【獣医師監修】犬が果物を食べても大丈夫?おすすめの果物やあげてはダメ(危険)な果物!

りんご、みかん、ぶどうなど、果物が大好きな方も多いと思いますが、愛犬にも果物を与えても大丈夫なのでしょうか?ここでは、犬が食べても良い果物とあげてはダメ(危険)な果物について解説していきます。 ぜひ、今後の参考にしてください。

先生にお聞きしました
徳本 一義 先生
ペット栄養学会理事。小動物の臨床栄養学に関するスペシャリスト。
獣医師 MBA(経営学修士)

ヘリックス株式会社 代表取締役社長

【所属】
ペット栄養学会 理事
一般社団法人ペットフード協会 新資格検定制度実行委員会 委員長
日本獣医生命科学大学 非常勤講師
帝京科学大学 非常勤講師
など

大学卒業後、小動物臨床に従事。

その後、ペットフードメーカーに入社し、小動物臨床栄養学に関する研究、情報発信を中心とした活動を行う。

現在は、獣医療・教育関連のコンサルタントとしての活動。ペットの栄養に関する団体の要職を務める。

自宅で9頭の猫と暮らす愛猫家。
続きを読む

犬が中毒やアレルギーを起こさない果物なら食べても大丈夫!

犬が中毒やアレルギーを起こさない果物なら食べても大丈夫!

Suponev Vladimir / Shutterstock.com

犬が中毒アレルギーを引き起こさない果物であれば与えても問題ありません。

犬にとって果物は、貴重な栄養源です。

しかし、なかには、犬が中毒アレルギーを起こす成分が入っている果物もあります。

愛犬が果物を食べた後に「目が充血する」「ぐったりする」「体中を痒がる」「発疹が出る」などの中毒アレルギー症状が出た場合は、すぐに動物病院で診てもらいましょう。

犬が食べても大丈夫な果物は?

犬が食べても大丈夫な果物は?

Pavel Sazonov/ Shutterstock.com

犬にはどのような果物なら与えて大丈夫なのでしょうか?

ここで見ていきましょう。

食べて大丈夫な果物①【みかん】

食べて大丈夫な果物①「みかん」

cynoclub/ Shutterstock.com

犬がみかんを食べても基本的に問題ありません。

みかんには薄皮や白い筋も含めて、犬にとって危険な成分は含まれていません。

ビタミンC以外のクエン酸やカリウム、ペクチンも犬が食べても大丈夫な栄養素です。

食べて大丈夫な果物②【りんご】

食べて大丈夫な果物②「りんご」

Ivanova N/ Shutterstock.com

犬がりんごを食べても基本的に問題ありません。

ただ、思わぬ事故につながってしまう危険性もありますので、犬にりんごを与える際は、様子を見ながら注意して与えるようにしましょう。

食べて大丈夫な果物③【桃】

食べて大丈夫な果物③【桃】

iStock.com/bodza2

犬がを食べても基本的に大丈夫です。

ただし、の種は、犬が誤飲する危険性のある大きさなので、うっかり飲み込んで、喉(のど)に詰まらせないよう注意が必要です。
また、バラ科の果物にアレルギーを起こしたことのある犬には、はあげない方がいいでしょう。

