぼうに火を通し、食べやすい大きさに切りそろえるかフードプロセッサーで細かく切り刻むと消化によいでしょう。

愛犬に与えるごぼうには健康的な栄養素が豊富に含有!

愛犬に与えるごぼうには健康的な栄養素が豊富に含有!

nanka/ Shutterstock.com

ごぼうには、便秘に効果的な栄養素「イヌリン」という食物繊維が豊富に含まれています。

食物繊維には可溶性食物繊維と不溶性食物繊維の二種類があり、ごぼうはどちらも含んでいます。

可溶性食物繊維は水に溶ける食物繊維で強い保水力を持ちます。

粘性を持つことが特徴で便の粘性を増すという働きがあり腸内環境の改善に役立つと考えられています。

一方の不可溶性食物繊維は便のかさを増やす働きを持ち、腸を刺激することから腸の動きを促進させるという働きがあります。

愛犬にごぼうを与える際の注意点と適量は?

愛犬にごぼうを与える際の注意点と適量は?

akihirohatako/ Shutterstock.com

「ごぼうを愛犬にたくさん食べさせれば、その分健康になるかも?」と考える人がいるかもしれませんが、食べ過ぎは禁物!

ごぼうの繊維質は消化出来ないので、愛犬がごぼうを食べ過ぎると便秘を起こす可能性もあります。

ごぼうを愛犬に食べさせる時は適量を与えるようにしましょう。

また通常の犬の主食は、総合栄養食のドッグフードで問題ありません。

どうしてもごぼうなど、他の食材を愛犬に与えたい場合は、摂取カロリーの20%以下になるように調整してください。

摂取カロリーにおけるドッグフード以外の食品の割合を上げ過ぎて栄養バランスが崩れることがないように注意しましょう!

【獣医師監修】犬がレンコンを食べても大丈夫? 嘔吐(おうと)やアレルギーに注意!

【獣医師監修】犬が里芋(生)を食べても大丈夫?里芋のぬめりは?尿路結石症に注意!

【獣医師監修】犬が大根を食べても大丈夫?大根を与えるメリットや注意点、ポイントは?

監修者情報

徳本 一義 先生(獣医師)
徳本 一義 先生(獣医師)
小動物の臨床栄養学に関するスペシャリスト。大学卒業後、小動物臨床に従事したのち、大手ペットフードメーカーで15年以上、臨床栄養学の観点からペットフードの開発、ならびに研究・情報発信に携わる。現在は獣医療・教育関連のコンサルタントとしての活動のほか、複数の獣医系大学で講師を兼任するとともに、ペット栄養学会 理事など、ペットの栄養に関する団体の要職も務める。
続きを読む

みんなのコメント

きんぴらごぼうさん
手作りご飯に挑戦していますが、ごぼうは食物繊維が多すぎてあげてもいいのか悩んでいました。 食べさせすぎないように気を付けながらあげてみたいと思います。

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

関連する情報をもっと見る

「犬の飼い方・しつけ」の人気記事RANKING