【獣医師監修】犬が生姜を食べても大丈夫?嘔吐などの中毒症状が起こる?注意点や適量は?

中国では古くから漢方に利用されていると言う「生姜」は、日本では薬味としておなじみです。近年はカラダを温める成分が冷え性に悩む人から注目されていますが、犬にとって生姜は食べて大丈夫な食べ物なのでしょうか? ここでは、犬に生姜を与えた際のメリットや注意点、適量などについて解説します。

先生にお聞きしました
徳本 一義 先生
ペット栄養学会理事。小動物の臨床栄養学に関するスペシャリスト。
獣医師 MBA(経営学修士)

ヘリックス株式会社 代表取締役社長

【資格】
獣医師

【所属】
ペット栄養学会 理事
一般社団法人ペットフード協会 新資格検定制度実行委員会 委員長
日本獣医生命科学大学 非常勤講師
帝京科学大学 非常勤講師
など

大学卒業後、小動物臨床に従事。

その後、ペットフードメーカーに入社し、小動物臨床栄養学に関する研究、情報発信を中心とした活動を行う。

現在は、獣医療・教育関連のコンサルタントとしての活動。ペットの栄養に関する団体の要職を務める。

自宅で9頭の猫と暮らす愛猫家。
続きを読む

犬が生姜を食べても大丈夫!

犬が生姜を食べても大丈夫!

Fast&Slow / PIXTA(ピクスタ)

生姜は、犬が食べても大丈夫な食べ物です。

生姜入りのドッグフードも販売されているので、犬が食べても問題はありません。

犬が生姜を食べると嘔吐などの中毒症状が起こる?

犬が生姜を食べると嘔吐などの中毒症状が起こる?

iStock.com/sanjagrujic

犬にネギ類を食べさせてはいけないことは、多くの飼い主が知るところでしょう。

ネギ類と同様、犬が生姜を食べると中毒を起こす可能性がある」という情報を見かけることがあります。

しかし、これはまったくの誤解です。

ネギの中毒症状の原因は、ネギ類に含まれる毒性成分「硫化アリル」です。

生姜は「ショウガ科」の植物であって、ネギ科ではないので「硫化アリル」は含まれていません。

おそらく、いつのまにか刺激的な香りと辛味を持つ生姜が、ネギ科のニンニクと同じ仲間であると間違って認識されたことから、こうした誤解が生じたのでしょう。

犬が生姜を食べて中毒を起こす心配はありません。

犬に与える生姜のメリット!

メリット①「抗菌・吐き気を抑える効果」

メリット①「抗菌・吐き気を抑える効果」

kaka / PIXTA(ピクスタ)

日本では、寿司に漬けの生姜である「ガリ」は付きものですね。

その理由は、生姜は魚の生臭さを消すと同時に、殺菌効果があるからだと言われています。

そんな抗菌・殺菌作用を持つのが、生姜の辛味成分である「ジンゲロール」です。

「ジンゲロール」には、吐き気を抑える効果もあると考えられています。

メリット②「血行を促進して、免疫力をアップ」

メリット②「血行を促進して、免疫力をアップ」

ホタル / PIXTA(ピクスタ)

生姜を加熱すると、辛味成分の「ジンゲロール」が、「ショウガオール」という香り成分に変化します。

「ショウガオール」は、血行をよくし、カラダを温める作用があるので、脂肪燃焼の効果や免疫力のアップに役立つと考えられます。

また、「ショウガオール」には、カラダを錆びさせる原因になる活性酸素を除去する「抗酸化作用」もあります。

愛犬の健康維持、老化防止の効果が期待できます。

メリット③「老廃物や溜まった水分を排出」

メリット③「老廃物や溜まった水分を排出」

iStock.com/4kodiak

生姜に含まれている「ジンゲロン」は、発汗作用があり、体内の老廃物や滞っている余分な水分を体外に排出する作用があります。

さらに、血行を促進して、カラダを温める効果もあります。

犬に与える生姜のおもな栄養素!

犬に与える生姜のおもな栄養素!

iStock.com/Eivaisla

生姜に含まれるおもな栄養素は次の通りです。

生姜(生)100gのおもな栄養素

-生姜/生
エネルギー30kcal
水分91.4g
たんぱく質0.9g
脂質0.3g

生姜(生/おろし)100gのおもな栄養素

-生姜/生/おろし
エネルギー70kcal
水分81.6g
たんぱく質0.7g
脂質0.8g

【参照元】文部科学省「食品成分データベース」

犬に与える生姜の適量は?

犬に与える生姜の適量は?

Makistock/ Shutterstock.com

冷奴やそうめん、刺身の薬味のほか、煮魚や豚肉の生姜焼きなどの料理にも使われる生姜。

人間が一度にたくさんの生姜を食べることがないように、愛犬にあげる場合も、少量をすり下ろして食事に混ぜたり、絞り汁をスープに加えるなどの利用がおすすめです。

犬が生姜を食べる時の注意ポイント!

注意点ポイント①「生の生姜か乾燥させた粉末状の生姜を使う」

注意点ポイント①「生の生姜か乾燥させた粉末状の生姜を使う」

iStock.com/nattul

チューブの生姜はとても便利なものですが、生姜のすり下ろし以外の添加物が含まれているものが多いようです。

もちろん、人間が食べて安全なものなので、犬にあげていけないものではありませんが、あげる時は、生の生姜をすり下ろすか刻む、または粉末状の乾燥生姜を使うことをおすすめします。

注意点②「生姜焼きの玉ねぎには要注意!」

注意点②「生姜焼きの玉ねぎには要注意!」

gontabunta / PIXTA(ピクスタ)

生姜焼きは、油分や分が強いので、愛犬の健康を考えるならあまりあげないほうがベターです。

しかしながら、愛犬とのコミュニケーションの一環として、飼い主さんが食べている生姜焼きを、少しだけお裾分けしてあげるのは問題ありません。

ただし、生姜焼きに玉ねぎが入っている場合は、要注意。

犬は、ネギ類に含まれる毒性成分「硫化アリル」で中毒を起こします。

硫化アリルは、周囲に溶け出し、かつ熱に耐性があるので、玉ねぎと一緒に一緒に炒めた肉などをあげると、玉ねぎそのものを与えなくても毒性成分が愛犬の口に入ることになってしまうので安易に食べさせてはいけません。

犬に与える「生姜」まとめ

犬に与える「生姜」まとめ

iStock.com/gerenme

犬に生姜を与えても問題ありません。

生姜の消化促進作用に着目し、ドッグフードの原料に生姜を取り入れているドッグフードも販売されています。

生姜を上手に愛犬の食生活に取り入れ、健康維持をサポートしてはいかがでしょうか?

愛犬の健康を守ることができるのは飼い主だけです。

正しい知識を持って、愛犬と健康な生活を送りましょう。

みんなのコメント

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

関連する情報をもっと見る

「食べ物」の人気記事RANKING