食べて大丈夫な果物④【パイナップル】

食べて大丈夫な果物④「パイナップル」

Kristina Sorokina/ Shutterstock.com

犬に少量のパイナップルであれば、与えても基本的に問題はありません。

パイナップルには、チョコレートネギなどに含まれる中毒物質は含まれていないので、少量であれば犬が食べても健康的に問題のない果物です。

食べて大丈夫な果物⑤【バナナ】

食べて大丈夫な果物⑤「バナナ」

De Jongh Photography/ Shutterstock.com

犬にバナナを与えても基本的に問題ありません。

バナナには、犬の中毒症状を引き起こす成分は含まれていません。

愛犬がバナナに対するアレルギーがない限りは与えても大丈夫です。

食べて大丈夫な果物⑥【いちご】

食べて大丈夫な果物⑥「いちご」

Ezzolo/ Shutterstock.com

犬にいちごを与えても基本的に問題ありません。

いちごの主成分は「ビタミンC」「葉酸」「各種ミネラル」などですが、これらの成分は犬にとって有害ではないので、犬にいちごを与えても大丈夫です。

食べて大丈夫な果物⑦【グレープフルーツ】

食べて大丈夫な果物⑦「グレープフルーツ」

PushAnn/ Shutterstock.com

犬がグレープフルーツを食べても基本的に大丈夫です。

グレープフルーツやオレンジなどの柑橘系の果物を、犬は苦手にしているという話があります。

グレープフルーツに関しては、犬に与え方さえ注意すれば食べても問題ありません。

ただしいくつかの薬剤と飲み合わせが悪い場合がありますので、投薬中であれば必ず獣医師の判断を仰いでください。

食べて大丈夫な果物⑧【メロン】

食べて大丈夫な果物⑧「メロン」

Elena Shashkina/ Shutterstock.com

犬がメロンを食べても基本的に問題ありません。

メロンは、犬が食べてすぐに中毒を起こすような成分は入っていませんので、適量を食べる分には問題はないといわれています。

食べて大丈夫な果物⑨【ブルーベリー】

食べて大丈夫な果物⑨「ブルーベリー」

Brian A Jackson/ Shutterstock.com

犬にブルーベリー(生)を与えても基本的に問題ありません。

ブルーベリーには犬が摂取してはいけない成分が大量には含まれていないので、中毒症状を起こすことはありません。

ただし、過剰にブルーベリーを犬に与えると消化不良や下痢(げり)などを引き起こします可能性があるので、注意しましょう!

食べて大丈夫な果物⑩【スイカ】

食べて大丈夫な果物⑩「スイカ」

Jaromir Chalabala/ Shutterstock.com

犬がスイカを食べても基本的に問題ありません。

スイカは、水分のほか「糖分」「ミネラル」などを含んでいますが、犬の健康にとって悪影響が出る成分を含んでいないので、犬に与えても大丈夫です。

特に、スイカは水分が豊富で適度な甘みがある食べ物なので、愛犬が散歩や運動をした後の水分補給におすすめです。

食べて大丈夫な果物⑪【柿】

食べて大丈夫な果物⑪「柿」

Sbolotova/ Shutterstock.com

犬にをあげても基本的に大丈夫です。

の成分は「繊維質」「ビタミン」「果糖」「水分」なので、柿は犬の体に悪い成分はほとんど含まれていません。

ただし、などの果物は糖分が多くカロリーが高いため、与え過ぎには十分注意をしましょう。

食べて大丈夫な果物⑫【梨】

食べて大丈夫な果物⑫「梨」

karins/ Shutterstock.com

犬がを食べても基本的に大丈夫です。

は90%が水分でできており、ほかに含まれている栄養素についても犬の健康を損なうような成分は含まれていませんので、犬に与えても大丈夫です。

ただし、犬は水分が多いものが好きなので、カットしたを机に置いておくと全部食べてしまうので、食べ過ぎには十分注意しましょう。

食べて大丈夫な果物⑬【キウイフルーツ】

食べて大丈夫な果物⑬「キウイフルーツ」

Katsiaryna Lipianskaya/ Shutterstock.com

犬にキウイフルーツを与えても基本的に大丈夫です。

ただ、犬にキウイフルーツを大量に与えることは体調不良の原因となりますので避けましょう!

食べて大丈夫な果物⑭【さくらんぼ】

食べて大丈夫な果物⑭「さくらんぼ」

Utekhina Anna/ Shutterstock.com

犬がさくらんぼを食べても基本的に大丈夫ですが、いくつか注意点があります!

【注意点①】
柄(え)は、喉(のど)に引っかかりやすく消化が悪いので、犬の体調不良を引き起こす可能性あり

【注意点②】
さくらんぼの食べ過ぎによる消化不良、下痢(げり)や嘔吐(おうと)など

【注意点③】
さくらんぼの種に含まれる有害物質による体調の変化

この3点について注意すればさくらんぼを犬に与えても大丈夫と言われていますが、飼い主の目の届くところで食べさせないと危険な果物です。

愛犬にさくらんぼを与える際には、十分注意しましょう!

食べて大丈夫な果物⑮【マンゴー】

食べて大丈夫な果物⑮「マンゴー」

YARUNIV Studio/ Shutterstock.com

犬がマンゴーを食べても、基本的に問題はありません。

マンゴーには犬にとって有害な成分は含まれていませんが、注意すべき点は、与え過ぎないことです。

マンゴーは80%近くが水分なので水分補給にもなり、食物繊維が加減よく含まれているので腸内環境を整えることにも効果的とされています。

食べて大丈夫な果物⑯【レモン】

食べて大丈夫な果物⑯「レモン」

TCGraphicDesign/ Shutterstock.com

犬にレモンを与えても基本的に大丈夫です。

レモンには犬にとって有害な成分は入っていないので、犬がレモンを食べても大丈夫です。

食べて大丈夫な果物⑰【オレンジ】

食べて大丈夫な果物⑰【オレンジ】

kai / PIXTA(ピクスタ)

犬がオレンジを食べても大丈夫です。

オレンジには、犬のカラダに悪影響を及ぼす成分は含まれていません。

ただし、オレンジの外側の皮には、犬が中毒を起こす「ソラレン」と言う天然毒素が含まれています。

また、犬がオレンジの外皮を食べると、下痢や嘔吐(おうと)、皮膚に湿疹や痒みを発する場合があるので、皮ごとあげたり、犬が皮をかじったりしないように注意してください。

犬にあげては【ダメ】【危険(中毒)】な果物は?

