【獣医師監修】犬にキュウリを与えても大丈夫!メリットや注意点について

一年を通して食卓に並ぶことが多いキュウリ。人間にはおなじみの野菜ですが、実は犬が食べても問題はないのです。犬にキュウリを与えるメリットや与える時の注意点について見ていきましょう。

  • 監修者:徳本 一義 先生(獣医師)

【獣医師監修】犬にキュウリを与えても大丈夫!メリットや注意点について
出典 : Dora Zett /Shutterstock.com

犬にキュウリを与えても大丈夫

犬にキュウリを与えても大丈夫

Tanya Stolyarevskaya / Shutterstock.com

結論から言って、犬がキュウリを食べても問題はありません。キュウリに含まれる成分のうち、犬にとって有害なものは含まれていないので安心してください。

キュウリはウリ科の野菜で、原産はインド北部からネパールのヒマラヤのあたりであるといわれており、インドでは3000年以上前には栽培されていたと考えられている、非常に歴史の深い野菜です。

日本に入ってきたのは10世紀頃で、本格的に栽培されるようになったのは、江戸時代に入ってからということです。夏が旬の野菜で、多く出回るのは5月~8月ににかけてですが、比較的年中見かけることができます。

犬にキュウリを与えることのメリット

犬にキュウリを与えることのメリット

Veronika 7833 / Shutterstock.com

総合栄養食であるドッグフードをメインの食事として与えている限り、キュウリを犬に与えることによるメリットは特にありません。キュウリの栄養価は高くはないですが、いくつかの栄養素を含んでおります。しかし、これらの栄養素によって健康に影響があるほどの効果が期待できるわけではないため、メリットがあるとまでは言えないでしょう。あくまでもコミュニケーションの一環に取り入れる程度にとどめましょう。

①骨を丈夫にするビタミンKが豊富

キュウリに多く含まれている成分にビタミンKがあります。ビタミンKには、骨にカルシウムを沈着させる効果があり、骨を丈夫にすることができます。

②水分が多く含まれる

キュウリはその95%が水分です。水分が不足していたり水を飲んでくれない犬の水分補給をサポートしてくれる野菜としても活用することができます。水を飲んでくれない犬にはキュウリを与えてみてはどうでしょうか。

③病気の予防に効果的なカリウムが豊富

キュウリには、カリウムが含まれています。カリウムには利尿作用があるので、身体に含まれる余分な水分を排出して調節してくれる効果があります。

④健康維持に欠かせないβカロテンも

キュウリの皮の部分には、βカロテンも含まれています。

βカロテンそのものに抗発ガン作用があることに加え、犬の場合、βカロテンは体内に取り込むことでビタミンAに変換されるという働きがあります。そのため、毛の艶をよくしたり、皮膚や粘膜のはりをよくしたりするなど、健康を維持する働きをしてくれます。

キュウリを与える時の注意点

キュウリを与える時の注意点

demidoff / Shutterstock.com

シャキシャキとした食感を好む犬はキュウリを食べ過ぎてしまうことが考えられます。キュウリの皮の部分は不溶性食物繊維が豊富で消化しにくいため、一度に大量に食べると下痢になる可能性があります。

また、キュウリは水分が豊富で一度に与えすぎてしまうと下痢や嘔吐を引き起こす可能性があります。犬によって胃腸の強さにはばらつきがありますので、少しずつ様子を見ながら与えるようにしましょう。

犬にとって水分補給にも役立つキュウリですが、与え方に注意しないと逆に体調を崩してしまうこともありますので、与える際は注意して見守りましょう。

キュウリに関するよくある誤解とは?

キュウリに関して誤解されている点がいくつかあります。そもそも、犬に総合栄養食であるドッグフードを与えていれば栄養バランスが崩れないため、あえてキュウリを与える必要はありません。ドッグフードをメインにした上で、コミュニケーションの一環として与えることが望ましいです。

①薬の飲み合わせには問題なし

一般的に、カリウムが多く含まれている食材は、心臓病もしくは腎臓病の犬、また利尿剤を飲んでいる犬に与える時には注意が必要とされています。

キュウリにもカリウムが含まれてはいますが、間食やおやつとして与える分には問題ありません。キュウリには与えるのを避けた方が良いほどの濃度でカリウムが含まれているわけではないためです。

②キュウリを与えても尿路結石にはならない

キュウリを犬に与えると、犬が尿路結石になってしまったり、その症状が悪化してしまうという説があります。これは、尿路結石の原因となるシュウ酸カルシウムやマグネシウムといった成分がキュウリに含まれているためです。

しかし、キュウリに含まれるこれらの成分はごく少量で、キュウリを食べたことが原因での尿路結石の発症や症状の悪化することは考えにくいでしょう。

既往歴のある犬はもちろんキュウリを与えることを避けたほうが良いです。健康な犬でも不安な場合はもちろん与える必要はありませんが、犬が好んで食べる場合は分量を間違えなければ、さほど心配する必要はありません。

キュウリは、犬の水分補給を助けてくれる食材です。犬の健康維持に役立ちますので、取り入れてみてもよいかもしれません。ただし食べ過ぎないか注意して、少量ずつ様子を見ながら与えていくようにしましょう。

【獣医師監修】犬はトマトを食べても問題なし!メリットや注意点について

【獣医師監修】栄養満点のブロッコリー!犬の健康維持にも効果的!

監修者情報

徳本 一義 先生(獣医師)
徳本 一義 先生(獣医師)
小動物の臨床栄養学に関するスペシャリスト。大学卒業後、小動物臨床に従事したのち、大手ペットフードメーカーで15年以上、臨床栄養学の観点からペットフードの開発、ならびに研究・情報発信に携わる。現在は獣医療・教育関連のコンサルタントとしての活動のほか、複数の獣医系大学で講師を兼任するとともに、ペット栄養学会 理事など、ペットの栄養に関する団体の要職も務める。

みんなのコメント

河童さん
みずみずしい胡瓜、我が家の犬が食べたがるので、食べさせていいのか悩んでました。 参考になりました!

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

関連する情報をもっと見る

「TOP」の人気記事RANKING