【獣医師監修】犬がパイナップル(缶詰)を食べても大丈夫?アレルギーや注意点、適量は?

甘さの中にさわやかな酸味があって美味しい果物、パイナップル。パイナップルは缶詰やドライフルーツとしてもよく見かける果物です。甘さと酸味が特徴のパイナップルは犬が食べても大丈夫なのでしょうか?アレルギーや注意点、適量などについて解説していきます。

【獣医師監修】犬がパイナップル(缶詰)を食べても大丈夫?アレルギーや注意点、適量は?
出典 : OlesyaNickolaeva/Shutterstock.com
先生にお聞きしました
徳本 一義 先生
ペット栄養学会理事。小動物の臨床栄養学に関するスペシャリスト。
獣医師 MBA(経営学修士)

ヘリックス株式会社 代表取締役社長

【資格】
獣医師

【所属】
ペット栄養学会 理事
一般社団法人ペットフード協会 新資格検定制度実行委員会 委員長
日本獣医生命科学大学 非常勤講師
帝京科学大学 非常勤講師
など

大学卒業後、小動物臨床に従事。

その後、ペットフードメーカーに入社し、小動物臨床栄養学に関する研究、情報発信を中心とした活動を行う。

現在は、獣医療・教育関連のコンサルタントとしての活動。ペットの栄養に関する団体の要職を務める。

自宅で9頭の猫と暮らす愛猫家。
続きを読む

犬がパイナップル(少量)を食べても大丈夫!

犬がパイナップル(少量)を食べても大丈夫!

Aaron Amat/ Shutterstock.com

犬に少量のパイナップルであれば、与えても基本的に問題はありません。

パイナップルには、チョコレートネギなどに含まれる中毒物質は含まれていないので、少量であれば犬が食べても健康的に問題のない果物です。

愛犬に缶詰やドライフルーツのパイナップルを与える際の注意点!

愛犬に缶詰やドライフルーツのパイナップルを与える際の注意点!

Moving Moment/ Shutterstock.com

缶詰やドライフルーツのパイナップルは砂糖が付いています。

愛犬に缶詰やドライフルーツのパイナップルを与える際には、カロリーの過剰摂取にならない様に気をつけましょう。

愛犬に与えるパイナップルのアレルギーは大丈夫?

愛犬に与えるパイナップルのアレルギーは大丈夫?

kobkik/ Shutterstock.com

愛犬にパイナップルを与えた場合、稀にアレルギーを発症する犬もいるようです。

パイナップルを与える際は愛犬の様子がいつもと変わりないか、しっかりチェックしながら与えるようにしましょう。

愛犬に与えるパイナップルの栄養素は?

愛犬に与えるパイナップルの栄養素は?

Africa Studio/ Shutterstock.com

愛犬に与えるパイナップルにはどのような栄養素が含まれているのでしょうか?

ここで、見ていきましょう。

●パイナップルの「栄養素」

パイナップルの「栄養素」

STILLFX/ Shutterstock.com

■葉酸

■カロテン

■カリウム

■ブロメリン

■ビタミンB1、B2、Cなど

ブロメリンはタンパク質を分解する酵素です。

犬の主食であるタンパク質の消化を助け、胃腸の健康に役立つ作用があるとされています。

愛犬に与えるパイナップルの効能は?

愛犬に与えるパイナップルの効能は?

Nalaphotos/ Shutterstock.com

愛犬に与えるパイナップルにはどのような効能があるのでしょうか?

●パイナップルの「効能」

パイナップルの「効能」

Ozgur Coskun/ Shutterstock.com

■便通をよくする

■胃腸の健康維持

パイナップルは食物繊維、特に腸壁を刺激する働きを持つ不溶性食物繊維を含むので、犬の便通をよくしてくれる作用があるといわれています。

愛犬にパイナップルを与える時の「ポイント」は?

愛犬にパイナップルを与える時の「ポイント」は?

artpritsadee/ Shutterstock.com

■皮や芯の部分は絶対に与えないようにしましょう

■細かく刻んで小さくしてから与えましょう

■熟した、柔らかい部分のみ与えましょう

消化しやすくするため、愛犬にパイナップルを与える際は、細かく刻んでから与えるようにしてください。

愛犬におやつとしてパイナップルを与える場合も、一口サイズに切って食べさせるようにしましょう。

愛犬に与えるパイナップルの適量は?

愛犬に与えるパイナップルの適量は?

Vitaly Korovin/ Shutterstock.com

パイナップルには栄養素が多く含まれているからといって愛犬にパイナップルを与え過ぎるのは禁物です。

愛犬におやつを与える際に、1日の必要カロリー数の20%以下に抑える必要があります。

パイナップルは生の状態で100gあたり53kcalとなっています。

4kgの小型犬に必要な1日の摂取カロリーが317kcal、ドッグフード換算で93gになります。

これらを元に計算するとカロリー全体の20%が74.8kcalとなるので、パイナップルの量は120gとなります。

パイナップル一切れ

andersphoto/ Shutterstock.com

おおよそパイナップル一切れが20g前後なので、4kgの小型犬であればおおよそ5~6切れが適量となります。

さらに大きな犬種で計算して行くと体重10kgの中型犬で238g、体重が25kgの大型犬で472gが目安となります。

愛犬に間食を与える場合は、ドッグフードの量を必ず減らし、摂取カロリーを調整することを忘れないようにしましょう。

愛犬に与える「パイナップル」のまとめ

愛犬に与える「パイナップル」のまとめ

VanoVasaio/ Shutterstock.com

愛犬にパイナップルを与えても問題ありません。

パイナップルは美味しく、水分量も多いため、愛犬がたくさん食べたがるかも知れません。

しかし、愛犬にパイナップルを過剰に与えすぎると嘔吐(おうと)や下痢(げり)になる可能性があるので注意しましょう。

愛犬の健康を守れるのは、飼い主だけです。

愛犬と長く楽しい生活を送るためにも、しっかり愛犬の健康管理をおこないましょう。

みんなのコメント

kinaoさん
娘たちがパイナップルを食べるときに、愛犬が欲しそうにしますが 繊維質が気になってあげたことがありませんでした。 少量だったら大丈夫なんですね!これからは少しだけあげてみたいと思います。

あなたも一言どうぞ

コメントする

編集部のおすすめ記事

内容について報告する

関連する情報をもっと見る

「犬の飼い方・しつけ」の人気記事RANKING