犬にあげてはダメな危険(中毒)な果物は?

WilleeCole Photography/ Shutterstock.com

犬にあげると危険な果物は何があるのか?

ここで見ていきましょう。

与えてはダメな果物①【ぶどう】

犬にぶどうを食べさせていけません

FotoIvanKebe/ Shutterstock.com

犬にぶどうを食べさせてはいけません!

ぶどうは、「ネギ」類や「チョコレート」などと同様に、犬に与えてはいけない危険な食材のひとつです!

犬に与えてはいけない食材として「ネギ類」や「チョコレート」は、とても有名ですが、最近になってぶどうも犬にとって中毒を起こす成分が含まれていることが分かってきました。

そして、ぶどうを犬に与えすぎると、命の危険もある食材(果物)と言われるようになりました。

与えてはダメな果物②【マスカット】

与えてはダメな果物②【マスカット】

iStock.com/kazoka30

犬にマスカットを与えてはいけません!

マスカットなどの「ぶどう」は、「ネギ」類や「チョコレート」などと同様に、犬に食べさせてはいけない危険な食べ物のひとつです。

そのため、マスカットも犬に食べさせてはいけません。

与えてはダメな果物③【レーズン】

与えてはダメな果物③【レーズン】

Glucose / PIXTA(ピクスタ)

犬にレーズンを与えてはいけません!

犬がレーズンを食べると、種類に関わらず、腎臓の機能にダメージが生じるといわれています。

これは、ぶどうを食べたときと同じ症状です。

最悪の場合、急性腎不全で死に至ったという報告例は、日本だけでなく、アメリカの動物中毒コントロールセンターでもあります。

【参照元】日本小動物獣医学会誌「ブドウ摂取後に急性腎不全を発症して死亡した犬の1例」

犬に与える「果物」まとめ

犬に与える「果物」のまとめ

Tanya Kozlovsky/ Shutterstock.com

犬が中毒アレルギーを引き起こさない果物であれば与えても問題ありません。

ただし、犬が食べても良い果物でも、過剰摂取させると、下痢(げり)や嘔吐(おうと)してしまう可能性があるので、注意しましょう。

また、ぶどうレーズンなど危険な果物は愛犬には与えないようにしてください。

愛犬の健康を守れるのは、飼い主だけ

Helen Sushitskaya/ Shutterstock.com

愛犬の健康を守れるのは、飼い主だけです。

愛犬と長く楽しい生活を送るためにも、しっかり愛犬の健康管理をおこないましょう。

みんなのコメント

クルルさん
調べといてよかった😅
ちびさん
グレープフルーツ レモンも良いとは意外ですね
あーちゃんママさん
いつも果物を自分達だけが食べてるのをワンコが見てるだけでしたから、調べてみてよく分かり、これからは少しずつ与えようと思います。
あーちゃんママさん
これからは一緒に食べます😆
テリーさん
意外に多くの種類が食べられると分かったので、 食べられないものを気をつけてあげたいです! さんこうになりました!
リクママさん
凄く参考になりました。愛犬も私も太らない様に仲良く食べます(笑)
サトシさん
犬にあげても良い果物が意外とたくさんありました‼️
マコイチさん
一緒に食べられる果物が たくさんあって良かったです!
クゥちゃんママさん
いつも朝食の後、一緒にバナナを食べてます。もちろん少量ですけど😃
こうちゃんさん
自分も小型犬を飼っています。よくリンゴを与えています。結構色々な果物を与えてもいい事にびっくりしました。
レオママさん
我が家の愛犬は、果物が大好きなので調べてよかったです。今からの季節ぶどうもありますがよくないということでセーフでした
コテツさん
メロンあげたんだけど良かった!
ココナッツ🥥さん
自分も小型犬を飼っているのですごく参考になりました!
ちひろんろんさん
意外と食べれる果物が多くてびっくりしました❗

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

関連する情報をもっと見る

「食べ物」の人気記事RANKING