【獣医師監修】犬にマグロを食べさせても大丈夫?

人間にとって害のない食べ物でも、犬にとっては違うことがあります。そのため、犬の飼い主には犬が食べてよいものと食べてはいけないものを見極めるための十分な知識が必要となります。ここでは、犬に与えてはいけないようにも思えるマグロに関し、犬のごはんとしての適性や注意点などについて解説したいと思います。

【獣医師監修】犬にマグロを食べさせても大丈夫?
出典 : Chendongshan/Shutterstock.com

犬にマグロは大丈夫

犬にマグロは大丈夫!

Borja Merino/ Shutterstock.com

マグロの刺身などを家族が食べていると、犬が興味を示し、食べたがるようなそぶりを見せることがあるかもしれません。
この時マグロを与えても問題ありません。日常的な摂取量の範囲内で犬にマグロを与えても全く問題にはなりません。

水銀などの生物濃縮を危惧する声もありますが、人間と同様に少量食べた程度で問題になることはありません。

マグロに含まれる栄養は犬にもメリットが

マグロに含まれる栄養は犬にもメリットが

Jane Rix/ Shutterstock.com

犬も人間と同様に、体の成長にはタンパク質が必要です。マグロの赤身部分は畜産肉と比べて低脂質、高タンパクな食材です。

市販されているドッグフードの中でも、成長期の犬向けのものにはマグロが多く含まれていることが多く犬の栄養バランスのために重宝される食材と言えるでしょう。

マグロの骨は犬のおやつにもぴったり!

マグロの骨は犬のおやつにもぴったり!

Mat Hayward/ Shutterstock.com

骨の形をした犬用のおやつがペットショップで販売されているのを目にしたことがあるかもしれません。
あのようなおやつの多くは牛の皮などから作られていますが、最近ではマグロの骨から作られたおやつも多くなっています。
骨をかじる事でストレスの発散やカルシウムの補給をする事ができます。

マグロは大きな個体が多いことから、その骨も太く頑丈なものが多く、そのままの状態でも犬のおやつとしては十分なサイズがあります。
喉に詰まらせてしまう事がないよう、このようなおやつは飼い主の目の届くところであげるようにしましょう。

犬におすすめのマグロのあげ方

犬におすすめのマグロのあげ方

kuban_gir/ Shutterstock.com

犬にマグロをあげる最も簡単な方法としては、市販のマグロ入りドッグフードを購入することが挙げられます。特に、最近は固形のドッグフードだけでなく、缶詰タイプのものやパウチタイプのものなども登場しており、選択肢が多いという点で大きなメリットがあります。

また、このような犬にあげることを前提として製造されたマグロ入りドッグフードは犬の体に対して優しく、バランスの面も考えられているので人間が分け与えるマグロ料理よりも安心して与えることができます。

マグロのように犬の健康にいいと考えられる食べ物であっても食事のメインとしてこればかりあげることは避けましょう。必ずメインの食事としてドッグフードをあげ、間食は摂取カロリーの20%以下に抑えることで栄養バランスが整い愛犬の健康を保てます。

みんなのコメント

あずきさん
まぐろは食べても大丈夫なんですね! 先日、我が家で手巻き寿司をしたときに、うちの子が食べたがっていましたが あげなかったので驚きました!!勉強になります。

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

関連する情報をもっと見る

「TOP」の人気記事RANKING