【獣医師監修】栄養豊富な「椎茸(しいたけ)」は犬に食べさせても大丈夫?

健康管理に良いイメージがある「椎茸(しいたけ)」は、犬のご飯にしても良いのでしょうか? 犬に「椎茸(しいたけ)」を与えても良いのか、与える場合はどんなところに気をつければ良いのか。また、市販のドッグフードをなかなか食べてくれない愛犬のために手作りご飯を作ってみたいと思っている方、「椎茸(しいたけ)」について解説します。

  • 小濱
  • 監修者:徳本 一義 先生(獣医師)

【獣医師監修】栄養豊富な「椎茸(しいたけ)」は犬に食べさせても大丈夫?
出典 : Amarita / Shutterstock.com

犬に「椎茸(しいたけ)」を与えても大丈夫!

犬に「椎茸(しいたけ)」を与えても大丈夫!

Africa Studio/ Shutterstock.com

火を通して食べやすくしたものなら、犬に「椎茸(しいたけ)」を与えても大丈夫です!
乾燥「椎茸(しいたけ)」を使う場合は、やわらかく戻したものを刻みましょう。

そもそも犬は雑食であり、肉食ではありません。野菜やきのこを消化することができます。きのこは旨み成分である核酸が多く含まれ、犬は核酸を含む食べ物を好む傾向があるため、きのこ出汁などは好まれると考えられます。

また、普段の食事では食べない子も、家族でアウトドアに出掛けた先での食事なら食べてくれるかもしれません。バーベキューをしていると犬もお裾分けがほしくなるため、加熱した「椎茸(しいたけ)」を細かく切ってあげてみましょう。同じものを飼い主が食べていることが分かるとうれしくなって、パクパク食べる子もいます。

犬の健康に効果あり!?「椎茸(しいたけ)」の栄養素(食物繊維)!

犬の健康に効果あり!?「椎茸(しいたけ)」の栄養素(食物繊維)!

twomeerkats/ Shutterstock.com

「椎茸(しいたけ)」には、犬の健康管理に役立ついろいろな栄養素が入っています。代表的な栄養素と働きを見ておきましょう。

ビタミンD:カルシウムの吸収をサポート、歯や骨を丈夫に維持してくれる栄養素です。カルシウムには自律神経を安定させる働きがあります。天日干しすることでビタミンD含有量が増えるため、余ったしいたけはスライスした状態で乾かしてから保存しましょう。
※しいたけなどきのこ類にはビタミンD前駆体のエルゴステロールが含まれます。エルゴステロールは日光にあたるとビタミンDに変化するので、生しいたけより干しいたけの方がビタミンD含有量は多いです。

食物繊維:適量の食物繊維をとることで腸内環境を整えてれくれます。お通じを良くする効果も期待されて、お腹の中をスッキリきれいにする栄養素です。人間ほどたくさんの食物繊維はいらなくても、ある程度は必要とされます。野菜嫌いでも「椎茸(しいたけ)」は食べてくれる、という子には重要な食物繊維摂取源となる食材です。

犬に「椎茸(しいたけ)」を与える際のおすすめ調理法!

犬に「椎茸(しいたけ)」を与える際のおすすめ調理法!

Breaking The Walls/ Shutterstock.com

食べ慣れた食事をベースに、加熱した「椎茸(しいたけ)」をみじん切りして加えます。お腹が弱い子だったら、フードプロセッサーでペーストにする方法が良いでしょう。
噛まずに食べても消化が良くて、食が細い子にぴったりです。きのこをご飯のメイン食材にすることはできないため、栄養バランスがとれた食事にプラスする方法を基本とします。

干し「椎茸(しいたけ)」の戻し汁にも栄養価が詰まっているため、鶏のささみや野菜と一緒に軽く煮て雑炊風にすると、きのこ嫌いの子も食べてくれます。
飼い主の夕食の準備で使ったお出汁を取り分けて、愛犬のご飯を一緒に作るのも良いでしょう。

トマト、キャベツなど食べても良い食材はいろいろあるため、冷蔵庫の中のものから考えるのも一案です。手作りご飯を毎日用意するのは大変なようにも感じますが、人間と同じ食材を使ってついでに作る方法なら大きな手間になりません。同じものを食べていると考えるだけで家族の絆も深まるため、時間がある時に作ってみましょう。

犬の「椎茸(しいたけ)」の食べ過ぎには要注意!

犬の「椎茸(しいたけ)」の食べ過ぎには要注意!

Lindsay Helms/ Shutterstock.com

犬の食事は、炭水化物とタンパク質がバランスよく含まれたドッグフードがメインです。人間の主食・おかず・汁物といった考え方とは違うため、「椎茸(しいたけ)」を愛犬に与える際には、適量に留めましょう。
初めてきのこを食べた時はとくにお腹の調子が不安定になりやすく、下痢してしまう子もいます。様子を見ながら「椎茸(しいたけ)」の量を調整して、無理をさせないペースで与えてください。

犬にとって「椎茸(しいたけ)」はあくまでも不要なもの!

犬にとって「椎茸(しいたけ)」はあくまでも不要なもの!

Mat Hayward/ Shutterstock.com

犬にとって、不足する栄養素を食事の中から補うために手作りご飯を追加しなければ!と思う飼い主もいるかもしれません。
しかし、ドッグフードを適切な量あげていれば栄養バランスは間違いなく問題にならず元気なカラダを維持できます。そのため「椎茸(しいたけ)」に含まれる栄養素から与えなければいけないということはありません。

正しい知識をもとにした健康管理をしていくことで、愛犬との絆が深まります。食事を通して愛犬とコミュニケーションを図り、幸せな生活の基盤としましょう。
「椎茸(しいたけ)」だけではなく、犬の健康づくりに役立つ食材はたくさんあります。カラダの状態に合わせて適した素材を選択、我が子にぴったりのメニューを考えてみましょう。

手作りご飯を作り始めるといろいろなものをあげてみたくもなりますが、犬が食べてはいけないものもたくさんあります。
正しい知識のもとで健康管理に役立つご飯を作り、元気で長生きしてくれるカラダを応援しましょう。

【獣医師監修】犬にきのこを与えても大丈夫?正しい食べ方と注意点

【獣医師監修】犬は昆布を食べても大丈夫?その納得の理由

【獣医師監修】犬は煮干しを食べても大丈夫!与えるときの注意点は?

監修者情報

徳本 一義 先生(獣医師)
徳本 一義 先生(獣医師)
小動物の臨床栄養学に関するスペシャリスト。大学卒業後、小動物臨床に従事したのち、大手ペットフードメーカーで15年以上、臨床栄養学の観点からペットフードの開発、ならびに研究・情報発信に携わる。現在は獣医療・教育関連のコンサルタントとしての活動のほか、複数の獣医系大学で講師を兼任するとともに、ペット栄養学会 理事など、ペットの栄養に関する団体の要職も務める。

みんなのコメント

平成最後の夏休みさん
来週、愛犬と一緒にキャンプへ行く予定なので、BBQで椎茸を焼いて、あげてみようと思います。ありがとうございます!

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

関連する情報をもっと見る

「TOP」の人気記事RANKING